このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

日本文学科日本文学コース

Department of Japanese Literature

文学や言葉を通じ
豊かな表現力・思考力を培う

日本文学コースとは

文学や言葉を通じ豊かな表現力・思考力を培う

上代(古典)から近現代まで、自身の興味に応じて時代や作品・作家を選び、研究できます。日本語学を学ぶこともでき、国語教員としての専門性を高めることも可能です。徹底した少人数制で手厚く指導していきます。

日本の文学作品や日本語学、その周辺文化を研究し、作品の成立した背景や価値を知るとともに、文学の多様性や多面性を理解し、全体像を解明することをめざす4年間。教室で学ぶだけではなく、作品の舞台となった数々の史跡や文化などに間近で触れることができるのも花園大学ならではの魅力です。

日本文学科の教員は、文学・語学・書道それぞれの研究分野のエキスパートです。大学ホームページの「教員データ」を見ればわかるとおり、みな各々の分野の第一線で活躍している教授陣です。質の高い知識が得られるだけでなく、「研究のおもしろさ」を感じ取ることができます。

こんな人におすすめ

  • 京都で古典文学を学びたい
  • いろいろな小説を読みたい
  • 日本語に詳しくなりたい
  • 社会人として恥ずかしくない文章を書けるようになりたい
  • 国語科の教員免許を取得したい人

学びの特長

  • 上代から近現代まで幅広くカバー
    上代(奈良時代)から近現代にいたる多様な文学、および、日本語を言語学研究の対象として学ぶことができます。文学作品については、作品が成立した時代の社会背景や人々の価値観なども探って理解を深めます。また、マンガなどを対象とした研究もおこなえます。日本語学についても専任教員が手厚く指導、テーマを掘り下げていくことができます。
  • 京都という立地と文学作品
    京都が舞台となっている文学作品は数多くあります。花園大学は京都市中心部に近い立地で、多彩な文学作品の現場を訪ねることができます。特に古典文学の分野では、天皇の居所であった清涼殿や後宮の位置、朱雀大路の場所などが実地で確認でき、深い作品理解が得られます。
  • 少人数制のきめ細かな指導
    教員と学生の間に距離感がなく、日ごろの学修はもちろん、どんなことも気軽に質問できます。また、3回生から選択して所属するゼミも少人数制でおこなわれ、多様な時代の文学研究、あるいは、日本語学研究の諸領域について、4回生での卒業論文作成に向けてきめ細かな指導が受けられます。

4年間の流れ

1回生 大学で取り組む文学研究の基礎を学ぶ
●古典文学の基本的な図書の調べ方●古文解釈の土台となる知識●近代文学の読み解き方●日本語学の学修方法など、大学で文学を研究するのに必要な基礎を身につけます。自身が掘り下げたいテーマを見つけるのも1回生の課題のひとつです。
2回生 作品を解釈するための方法を身につける
自身の読解力を確認しながら、作品を解釈するための方法を主に学びます。あわせて時代別の研究方法を知る「文学研究」や「日本語学研究」などの科目学修から、3回生の演習(ゼミ)で掘り下げていきたいテーマを絞り込みます。
3回生 自身が選んだテーマの専門的研究に取り組む
演習が始まります。自身で定めたテーマ、興味・関心のある作品や作者、あるいは日本語に関する専門的な研究に取り組みます。授業は少人数制でおこなわれ、プレゼンテーションの機会も多くなります。
4回生 研究を深めて卒業論文にまとめる
演習を継続して履修。担当教員による個別指導のもと研究の内容を深め、卒業論文にまとめていきます。これまでの卒業論文テーマは、源氏物語などの古典から宮沢賢治や太宰治、神話や民話、現代日本語に関することまで多岐にわたります。

ピックアップ授業

  • 現代文化概論
    マンガ、アニメ、ゲーム、ライトノベル、VTuberなど、現代の文化的事象について理解を深めることを通して、広い意味での日本文学の今日的な展開について考えます。
  • 基礎講読Ⅰ-Ⅰ2
    古典の楽しみ方は、調べ、発見し、理解するというプロセスにあります。本授業では、古代中世の説話や和歌を使って、古典の実践的な読み方・調べ方を伝授します。

取得可能な資格・免許

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 健康運動実践指導者受験資格 など

進路・就職状況

就職率95.2% *2020年度
卒業後の主な進路
一般企業、公務員(警察・消防等含む)、教員(中学校・高等学校)、図書館司書、大学院進学 など

教員インタビュー

教授 秦 美香子

「文学の力が、あなたの人生を豊かにする。」

どのようなテーマを研究していますか?
マンガ研究の中でも、特に文化現象としてのマンガに着目しています。例えば人気の日本のマンガは、フィンランドでどのように読まれているのかを、現地でインタビュー調査しました。メディアや時代によって作品の背景にある文化規範がどのように変化するのかについても研究しています。
本学科でどのような力が身につきますか?
日本文学科では、さまざまな時代に紡がれてきた表現を幅広く学びます。その知識は、複雑で多様化した社会を生き抜くための分厚い思考の基盤となります。学修を通して身につくのは自分の考えを適切に表現し、他者の言葉を深く理解する力です。文学は、あなたの人生を必ず助け、豊かにしてくれます。

在学生からのメッセージ

内藤 友香
日本文学科 日本文学コース 3回生
愛知県名古屋経済大学市邨高等学校 出身

「作品はもちろん、作者の「人」としての魅力にも迫る。」

何を学んでいますか?
日本文学講読で谷崎潤一郎の著書『途上』を読み、恥美主義の印象が強い作者が探偵小説も執筆している事実に驚きました。そこから近現代文学に興味が湧き、さまざまな作品に触れる中で自分の世界観が広がりました。卒業論文では作品よりも作者自身に着目し、文豪の人としての魅力を掘り下げる予定です。
今後の目標は何ですか?
日本文学コースの学びを通して読解力や表現力に磨きをかけ、「日本語」に対する理解をより一層深めていきます。さらに、日本漢字能力検定などの技能検定にも積極的に挑戦。日本人として文字や言葉を正しく丁寧に扱えるスキルをしっかりと身につけ、社会で活かしていきたいと思います。

卒業生からメッセージ

株式会社朝日計器製作所 新森 彩加
日本文学科日本文学コース 2021年卒業
京都府 京都西山高等学校出身

「客観的かつ柔軟な視点を製品の検査業務に活かす。」

現在の仕事について
高速道路やトンネルに設置されている製品のハード・プログラムの動作確認など、検査に関わる仕事に取り組んでいます。CAD(コンピュータ支援設計)を用いた設計に興味があり、これから技術を身につけてニーズに応じた製品設計を実現することが目標です。
印象に残っている大学時代の経験
演習の授業では、作者の意図を切り離し、作品の時代背景や価値観を読み取って、作品そのものを客観的に見る視点を学びました。冷静に状況を把握する力や思い込みにとらわれない柔軟性が身につき、現在の業務を遂行する上でも役立っています。
ここからフッターメニューです
大学案内
学部・大学院
入試情報
学生生活
地域連携
キャリア・就職
付属機関
クイックリンク