このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

児童福祉学科

児童福祉学科 児童イメージ

人材の養成に関する目的
その他の教育研究上の目的

人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、子どもの心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について総合的に教育研究を行うことを通して、利他の精神による社会への参加・貢献の精神と他者を認め理解する能力を身につけ、子ども一人ひとりの健全な成長発達に向けて、様々な問題を解決できる能力を持った人材を養成する。


教育・福祉を学ぶ「児童福祉学科」とは

核家族化、共働きの一般化、少子化、地域社会における人間関係の希薄化などが進行する中で、児童虐待、いじめ、不登校、非行などが大きな社会問題となっています。この大きな原因として、家庭や地域の子育ての機能低下があげられています。このような社会情勢にあって、家庭・地域子育て機能の充実が急務になっています。
児童福祉学科は、こうした社会要請に応えるために、人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、保育園、幼稚園、児童福祉施設などの現場で必要とされる基礎的知識、技術、技能の修得に加えて、家族や地域社会からの子育てに関する相談や福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、広い視野から子どもの健全な成長発達に向けて、様々な問題を解決できる子育て支援の専門家を養成します。

子供の心と体の発達支援 概念図 子供の心と体の発達支援 概念図

理念・目的

人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、家庭や地域社会からの子育てに関する相談、福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、子どもの健全な成長発達と家族支援、地域支援のあり方等、様々な問題を解決できる能力を培っていきます。


児童福祉学科が目指す人材像

  1. 保育所、幼稚園、児童福祉施設などの子育て現場で、子ども一人ひとりの健全な成長発達に向けて、適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
  2. 保育所、幼稚園などの子育て現場では、ノーマライゼーションの考え方により健常児はもとより、様々な障害を有する子どもも受け入れるようになってきていることから、このような子どもたちに対しても適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
  3. 家庭内での生活環境やいじめなどから心に様々な問題を抱えている子どもに対して、あるいは子育て現場で発生する子どものケガや病気などに対して、適切に対応できる能力を有する人材を養成します。
  4. 家庭および地域社会からの子育てに関する様々な相談に対応できるソーシャルワークの能力を有する人材を養成します。
  5. 生きる力の基礎を培う保育内容領域(表現・健康・言葉・環境・人間関係)の学習を通して、子ども支援のための確かな知識と技術を身につけた人材を養成します。

特徴

  1. 保育士・幼稚園教諭・養護教諭の資格が取得できます。
  2. 社会学・保育学・教育学・福祉学・障害児学・心理学・保健学などを幅広く学び、広い視野を持った保育者、教育者を養成するカリキュラムになっています。
  3. 保健学領域の科目を充実させたカリキュラムにより、児童の心身の健康管理に対応できる能力を育成します。
  4. ゼミ・演習科目を充実させ、実践能力・問題解決能力を育成します。

主な開講科目および
カリキュラムマップ

カリキュラムの特徴

  1. 広い視野をもった保育者を養成するために、専門科目の中に必修科目区分および選択必修科目区分を設け、福祉学・保育学・障害児学・心理学・保健学・看護学の諸学問を横断的に学修できるようにしました。
  2. 保護者からの相談援助にも対応できるような、能力を育成するために家庭・地域支援領域の科目を充実しました。
  3. 子どもの心身の健康管理に対応できるような能力を育成するために、保健学領域の科目を充実しました。
  4. ノーマライゼーションの理念から保育現場では積極的に障害児を受け入れるようになってきていることから、障害児支援領域の科目を充実しました。
  5. 保育内容5領域の総合的な関係理解のために保育内容総論を設定し、子どもがさまざまな活動を通して発達していく姿を総合的に捉え、保育現場で実践できる保育者の育成に努めるようにしました。
  6. 授業の中に自然体験に関するものを取り入れて、保育者としての豊かな感性を育む教育を行います。草花や野菜栽培、小動物の飼育、田植え・稲刈り・餅つきなどをできるだけ授業に取り入れ、五感を通して自然のめぐみや命の尊さを学び、保育者としての感性を培います。
  7. 4年次に「児童福祉研究」の科目を開講し、学生各々に研究テーマを設定し、子ども支援のあり方を総合的に研究します。

取得できる資格と卒業後の進路

保育士資格

職業

保育士

就職先

公立保育園 私立保育園 乳児院  児童養護施設 知的障害児施設 盲ろうあ児施設 肢体不自由児施設 重症心身障害児施設 児童自立支援施設 情緒障害児短期治療施設 児童館など

幼稚園教諭1種免許状

職業

幼稚園教諭

就職先

公立幼稚園 私立幼稚園

養護教諭1種免許状

職業

幼稚園養護教諭 小学校養護教諭 中学校養護教諭 高等学校養護教諭

就職先

幼稚園・小学校・中学校・高等学校の養護教諭

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事は、各地方自治体の福祉事務所に勤務して福祉行政(公務員)にあたる人ですが、福祉施設での採用時の資格要件となることもあります。

※特別支援学校教諭1種免許状は、必要単位を履修することによって取得可能です。


学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです