このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

日本文学科書道コース

Department of Japanese Literature

第一線で活躍する
書道家たちから書道を学ぶ

書道コースとは

第一線で活躍する書道家たちから書道を学ぶ

書道の実技と理論を支柱に学び、「書」を次代に受け継ぐ人材を育成するコースです。日本文学の基礎を学び、その上で、書道技術を修得していく4年間。書家、指導者、研究者など、各分野の第一線で活躍する教授陣の指導のもと、書の世界について総合的に学び、その美しさや奥深さを追求し、4年間の集大成となる「卒業制作展」に向け、習作・学修に励みます。

日本文学科の教員は、文学・語学・書道それぞれの研究分野のエキスパートです。大学ホームページの「教員データ」を見ればわかるとおり、みな各々の分野の第一線で活躍している教授陣です。質の高い知識が得られるだけでなく、「研究のおもしろさ」を感じ取ることができます。

こんな人におすすめ

  • 書を愛し、筆を愛する人
  • 高校の書道の先生になりたい人
  • 書でわたしを表現したい人
  • 書の専門技術を窮めたい人
  • ほかにはない4年間の書の学びを窮めたい人

学びの特長

  • 第一線で活躍する教授が実技指導
    篆、隷、楷、行、草、仮名から篆刻に至るまで、各書体にわたる豊富で多彩な実習授業を行い、1学年15人という少人数制で書道の技能を高めます。指導にあたるのは、書道家として第一線で活躍する教授を中心に、各専門分野に実績のある講師陣。充実した指導体制のもと、ゆったりとした空間で“書の学び”を追及することができるのも本コースの特色です。
  • 技能とともに深い知識も身につける
    書道の技能を高めるのはもちろん、書道を学術的に学び、書に関する幅広い知識を身につけることも目標にしています。中国や日本における書の歴史と理論を知るとともに、数多くの古典や名筆に向き合い、鑑賞力を養います。これらは中学校や高校の教員として書道を指導する際にも、大いに役立つ学びです。
  • 客員教授による特別指導
    “かな”の第一人者であり日本芸術院会員および文化功労者の日比野光鳳先生、“漢字” の第一人者として知られ京都教育大学名誉教授の真神巍堂先生、花園大学ではこの著名なお二人を客員教授としてお迎えしています。指導いただく実習の場では、作品の講評を含め、貴重な学びが得られます。

4年間の流れ

1回生 日本文学の基礎を学び書道の修練につなげる
中高の教員や書道の指導者、書家となるには日本文学の知識が必要です。1回生は日本文学科の学生として、古典文学などの基礎を学びます。あわせて書道の基礎を実技と理論から学び、後期に書道コースの専攻を確定します。
2回生 実技と理論の双方から書の基礎力を固める
書道コースの専攻生として本格的に修練を開始、書の基礎力を固めていきます。実技では古典の臨書に取り組み、表現力や鑑賞力を養います。理論面では書論などの古典を講読、古人・先達がいかに書と向きあったかを学びます。
3回生 “自ら考え・自ら創る”姿勢を養う
書道演習(ゼミ)がスタート。各自が興味・関心から選んだテーマの資料を調べ、考究した内容を発表します。実技では古典研究を基盤とする作品制作に取り組みます。これらを通じ、“自ら考え、自ら創る”姿勢を養います。
4回生 卒業論文や卒業制作学びの集大成に取り組む
4回生は、“自ら考え、自ら創る”ことの集大成に取り組みます。書道演習では研究内容を深める卒業論文か、大作2点の卒業制作か、いずれかに取り組みます。「卒業制作展」は学外で開催し、広く一般の方々に作品を発表します。

ピックアップ授業

  • 書道制作
    「漢字」「かな」書の創作プロセスを体験。実制作する文字・文言は有名な和歌や俳句など授業ごとにさまざまです。書紙も授業を重ねるごとに大きくなります。
  • 卒業制作
    実技教員による指導のもとに、一年をかけて漢字とかなの大作計2点に挑みます。最終的には額や軸、屏風などに表装し、学外で開催する卒業制作展で展示します。

取得可能な資格・免許

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語・書道)
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 健康運動実践指導者受験資格 など

進路・就職状況

就職率95.2% *2020年度  
(日本文学科全体)
卒業後の主な進路
一般企業、公務員(警察・消防等含む)、教員(中学校・高等学校)、図書館司書、書道家、大学院進学 など

教員インタビュー

教授 下野 健児

「実習と理論の2つの柱で、技能や発信力を高める。」

どのようなテーマを研究していますか?
中国書法史・日本書道史を専門としています。美術史学の観点から、個々の作品の特色をはじめ、その作品が生まれた時代背景や後世に与えた影響などを研究。また、書の見方がわからない人のために、「書とは何か」「書のかたちはどのように作られ、見られてきたか」などについて考察しています。
本学科でどのような力が身につきますか?
書道実技では充実した実習授業により、自身の書道技能を高めます。併せて書道理論では、書とはどのような芸術かを多様な視点から考察。これらの学習を通して、技能の向上だけではなく、書を深く理解する思考力や獲得した知識を多くの人に言葉で伝えられるコミュニケーション能力を養います。

在学生からのメッセージ

大野 詩織
日本文学科書道コース 2回生
兵庫県芦屋高等学校出身

「書を多角的・論理的に学び、次世代に継承したい。」

何を学んでいますか?
書道を専門的に学ぶことができ、書の文化に多く触れられる京都という立地に魅力を感じて本学を選びました。「書道概論」の授業では、当時の筆法や道具といった視点から拓本や法帖などを解読。技術面だけではなく、多角的かつ論理的な学びによって書に対する見方や考え方の幅が広がったと感じています。
今後の目標は何ですか?
書道史に興味があり、漢字が中国から日本に伝来し、現代の文字になるまでの変遷を研究したいと考えています。授業を通して、拓本だけではなく石碑などに刻まれた本物を見たいという意欲もかき立てられました。将来は高等学校の教員となり、本学で学んだ書の文化を次世代につなげていきたいです。

卒業生からのメッセージ

報徳学園中学校・高等学校 講師 平野 樺乃
日本文学科書道コース 2019年卒業
福井県 金津高等学校出身

「鑑賞力や書く技術に加えて「伝える力」も向上。」

現在の仕事について
高校生に書道を教えています。実技の指導が中心ですが、古典の臨書をはじめ、うちわ作りやはがき作品の制作といった生徒が楽しんで主体的に取り組める内容の授業も実施。硬筆での書き方など普段の生活に応用できるような学びも提供しています。
印象に残っている大学時代の経験
卒業制作では自身の作品を分析しながら一枚一枚と真剣に向き合ったことで、鑑賞力や書く技術が向上しました。また、商業施設での書道パフォーマンスや書き初め教室の講師などを経験し、書道の魅力を「伝える力」も身についたと感じています。
ここからフッターメニューです
大学案内
学部・大学院
入試情報
学生生活
地域連携
キャリア・就職
付属機関
クイックリンク