このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学生生活

学生相談支援室について

学生相談支援室って、どんなところ?

学生相談支援室イメージ01

現在、花園大学には、さまざまな障害のある学生が在学して勉学に励んでいます。
(視覚障害・聴覚障害・肢体不自由・発達障害・精神障害・病弱など)
  本学では、配慮の必要な学生一人ひとりの状況にあわせて、学内の各部署が連携し授業の配慮体制を整え、障害の有無にかかわらず公平に勉学に励むことが出来るようにしています。
  また具体的な配慮は決まっていなくても、不安なこと、困ったことがあれば何でも相談してください。

  • 単位があまり取れなくて、卒業できるか心配だ。
  • 単位登録の仕方がわからない。
  • ゼミなどで発表するのが苦手で困っている。
  • 先生や他の学生とうまく話ができなくて困っている。
  • 授業での配慮。
  • 大学になじめなくて居場所がない。
  • サークルでの人間関係に悩んでいる。 等々

支援内容

学生相談支援室イメージ02

学科の先生、学務部(教務課・学生支援課)、就職課、保健室など学内の様々な部署と連携してアドバイスをします。

  • 入学予定者の事前相談
  • 入学時の学生生活支援
  • 単位登録時の相談
  • レポートや課題作成等のコンピュータ使用
  • 「居場所」としての場所の提供
  • その他様々な相談

特別の支援・配慮

学生相談支援室特別の支援・配慮
  • ノートテイク(対象学生のかわりに講義を記録)
  • 試験時の時間延長・別室試験
  • ボイスレコーダー持ち込み
  • 板書の撮影
  • 点訳・電子データの提供

「特別の支援・配慮」を受けるまでの流れ

  1. オープンキャンパス・入試時に相談
  2. 合格後「特別の配慮・支援」要望することの連絡
  3. 配慮内容について懇談・決定

※学生生活を進めていく中で学生支援課又は学生相談支援室に相談があれば随時検討します。


保護者のみなさんへ

学生相談支援室保護者の方へイメージ

お子さんのことで気になることがありましたら、ご相談ください。

  • 授業での配慮
  • 学生生活での悩み事

アクセス

場所

自適館2階西北側
(売店のある建物の2階)

開室時間

月~金曜日の午前8時45分から午後5時(昼休みも開室)
※事前の連絡は歓迎しますが、予約は不要です。
※夏季休業中、年末・年始は閉室していることがあります。

スタッフ

2名の担当者が相談・支援に当たっています。

電話

075-283-0030(直通)

メールアドレス

gakushien@hanazono.ac.jp
※電話やメールでの相談も受け付けます。

学生生活

学生生活ガイド
学生支援
学費
ここからフッターメニューです
大学案内
学部・大学院
入試情報
学生生活
地域連携
キャリア・就職
付属機関
クイックリンク