このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

下野 健児

教授

下野 健児
SHIMONO Kenji

性別 男

文学部 日本文学科

専門分野

東洋美術史
中国書法史・日本書道史
書道理論

研究領域・テーマ

草書の歴史
狂草書法の展開
書のみかた(書とはどういう芸術か)

略歴

1988年3月 奈良教育大学大学院修士課程美術教育専攻修了
1990年3月 京都大学文学研究科博士課程前期修了
1992年3月 京都大学文学研究科博士課程後期退学
1992年4月 京都大学文学部助手
1995年4月 花園大学文学部助教授
2006年4月 花園大学文学部教授(現在に至る)

学位

修士(文学)京都大学 1990年3月
修士(教育学)奈良教育大学 1988年3月
学士(教育学)奈良教育大学 1986年3月

所属学会

書学書道史学会
美術史学会
美学会

主な授業科目

中国書道史Ⅰ・Ⅱ
書道概論Ⅰ・Ⅱ
書道演習AⅡ-Ⅰ・AⅡ-Ⅱ
書道演習BⅡ-Ⅰ・BⅡ-Ⅱ

主な著書・論文等

「三国・南北朝の書」(単著)(小学館『世界美術全集 東洋編3』、2000年11月)
「明」(単著)(世界思想社『中国書法史を学ぶ人のために』、2000年9月)
「書の本流―王羲之・孫過庭・米芾」「行書・草書 個性の展開―蘇軾・黄庭堅・祝允明」(単著)(昭和堂『中国の美術』、2003年10月)
「書のかたち」(単著)(花園大学日本文学論究第2号、2009年12月)

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

大学院以降、美術史学の観点から中国書法作品の研究を行ってきました。ある作品がなぜそのような書風でその時代に表れたのか、それが後の時代にどのように影響を与えてきたのか、を考えています。最近は書を学ぶ学生以外の人々ともお話する機会が増え、「書とはどのような芸術なのか」をできるだけわかりやすく説明するにはどうしたらよいか、試行錯誤を続けています。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです