このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

日本文学科

日本文学科 史料

人材の養成に関する目的
その他の教育研究上の目的

日本の上代から近代までの日本文学、日本語学の高度な理論や知識、研究方法、さらに書道の理論と技術の教育・研究を通じて、日本文学や日本語、書道をはじめとする日本の伝統文化についての高度な知識と深い方法を習得します。また周辺の学問に対する幅広い理解力を持ち、日本人のもつ深い精神性を身につけ、自立できる人間に成長し、文学や文化を次代へと継承することができる人材を養成します。


日本文学科とは

日本文学科の教育の基本は、本を読んで考え、深めた自分の考えを、日本語で正確に表現できる能力を身に付けることにあります。
 この表現するということは、単に言葉によるものだけでなく、その言葉を文字に書き表すことでもあります。
 こうした目的を実現するため、日本文学科では、 日本文学コース・書道コース の2コースをもうけています。コースに分かれて講義が始まるのは、 2回生の 4月からです。
 なお、コースに関係なく、大学生として活動するためにコンピュータは不可欠の手段になっています。早いうちにデータベースやコーパスを使いこなし、ソフトウェアに精通することは、「就職活動」をするためにも、社会人として活動するためにも、欠かせない条件です。


特徴

長い時間を経て培われた、日本の文学と書の世界を極める。

1300年の歴史ある日本文学には、汲めども尽きぬ豊かな想像力があります。未来に向かって羽ばたく若者の内面の創造性を刺激するのは、この日本文学の作品です。それは作品との対話からはじまります。また美しい書の実作と併せて、作品を生み出す時代背景の研究や理論的研究が、学生の皆さんの一層大きな力となるものと信じております。 また、日本文学科では、大学で学んだ知識・技術を実社会で活かすための各種資格(教員免許、図書館司書など)を取得することができます。

1. 文学の本質を追求する「日本文学コース」

「日本文学コース」では、上代から中古・中世・近世・近世・近現代までの文学作品や日本語学、その周辺文化を研究し、作品の成立した背景や価値を知るとともに、文学の多様性や多面性を理解し、全体像を解明することをめざします。教室で学ぶだけではなく、作品の舞台となった史跡や文化などを間近に触れられるのも花園大学ならではの魅力です。

2. 書の技術・知識を高める「書道コース」

「書道コース」では、日本文学の基礎を学んだ上で書道技術を習得します。日本芸術院会員の日比野光鳳客員教授をはじめとする充実した教授陣の下、日本の書の歴史・理論から、中国書道まで、書の世界を総合的に学び、その美や奥深さを追求します。4年間の鍛錬の集大成としての「卒業制作展」に向け、学生それぞれが先生の指導・サポートを受けながら、思い思いのテーマに沿った作品を完成させます。

3. 質の高い教授陣から「研究の面白さ」を学び取る

日本文学科の教員は、文学・語学・書道それぞれの研究分野のエキスパートです。大学ホームページの「教員データ」を見ればわかるとおり、みな各々の分野の第一線で活躍している教授陣です。質の高い知識が得られるだけでなく、「研究のおもしろさ」を感じ取ることができます。

なお、文学部には、独自の講座「京都学」が、2000年度から開設されています。
千百年の古都「京都」で学ぶ機会に恵まれた以上は、この課程を履修して、京都を見つめ直し、そのすばらしさを再発見して、京都の魅力を語れる「現代の語り部」になっていただきたいものです。
日本文学科は、そのためのお手伝いをしています。


主な開講科目

開講科目表

日本文学コース

必修科目 選択科目
【普通講義】
基礎講読Ⅰ-Ⅰ
基礎講読Ⅰ-Ⅱ
基礎講読Ⅱ-Ⅰ
基礎講読Ⅱ-Ⅱ
日本文学概論Ⅰ、Ⅱ
日本語学概論Ⅰ、Ⅱ
日本語史Ⅰ、Ⅱ
日本文学史(古典)Ⅰ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学史(近現代)Ⅱ-Ⅰ、Ⅱ

【講読】
日本文学講読Ⅰ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学講読Ⅱ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学講読Ⅲ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学講読Ⅳ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学講読Ⅴ-Ⅰ、Ⅱ
日本語学講読Ⅰ、Ⅱ

【特殊講義】
上代文学研究Ⅰ、Ⅱ
中古文学研究Ⅰ、Ⅱ
中世文学研究Ⅰ、Ⅱ
近世文学研究Ⅰ、Ⅱ
日本語学研究Ⅰ、Ⅱ
仏教文学研究Ⅰ、Ⅱ
近現代文学研究Ⅰ、Ⅱ

【演習】
日本文学演習AⅠ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学演習AⅡ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学演習AⅢ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学演習AⅣ-Ⅰ、Ⅱ
日本語学演習AⅠ、Ⅱ
日本文学演習BⅠ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学演習BⅡ-Ⅰ、Ⅱ 
日本文学演習BⅢ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学演習BⅣ-Ⅰ、Ⅱ
日本語学演習BⅠ、Ⅱ

【卒業論文】
卒業論文
中国文学史
日本語文法通説
漢文学  古典芸能論
写本講読
古典文法基礎  日本文学情報処理
図像学(イコノロジー) 等 

書道コース

必修科目 選択科目
【普通講義】
基礎講読Ⅰ-Ⅰ1、2
基礎講読Ⅰ-Ⅱ1、2
基礎講読Ⅱ-Ⅰ1、2
基礎講読Ⅱ-Ⅱ1、2
書道概論Ⅰ、Ⅱ
日本文学概論Ⅰ、Ⅱ
日本語学概論Ⅰ、Ⅱ
日本語史Ⅰ、Ⅱ
日本文学史(古典)Ⅰ-Ⅰ、Ⅱ
日本文学史(近現代)Ⅱ-Ⅰ、Ⅱ
日本書道史Ⅰ、Ⅱ
中国書道史Ⅰ、Ⅱ

【講読】
書論講読Ⅰ-Ⅰ、Ⅱ
書論講読Ⅱ-Ⅰ、Ⅱ

【演習】
書道演習AⅠ-Ⅰ、Ⅱ
書道演習AⅡ-Ⅰ、Ⅱ
書道演習AⅢ-Ⅰ、Ⅱ
書道演習BⅠ-Ⅰ、Ⅱ
書道演習BⅡ-Ⅰ、Ⅱ
書道演習BⅢ-Ⅰ、Ⅱ

【特殊講義】
上代文学研究Ⅰ、Ⅱ
中古文学研究Ⅰ、Ⅱ
中世文学研究Ⅰ、Ⅱ
近世文学研究Ⅰ、Ⅱ
日本語学研究Ⅰ、Ⅱ
仏教文学研究Ⅰ、Ⅱ
近現代文学研究Ⅰ、Ⅱ

【実習】
書道実習(一)ⅠA、B
書道実習(一)ⅡA、B
書道実習(二)ⅠA、B
書道実習(二)ⅡA、B
書道実習(三)ⅠA、B
書道実習(三)ⅡA、B
書道実習(四)ⅠA、B
書道実習(四)ⅡA、B
書道実習(五)ⅠA、B
書道実習(六)ⅠA、B
書道基礎実習ⅠA、B
書道制作ⅠA、B
書道制作ⅡA、B
書道制作ⅢA、B

【卒業論文・卒業制作】
卒業制作、卒業論文
中国文学史
日本語文法通説
漢文学
書道美学
古典芸能論
日本語表現論
写本講読  等  

共同研究室・案内

現在、日本文学科には、「日本文学共同研究室」と「書道共同研究室」の2つの共同研究室があります。
専攻するコースとは関係なく、自由に利用できますので、どのような本が置いてあるのか、場所と雰囲気を確認しがてら、一度是非訪ねてみてください。

日本文学共同研究室の利用案内

場所

栽松館(さいしょうかん) 6階 611号室(内線611)

開室日・時間

月・水・金 12時~17時

※ 9月後期開講からは、火曜日も開室。
( 講義開講期間中と、前期・後期の試験期間中は、開室。但し、祭日講義日と祭日・全学休講日は、閉室 )

概要

  1. 日本文学共同研究室は、日本文学科の学生であれば、コースにかかわらず、誰でも自由に利用できます。
    手狭な部屋ですので、各種の辞書・辞典や索引、古典文学の叢書(テキスト)、近現代文学の全集、雑誌など、基本的な資料しか置いてありませんが、レポート作成のための準備や調査などに、ヒューミック(図書館)とともに、活用してください。
    なお、研究室内での、喫煙・飲食・携帯電話の使用は禁止されています。
  2. 日本文学共同研究室で、最も利用価値の高い資料は、網羅的に収集している他大学の日本文学会が発行している雑誌です。所蔵雑誌の詳細については、『保管雑誌目録』(年刊)をご覧ください。
  3. 日本文学共同研究室で、最も学問的価値の高い資料は、江戸時代の写本・版本を中心とした「土岐武治文庫」約300点です。土岐先生(1988(平成元)年死去)は、本学名誉教授であり、ご遺族の英断で、日本文学科に寄贈されました。『土岐武治文庫和書目録』(2001年10月刊)があります。

利用上の注意

  1. 開架されている図書などの資料は、日本文学共同研究室内で自由に利用してください。鍵付きの書棚に保管されている雑誌と書籍の閲覧を希望する場合は、室員に申し出てください。 また、「土岐文庫」の写本・版本の閲覧については、日本文学科会議の了承を必要としますので、事前に室員に相談してください。
  2. 保管雑誌の詳細については、新着雑誌の棚にある『保管雑誌目録』(年刊)で、調べてください。分からないことがあれば、室員にお尋ねください。
  3. 日本文学共同研究室所蔵の資料の貸し出しは、していません。資料のコピーを希望する場合は、室員に申し出て、「図書持ち出しノート」(室員の机上)に必要事項を記入し、学内でコピーして、すぐに返却してください。
    なお、研究室内にあるコピー機は、コイン投入式でないため、学生の利用は出来ません。
  4. 日本文学共同研究室内にあるコンピュータ( 2台)の利用を希望する場合は、室員に申し出た上で、利用してください。
    希望者が重複した場合と、教員・室員が緊急の公務で使用する必要が生じた時は、利用の制限をする場合があります。室員の指示に従ってください。
  5. 日本文学共同研究室内にある、ハサミ・糊・ホチキス・カッター・穴開け機などの文具類と備品は、自由に利用することができますが、使用後の後片付けは、キチンとしてください。
    なお、室員の机と隣の棚にある物品は、絶対に手を触れないでください。

書道共同研究室の利用案内

場所

直心館(じきしんかん) 2階 204号室(内線397)

開室日・時間

木曜日 13時~18時

他の曜日でも、教員が開室する場合がありますが、利用に関しては、下記の案内に従ってください。
この場合、開室している教員の指示に従うこと。
( 開室日、開室時間の詳細については、後日、共同研究室前の掲示板に掲示しますので、確認してください )

概要

書道共同研究室は、コースにかかわらず、誰でも自由に利用できます。
書道に関する各種の辞書・辞典や作品図録、各種技法書など、基本的な資料が置いてあります。
臨書や創作のために、古典作品の図版を確認したい時、レポート作成のための準備、講読や演習の準備などに、ヒューミック(HUMIC=図書館)とともに活用してください。
なお、研究室内での、喫煙・飲食・携帯電話の使用は禁止されています。

利用上の注意

  1. 開架されている図書などの資料は、書道共同研究室内で自由に利用してください。
  2. 書道共同研究室所蔵の図書、資料の貸し出しは、していません。
    資料のコピーを希望する場合は、室員に申し出て、「図書一時持ち出しノート」(室員の机上)に必要事項を記入し、学内でコピーして、すぐに返却してください。
    なお、研究室内のコピー機は、教員が授業に使うための資料専用です。直心館1階にあるコイン投入式のコピー機を利用してください。
  3. 書道共同研究室内にあるコンピュータ( 2台)の利用を希望する場合には、室員に申し出てください。
    ただし、教員・室員が緊急の公務で使用する必要が生じた時は、利用の制限をする場合があります。教員・室員の指示に従ってください。
  4. 書道共同研究室には、書道コースの学生が使用できるデジタルビデオ、35ミリカメラがあります。
    利用を希望する場合は、室員に申し出、使用ノートに必要事項を記入に必要事項を記入の上、使用してください。

日本文学科通信(旧国文学会会報)


取得可能な資格・免許

中学校教諭一種免許状(国語)、高等学校教諭一種免許状(国語、書道)、学校図書館司書教諭資格、図書館司書資格、社会教育主事任用資格、健康運動実施指導者受験資格、妙心寺派教師資格 など


卒業後の進路

中学校・高等学校の教員、学校図書館司書、図書館司書、公務員、文化関連施設、サービス業などの一般企業、大学院 など


学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです