このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

文学研究科国文学専攻(修士課程)

文学研究科国文学専攻(修士課程) 資料

人材の養成に関する目的
その他の教育研究上の目的

古代、中世、近世、近現代の国文学および現代文化について文献学や漢文学、芸術学、外国文学等の視野を含めた豊富な知識を体得し、新たな研究領域を展開し得る人材を養成します。


文学研究科国文学専攻(修士課程)とは

伝統的な文献的方法に加え、理論的・芸術的方法や民俗的・社会的方法も駆使して、古代、中世、近世、近現代の国文学および現代文化の研究を行います。

大学院・研究紹介

多様な研究方法を積極採用し、対象を多方向から分析・考究

アカデミックな文献的研究方法はもとより、理論的・芸術的研究方法も積極的に採用しています。さらに、研究対象とする作品が成立した民俗的・社会的背景からも探るなど、従来の枠組みにとらわれることなく、多方向から、古代、中世、近世、近現代の国文学および現代文化を分析・考究していきます。

准教授高橋 啓太
主に、敗戦直後から1950年代の文学作品について研究しています。戦後文学に描かれた戦争や軍隊の暴力性の問題は、現代文学でもとりあげられています。戦後文学を読み直すことは、現在の日本を考えるためにも有効であるはずです。

文学研究科国文学専攻(修士課程)

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです
大学案内
学部・大学院
入試情報
学生生活
地域連携
進路サポート
付属機関
クイックリンク