このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

社会福祉学科

社会福祉学科で取得できる資格・進路

人材の養成に関する目的、その他の教育研究上の目的

社会福祉学科においては、本学の課程を修め、所定の単位取得とその他の条件を満たした上で、幅広い教養と社会福祉学に関する専門的知識・技術を修得した人材を養成する。(「学則」第4条の2)

社会福祉学科での学び

社会福祉学科では、社会福祉学の最も原理的、理論的な部分とともに実践的な部分を学びます。
社会福祉原論・社会福祉史・社会福祉援助技術論を軸にし、高齢者福祉論・障害者福祉論・児童福祉論・地域福祉論・公的扶助論など、福祉的な支援が必要な人々の課題を、福祉施策や支援方法の視点から研究します。
本学の社会福祉学の眼目は実践性にあります。生きていく上で何らかのハンディのある人びとを対象にして、その人びとと生身で関わる福祉フィールドでの直接支援の側面、その生身で関わる現場を整え、組織的に支える間接支援の側面の二つの側面から、子ども、高齢者、種々の障害のある人々の課題にアプローチします。
同時に、この実践性を十分に生かすためにも、理論的側面をおろそかにせず、基礎となる心理学、社会学も重視しています。このため、カリキュラムは、狭義の社会福祉だけでなく、福祉を学ぶに必要な関連科目も豊富に用意しています。さらに、希望すれば、他学科の科目も受講できます。
なお、本学では、教養科目も、自分の興味や関心などに応じて、例えば、英語や情報技術などを集中的に受けて、キャリアアップ(能力開発)することができます。

スクールソーシャルワーカーとは、学校という場で活動する福祉の専門家です。
チーム学校として、いじめ、不登校、暴力行為、児童虐待などの子どもたちを取り巻く問題に、教師、カウンセラーなどとともにチームで課題の解決にあたります。
スクールソーシャルワーカーは、(社)日本社会福祉士養成校協会・(社)日本精神保健福祉士養成校協会の認定資格で、社会福祉士あるいは精神保健福祉士の資格を取得していることが認定の条件となります。

福祉実習

本学の社会福祉学は、とりわけ福祉のフィールドに直接ふれて学ぶことを重視しています。
2年次に社会福祉実践現場の概要を学ぶとともに、小グループで幾種類かの福祉施設の見学なども実施しています。
本格的な相談援助実習は、原則として3年次におこないますが、その指導教育の拠点として「免許資格支援センター」を設置し、在学生の大半が受講する実習に対応しています。
この実習は、事前の学習、事後の研究によってはじめて実りを得るものです。このため、実習指導をゼミ形式でおこない、学生ひとりひとりに焦点をあてたきめの細かい指導をしています。約1カ月の間、社会福祉のフィールドに直接触れる機会を経験することで、将来の仕事を見定める大事な場にもなっています。この場を踏むことではじめて、社会福祉学を学ぶことの意味を実感できたという学生も多いようです。

フィールドワーク演習・実習

フィールドワーク演習・実習とは?

花園大学 社会福祉学部では、2020年度からフィールドワーク演習・実習(以下;FW 演習・実習)を立ち上げています。本演習・実習は、地域への関わり方(手法と姿勢)を身につけながら、“地域に学び、地域を知る”ことを目指します。

こんな方にオススメです!

  • 地域福祉やまちづくりに関心がある(将来、そんな仕事に就きたい)
  • 京都や地元で地域課題の解決を目指したい
  • 行政やNPOのプロジェクトや、地域活動に関わってみたい
  • 社会福祉法人等において、ボランティアに関する仕事がしたい など

どんなことを学ぶの?

フィールドワーク演習・実習(2回生以上) “地域に学び、地域を知る”ことを目標としています。演習で、フィールドワーク手法、対話の手法(ファシリテート、ワークショップ手法)等を学んだうえで、実習では、地域の取り組み(「こどもと行こう!祇園祭」)に参加し、地域を体感しながら、関わり方を学びます。

個別指導と卒業論文

実習を中心としたフィールド実践とともに、学科として重視しているのが卒業論文です。フィールドで得た問題意識に研究という形を与え、その後の実践への礎とするのがその趣旨ですが、文章による意見発表や自己主張する力を養成する意味もこめられています。この卒論指導は最大限個別指導に努めており、教員とのつながりを深めるよい機会にもなっています。

友達づくりへの配慮

さらに、社会福祉学科では、人間関係が苦手な最近の若者に対応して「友達づくりを援助する」ため、入学早々から学生相互の友人づくりに配慮し、すべての学生が真の社会性(協調しながらも自己主張できる力)を身につける工夫を教員・学生ともども考えていく方針をとっています。新入生学外オリエンテーションは「友人づくりの場」としても好評です。

卒業後の進路

こうした取り組みによって、卒業生の大半が広い意味での福祉フィールド(福祉行政機関、社会福祉協議会・社会福祉事業団などの福祉団体、特別養護老人ホーム・児童養護施設・障害者施設などの福祉施設、病院・老人保健施設、盲・聾・養護学校、その他)で働く結果を招き、その活動ぶりは、この業界で高く評価されています。
もちろん、一般企業や教職につくことも可能ですし、より高度の研究をめざす人のためには大学院も用意されています。


学びの特長

“生きた福祉”を学び実践力を養う
目標は、福祉領域の法律・制度に関する知識を土台に、支援を必要とする人と向き合い、具体的な解決策や援助の仕組みを構築できる人材を育成することです。そのため、現場での実習機会を数多く設けています。さらに、豊富な実務経験を持つ教員から“生きた福祉”を学ぶことで実践力を養っていきます。
可能性を広げる自由な履修制度
必修科目を少なめに設定し、学生自身が興味のある分野を選択して学ぶ独自の履修制度を設けています。これが、社会福祉士として幅広い知識と高度な専門性を身につけることにつながり、将来の活躍の場も大きく広がります。さらに花園大学では、他学科の専門科目も履修できるようになっています。
国家試験合格率
社会福祉士の国家試験は難関です。2019年度合格率の全国平均は29.3%でした。花園大学の新卒合格者数は11人、合格率は28.2%でした。花園大学には社会福祉50余年の歴史があり、卒業生の約7割が福祉職として活躍。これは先輩たちの実践力の証であり、その信頼が良好な就職状況を支えています。

4年間の流れ

  • 1

    社会福祉の基礎を学び実践の土台を固める
    1回生は、「社会福祉原論」「社会福祉史」「相談援助の基盤と専門職」、これら必須3科目の履修を通じて社会福祉の基礎を学びます。「社会福祉とは何か」を知るとともに、支援対象者の現状を深く理解し、具体的な支援につなげる実践力の土台をつくります。
  • 2

    実践に向けた応用を学び支援の基礎力を養う
    社会福祉士の資格取得に直結する「相談援助演習Ⅰ」や「地域福祉論」に取り組み、1回生で学んだ基礎科目の応用・発展をめざします。また、多様な福祉の現場を訪れ、見学実習などを通じて援助の在り方を考え、実践に向けた支援の基礎力を養います。
  • 3

    学びをゼミで深めつつ実習の現場で自分を試す
    社会福祉に関する自身の興味・関心にあわせ、専門性を持つ教員のもとで学びを深める「社会福祉学演習」(ゼミ)が始まります。あわせて社会福祉士としての実践に必須とされる「相談援助実習」などに取り組み、培ってきた自身の力量を現場で確認します。
  • 4

    学びの集大成に取り組み国家試験合格につなげる
    3回生と同じ教員によるゼミで自身のテーマを定め、研究成果を卒業論文にまとめていきます。あわせてソーシャルワークを専門的かつ実践的に学修するとともに、国家試験対策にも打ち込み、社会福祉士の資格取得という目標を達成します。

主な開講科目

社会福祉学科の主な開講科目

必修科目 選択科目
【必修科目】
社会福祉原論Ⅰ、Ⅱ
社会福祉史(外国史を含む)Ⅰ、Ⅱ
ソーシャルワークの基盤と専門職
ソーシャルワークの基盤と専門職(専門)
社会福祉学演習AⅠ~Ⅹ
社会福祉学演習BⅠ~Ⅹ

【卒業論文】
卒業論文
【選択科目】
公的扶助論
公的扶助ソーシャルワーク
地域福祉論Ⅰ、Ⅱ
ボランティア入門
ボランティア演習
社会・集団・家族心理学
保健医療と福祉
青少年問題論
比較臨床哲学
児童・家庭福祉論
児童・家庭ソーシャルワーク
障害者福祉論
障害者ソーシャルワーク
高齢者福祉論
高齢者ソーシャルワーク
社会保障論Ⅰ、Ⅱ
社会政策論Ⅰ、Ⅱ
女性労働論Ⅰ、Ⅱ
人体の構造と機能及び疾病
介護技術の基礎知識Ⅰ、Ⅱ
法学(国際法を含む)
社会学と社会システム
社会学
スクールソーシャルワーク論
スクールソーシャルワーク演習、実習指導、実習
フィールドワーク演習、実習
アドバンストフィールドワーク演習、実習
介護理論及び介護技術
認知症の理解Ⅰ、Ⅱ
障害の医学的理解
社会福祉特論Ⅰ、Ⅱ
ソーシャルワークの理論と方法Ⅰ、Ⅱ
ソーシャルワークの理論と方法(専門)Ⅰ、Ⅱ
社会福祉調査の基礎
福祉サービスの組織と経営
権利擁護を支える法制度
刑事司法と福祉
ソーシャルワーク演習
ソーシャルワーク演習(専門)Ⅰ、Ⅱ
ソーシャルワーク実習指導Ⅰ、Ⅱ
ソーシャルワーク実習Ⅰ、Ⅱ
社会福祉研究実習 等

ピックアップ科目

  • 相談援助の基盤と専門職
    ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)の役割と意義、相談援助の理念、相談援助における権利擁護、専門職と専門職倫理、総合的かつ抱括的な援助と多職種連携について学びます。
  • 高齢者福祉論
    高齢者福祉の基礎・基本を学修する科目。授業の各回で認知症や在宅・施設サービスの実際、介護保険制度や高齢者虐待防止法などを取り上げ、実習や現場で役立つ知識を身につけます。
  • 社会福祉学演習
    3回生から取り組む「ゼミ」の科目名称です。各教員の専門性に基づくゼミのテーマは多岐にわたり、貧困と福祉の関わりや地域での支援実践などを学ぶフィールドワークも行われています。

取得可能な資格・免許

社会福祉士国家試験受験資格、中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(公民、福祉)、学校図書館司書教諭資格、健康運動実践指導者受験資格、図書館司書資格、社会福祉主事任用資格 など



社会福祉学科の卒業認定・学位授与の方針
〔ディプロマ・ポリシー:DP〕

社会福祉学科の目的を達成するために、卒業時に身に付けておくべき5つの資質・能力を定め、所定の期間在籍し、所定の単位を修得したことをもって、教育目標を達成したものとみなし、学士の学位を授与する。

(1)自立性・自律性・主体性〔DP1〕

自分自身のものの見方・考え方は、まだ不十分で発展途上にあることを自覚し、自分がもともと具えている力を見出す「己事究明」を通じて、より優れた見方・考え方の獲得を目指して学び続け、いかなる状況にあっても自立性と自律性を持って、主体的に行動することができる。

(2)知識・理解〔DP2〕

社会福祉に関する専門的知識と社会福祉実践に関する技術を体系的に理解して修得し、具体的に活用することができる。また、そのことを通じて、自己とは異質な他者を含めて、あらゆる多様性を理解して受け容れることができる。社会的に弱い立場にある人々の多様な存在を理解して受け容れることができる。

(3)思考・判断〔DP3〕

社会福祉学に関する学びを通じて、情報や知識を論理的に分析して表現したり、問題・課題を発見して、その解決に必要な情報を収集・分析したりできる思考力や判断力を身に付け、問題・課題を解決することができる。現代社会における社会福祉学的問題・課題を発見して、解決策を提示することができる。

(4)技能・表現〔DP4〕

他者の思いや考えを正確に理解するとともに、自らの思いや考えを的確に表現して意見を交わすことができる。また、情報を収集・分析し、その内容を正確に判断して、活用することができる。社会福祉援助者として必要なコミュニケーション能力を身に付け、それを活用することができる。

(5)態度・志向〔DP5〕

他者の立場や利益を慮る「利他の精神」を養成し、社会の一員としての意識を持って、修得した知識、思考力、判断力、技能等を活用して、社会のために積極的に関与し、社会に貢献することができる。社会福祉援助者として必要な価値観・倫理観を身に付け、専門的知識・技術に基づいた社会福祉の実践を通じて、社会に貢献することができる。


社会福祉学科の教育課程編成・実施の方針
〔カリキュラム・ポリシー:CP〕

社会福祉学科は、卒業認定・学位授与に関する方針を到達目標とする教育課程を編成する。基礎教育科目、専門教育科目など必要とされる科目を体系的に編成し、講義・演習・実習などを適切に組み合わせた授業を開講する。教育課程の体系性を示すために、各科目間の関連性や各科目の内容の難易度を表現した番号を付与したナンバリングを行い、カリキュラム・マップを作成するなどして、教育課程の構造を明示する。
1 教育内容、2 教育方法・学修過程、3 評価については、以下のように定める。

1 教育内容

(1)基礎教育科目(必修区分)

基礎教育科目(必修区分)に、「基礎禅学」、「人権」、「基礎英語」、「アカデミック・スキル」(初年次教育科目)、「コミュニケーション・スキル」(初年次教育科目)、「キャリア・デザイン」(キャリア教育科目)を配置する。

(2)基礎教育科目(選択区分)

基礎教育科目(選択区分)に、教養科目群、外国語科目群、体育科目群、情報処理科目群、キャリア科目群、総合科目群を配置する。

(3)社会福祉学科の専門教育科目

社会福祉学科の各専門分野の学問研究の体系性を考慮しつつ、学修の系統性や順次性に配慮しながら体系的な教育課程を編成する。必修科目の履修年次の指定を始め、各学部・各学科において、各学年次・各学期(前期・後期)ごとに、適切な科目配置を行う。

専門教育科目を中心とする教育内容を統合するために、4回生次に「卒業論文」あるいは「卒業研究」などを必修とし、「卒業論文」あるいは「卒業研究」などを作成するための演習科目を、3回生次と4回生次に配置する。

2 教育方法・学修過程

(1)「自立・自律・主体性」〔DP1〕と教育方法・学修過程

社会福祉学科の授業において、学生一人一人の理解度等を考慮して、きめ細かい個別の教育的指導を各教員が行う。授業の内容と試験問題・レポ-ト課題の内容・実施時期との整合性・連携性を適切に保つとともに、それらの採点結果の学生へのフィードバックに努める。採点の際には、ルーブリックを使用することを含めて、評価基準を明確化するとともに、必要に応じて、評価者間において評価基準を標準化・共有化して、適切な成績評価に努める。

学生が学び続け、いかなる状況にあっても自立性と自律性を持って、主体的に行動することができることにつなげることを目指す。

(2)「知識・理解」〔DP2〕、「技能・表現」〔DP4〕と教育方法・学修過程

学生が社会福祉学に関する専門的知識を体系的に理解して修得したり、他者の思いや考えを正確に理解するとともに、自らの思いや考えを的確に表現して意見を交わしたりすることができるようになるため、授業において、発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習、グループワーク等といった広義のアクティブ・ラーニングを採用し、学生の能動的な学修への参加を取り入れることに努める。

このことを通じて、学生が自分とは異質な他者を含めて、あらゆる多様性を理解して受け容れることにつなげることを目指す。

(3)「思考・判断」〔DP3〕、「態度・志向」〔DP5〕と教育方法・学修過程

社会福祉学に関する学びを通じて、学生が情報や知識を論理的に分析して表現したり、問題・課題を発見して、その解決に必要な情報を収集・分析したりできる思考力や判断力を身に付け、問題・課題を解決することができるようになるために、PBLやチーム・ラーニングのように、課題を解決する形式の教育方法を授業において採用することに努める。

このことを通じて、他者の立場や利益を慮る「利他の精神」を養成し、学生が社会の一員としての意識を持って、修得した知識、思考力、判断力、技能等を活用して、社会のために積極的に関与し、社会に貢献することにつなげることを目指す。

3 評価

本学では、卒業認定・学位授与に関する方針において、卒業時に身に付けておくべき5つの資質・能力〔DP1~DP5〕を定めた。それらの資質・能力の修得状況を(1)大学レベル、(2)学部・学科レベル、(3)学生個人レベルの3つのレベルで把握・評価する。

(1)大学レベル

大学レベルの評価については、①1回生次と3回生次に実施する「ジェネリックスキル測定テスト」の結果、②「卒業論文」あるいは「卒業研究」などの成果、③学生の志望進路に対する進路決定率によって、それら資質・能力の修得状況を評価する。

(2)学部・学科レベル

社会福祉学部と社会福祉学科レベルの評価については、①1回生次と3回生次に実施する「ジェネリックスキル測定テスト」の結果、②「卒業論文」あるいは「卒業研究」などの成果、③学生の志望進路に対する進路決定率、④社会福祉学科で取得が可能な免許・資格の取得状況によって、それら資質・能力の修得状況を評価する。

(3)学生個人レベル

学生個人レベルの評価については、①1回生次と3回生次に実施する「ジェネリックスキル測定テスト」の結果、②各科目のシラバスにおいて提示された成績評価基準に基づいてなされた成績評価、③「卒業論文」あるいは「卒業研究」などの成果によって、それら資質・能力の修得状況を評価する。


社会福祉学科の入学者受入れの方針
〔アドミッション・ポリシー:AP〕

社会福祉学科が卒業認定・学位授与に関する方針に定めた卒業時に身に付けておくべき5つの資質・能力〔DP1~DP5〕を身に付けた人材になるためには、社会福祉学科で学ぶ目的意識や意欲を持った上で、高等学校までの学修で学んだ知識や、自ら考えて判断する力、さらに、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容等を身に付けて入学してくることが求められる。そのため、社会福祉学科の志願者には、以下の(1)~(5)のことを求める。

(1)自立性・自律性・主体性〔AP1〕

自分自身の資質・能力は、まだ不十分で発展途上にあることを自覚し、大学で学ぶ目的意識と意欲を持っている。高等学校までの学修やその他の活動において、他者に過度に依存したり、従属したりせずに、自らを律して、主体的に行動した経験を有する。

(2)知識・理解〔AP2〕

高等学校の教育課程を幅広く履修して、学修成果を修得している。高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を理解して修得し、基礎的な問題を解くことができることを始めとして、具体的に活用することができる。

(3)思考・判断〔AP3〕

高等学校までの学修を通じて、日常生活を始め社会における様々な問題について、情報や知識をもとにして、筋道を立てて論理的に考えて、問題が発生した背景や、問題の諸要因を説明したり、解決策を提案したりすることができる。

(4)技能・表現〔AP4〕

高等学校までの学修を通じて、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身に付けている。他者の思いや考えを正確に理解するとともに、自らの思いや考えを的確に表現して、意見を交わすことができる。

(5)態度・志向〔AP5〕

社会福祉学科の学修において獲得する知識や技能を活かして、社会に貢献するという目的意識と意欲を持っている。高等学校までの学修活動、課外活動やボランティア活動等において、多様な人々と協働して、目標の達成を目指した経験を有する。


在学生・教員インタビュー

社会福祉学科2回生(取材時)

八木 亜錦

京都府立東稜高等学校 出身

人を見つめる社会福祉学を学ぶことで
きっと自分自身も成長できます。
授業ではとにかく先生の話に集中しています。授業内容をまとめたプリントを配ってくださる先生も多いのですが、話を聞いていると、先生の実体験などがぽろっと出てくることがあり、それがとてもためになるので「今日もいい情報を盗むぞ」という意気込みで聞き入っています。実は私は、大学に入るまであまり自分を出せない性格でした。でも地域福祉論や社会学などを学ぶ中で、地域とのつながり、人とのつながりを意識するようになり、オープンキャンパスのスタッフなども自分からやってみたいと思えるようになりました。この学科で学ぶことできっと自分が成長できます。人を見つめるということは自分を見つめることだから。今、自分に自信が持てない人も、花園大学という温かい環境で一緒に卒業までの道を歩みませんか。

社会福祉学科 教授

吉永 純

支援が必要な人たちと積極的に関わり、自分自身の成長につなげてほしい。
私自身、以前は京都市役所の福祉部門で生活保護の仕事をしていました。授業では、そのときの事例などを紹介し、実際の現場を模擬体験してもらえるようにしています。また、支援の現場を知ってもらうためフィールドワークにも出かけます。大学に入学すれば4年間という十分な時間が得られます。皆さんには、ぜひ、サークルやボランティアなどに積極的に参加し、支援が必要な子どもや高齢者、障害のある方と関わってほしいと思います。そして、支援することの喜びを味わってほしい。人と接して、互いにわかり合い、自分のしたことが相手の役に立つ。自分の支援によって、その人が変わり、自分が変わる。そういう経験をしてください。それがきっと人生のバックボーンになるはずです。そしてまた、将来の就職にもきっと役に立つと思います。

卒業後の進路

社会福祉施設・社会福祉事業団、行政機関、福祉関連企業、病院、サービス業などの一般企業、大学院・専門学校、中学校・高等学校の教員、介護保険施設(入所・在宅) など


卒業生インタビュー

高齢者の方でも、認知症の方であっても、
地域とつながれる社会をめざして。

新人のころはデイサービスの施設で仕事をしていました。利用者と接したり、おむつ交換が上手にできただけでうれしくて、毎日やりがいを感じていましたね。特にレクリエーションの時間は、「次は何をしようか」と、目の前の利用者の方々に喜んでもらえることを考えるのが楽しくて仕方がなかったのを覚えています。それから20数年、今では所長という立場で、利用者の方々が生きがいを感じて未来に夢を持てる環境と、それを受け入れる地域づくりに力を入れています。高齢者であっても認知症の方であっても、地域とつながり、その中で活躍できる社会をめざして、すでに、京都の雑貨ブランドとのコラボや多世代交流食堂の実施など、さまざまな取り組みをはじめていますが、こういった新しいアクションをどんどん仕掛けていきたいですね。
花園大学のころから、リハビリに興味を持っていたんです。
私は花園大学のころから、例えば高齢者の方などが、体が弱っていくのをそのままにしておくのではなく、身体的に回復させられるような取り組みができたらいいなと思っていて、リハビリに興味を持っていたんです。当時のゼミの先生にそういう話をしたら、たまたま先生の娘さんが理学療法士で、地域に出かけてリハビリをするという取り組みをされているということで、特別にそこに実習に行かせてもらったんです。あの経験は、私にとって大きな意味がありました。やはり福祉の面では、助けるとか、支えるという視点ももちろん大切なんですけど、地域に出て、一緒に考えながら社会で暮らしていけるように身体機能を維持・回復させる活動を間近で見ることができたのは、今の私の取り組み方にすごく影響していると思います。
大学時代、特別に参加させていただいた実習が、今、私が力を入れている取り組みに大いに影響しています。

社会福祉法人 京都福祉サービス協会
河本 歩美
社会福祉学科1994年卒業/京都府私立平安女学院高等学校出身

社会福祉学科(福祉介護コース) とは
2019年度入試より募集停止

福祉介護コースは、本学の特徴の一つです。
このコースは、他の学科やコースとはかなりおもむきを異にするもので、学科のなかに、もう一つの学校をダブらせたような側面があります。
超高齢化社会を迎え、高齢者や障害者の介護に携わる人材が数多く求められています。なかでも、介護福祉士は、その中心的な役割を担う専門職です。介護福祉 士とは、専門的知識・技術をもって、日常生活を営むのに支障がある人について、入浴・排泄・食事その他の介護を行うとともに、高齢者・障害者やその介護す る家族などに対して、介護に関する指導を行うことを職業とする人を指し、一定の資格をもつ者に与えられる国家資格です。
本学の福祉介護コースを修了した人には、卒業と同時に、受験資格が与えられます。
4年間で、社会福祉士受験資格と併せ取得できるので、介護実習費のみ余分にかかりますが、卒業後あらためて専門学校等(2年ないし3年)で資格をとることを考えれば、経費的に遥かに安く、時間的にも非常に効率的です。

理念

このコースでは、次のような専門職となりうる人材を(3と4は卒業後の実務経験をへて)、社会に供給することを目指しています。

  1. リーダーとなりうる介護福祉士
  2. 介護もできる社会福祉士
  3. 介護福祉士養成施設(専門学校・短期大学等)の教員
  4. 介護保険をになう中枢的な人材(介護支援専門員=ケアマネージャー)

メリット

  1. 豊富な社会福祉に関する知識・技術をもつ上に、自らも介護ができるので、介護福祉士のスーパーバイザー(指導者)役を果たせる。
  2. 身辺介護(食事介護、入浴介護、排泄介護、その他の身の回りの世話)によって対象者の心(頑なに閉ざしたり、自分でも問題点が理解できない人が多い)をほぐし胸襟を開かせやすいので、問題点を的確に 把握し、親身で効果的な社会福祉活動(家庭環境の調整、適切な福祉サービス利用のための助言指導や問題解決などをはかる仕事)をおこなうことができる。

このため、このコース生には、全員、介護福祉士と社会福祉士の現役合格を目指して指導しています。

主な開講科目

社会福祉学科 (福祉介護コース) 開講科目

必修科目 選択科目
【必修科目】
社会福祉原論Ⅰ、Ⅱ
高齢者福祉論Ⅰ、Ⅱ
障害者福祉論Ⅰ、Ⅱ
社会福祉学演習AⅠ~Ⅹ
社会福祉学演習BⅠ~Ⅹ

【卒業論文】
卒業論文
【選択科目】
介護の基本Ⅰ~Ⅵ
コミュニケ-ション技術Ⅰ、Ⅱ
生活支援技術Ⅰ~Ⅹ
介護過程の展開Ⅰ~Ⅴ
介護実習総合演習Ⅰ~Ⅳ
介護実習A~D
医療的ケアⅠ~Ⅲ
心理学的人間関係論
認知症の理解Ⅰ、Ⅱ
障害の医学的理解
人体の構造と機能及び疾病
介護技術の基礎知識Ⅰ、Ⅱ
公的扶助論Ⅰ、Ⅱ
地域福祉論Ⅰ、Ⅱ
社会保障論Ⅰ、Ⅱ
児童福祉論Ⅰ、Ⅱ
社会福祉特論Ⅰ、Ⅱ
青少年問題論
比較臨床哲学
相談援助の基盤と専門職Ⅰ、Ⅱ
相談援助の理論と方法Ⅰ~Ⅳ
社会調査の基礎Ⅰ、Ⅱ
保健医療サービスⅠ、Ⅱ
福祉行財政と福祉計画Ⅰ、Ⅱ
福祉サービスの組織と経営
就労支援サービス
権利擁護と成年後見制度
更生保護制度
相談援助演習Ⅰ~Ⅲ
相談援助実習指導Ⅰ、Ⅱ
相談援助実習
社会福祉研究実習 等

取得可能な資格・免許

介護福祉士国家試験受験資格、社会福祉士国家試験受験資格、社会福祉主事任用資格、中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(公民、福祉)、学校図書館司書教諭資格、社会教育主事任用資格、健康運動実践指導者受験資格、図書館司書資格 など


卒業後の進路

社会福祉施設・社会福祉事業団、行政機関、福祉関連企業、病院、サービス業などの一般企業、大学院・専門学校、中学校・高等学校の教員、介護保険施設(入所・在宅) など

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです