このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

児童福祉学科

Department of Child Care

子どもを育てるこころ、
技術を学ぶ

児童福祉学科とは

幼稚園教諭や保育士をめざし児童の支援を学ぶ

乳幼児期と児童期の双方に焦点をあて、心と身体の発達に関する実践的な知識と技能を身につけます。保育士、幼稚園教諭、養護教諭等の資格取得をめざすことができ、卒業後の選択肢が広がるのが特色のひとつです。

保育園、幼稚園、児童養護施設など、子育ての現場で必要となる基礎知識や技術・技能の修得だけでなく、近年の核家族化や共働きの一般化、人間関係の希薄化などで起こる種々の問題も含めて、広い視野で子どもたちの健全な成長と発達をサポートしていける子育て支援の専門家をめざします。

核家族化、共働きの一般化、少子化、地域社会における人間関係の希薄化などが進行する中で、児童虐待、いじめ、不登校、非行などが大きな社会問題となっています。この大きな原因として、家庭や地域の子育ての機能低下があげられています。このような社会情勢にあって、家庭・地域子育て機能の充実が急務になっています。

児童福祉学科は、こうした社会要請に応えるために、人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、保育園、幼稚園、子ども園、児童福祉施設などの現場で必要とされる基礎的知識、技術、技能の修得に加えて、家族や地域社会からの子育てに関する相談や福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、広い視野から子どもの健全な成長発達に向けて、様々な問題を解決できる子育て支援の専門家を養成します。

理念・目的

人間形成・人間発達の重要な段階である乳幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、家庭や地域社会からの子育てに関する相談、福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、子どもの健全な成長発達と家族支援、地域支援のあり方等、様々な問題を解決できる能力を培っていきます。

児童福祉学科が目指す人材像

1. 保育所、幼稚園、子ども園、児童福祉施設などの子育て現場で、子ども一人ひとりの健全な成長発達に向けて、適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
2. 保育所、幼稚園、子ども園などの子育て現場では、ノーマライゼーションの考え方により健常児はもとより、様々な障害を有する子どもも受け入れるようになってきていることから、このような子どもたちに対しても適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
3. 家庭内での生活環境やいじめなどから心に様々な問題を抱えている子どもに対して、あるいは子育て現場で発生する子どものケガや病気などに対して、適切に対応できる能力を有する人材を養成します。
4. 家庭および地域社会からの子育てに関する様々な相談に対応できるソーシャルワークの能力を有する人材を養成します。
5. 生きる力の基礎を培う保育内容領域(表現・健康・言葉・環境・人間関係)の学習を通して、子ども支援のための確かな知識と技術を身につけた人材を養成します。

もっと見る

こんな人におすすめ

  • 子どもが好き!
  • 子ども支援を学びたい
  • 保育士を目指したい
  • 幼稚園の先生を目指したい
  • 養護教諭(保健室の先生)を目指したい

学びの特長

  • 養護教諭の免許も取得可能
    0歳児から就学前までの乳幼児を保育する「保育士」、通常3歳児から小学校に入学するまでの幼児の保育と教育をおこなう「幼稚園教諭」、学校などの保健室で児童・生徒の健康を見守る「養護教諭」等の資格取得をめざせます。これらの資格取得に向けた学びが知識の幅を広げ、将来の選択肢も広がります。
  • 視野を広げる多様な学び
    社会学、保育学、教育学、福祉学などの各領域のほか、家族支援や地域支援、福祉・教育機関との連携のあり方など、子育て支援の専門家に必要な学びが数多くあります。さらに、保健学や医学、看護学領域の科目も充実。子どもたちの健やかな発達・発育を専門的な視点で見守ることのできる能力が養えます。
  • 実習・演習を充実させる最新設備
    児童福祉学科がある拈花館(ねんげかん)は、実習や演習を重視する観点から、デジタルピアノ50台を設置した「音楽演習室」をはじめ、「ピアノ室」「リトミック室」「図画工作室」「保健学実習室」などの設備が充実しています。これら最新施設・設備を活用し、現場で役立つ実践的スキルを身につけます。

4年間の流れ

1回生 児童福祉の基礎を学び実践の土台を固める
保育や教育の基礎・基本となる仕組みや理論を学びます。あわせて幼稚園での観察実習の取り組み、現場の雰囲気や幼児のリアルな行動を感じとりながら、保育者の役割やあり方、子育て支援の専門家としての社会的な使命などを学修していきます。
2回生 専門的な知識・技能を養い実践力を身につける
保育・教育の専門的な知識と技術を学びながら、現場が求める実践力を身につけていきます。
3回生 学びをゼミで深めつつ課題解決能力を培っていく
子育て支援の専門家としての強みとなる専門性を培う4回生での研究に向けて、その第1段階となる「総合ゼミ」が始まります。学びを深めながら高度な知識と技術を養うとともに、課題を自ら発見して解決する能力、資料を収集・分析する手法などを身につけます。
また、実習では保育園に赴き、実際に子どもたちと触れ合いながら、保護者や地域との関係性をはじめ、社会福祉としての保育のあり方を学びます。
4回生 子育て支援の実践に向けて学びの集大成に取り組む
幅広い視野を備え、実際の現場で子育て支援がおこなえる確かな実践力や知識の応用力を高めていきます。4回生でのゼミとなる「児童福祉研究」では各自が定めたテーマを深く掘り下げ、4年間の学びの集大成となる研究をまとめ、研究発表会に臨みます。

ピックアップ授業

  • 幼児と健康
    幼児の発達や実際の運動実践を通して子どもたちに必要な「健康」実践を理解。保育者として、幼児が基本的生活習慣の取得ができるように支えていく方法を身につけます。
  • 初等教育課程論
    学習指導要領を基準として初等教育において編成される教育課程について、その編成方法などを学習。各学校の実態に応じて教育課程経営を行うことの意義を理解します。

1. 広い視野をもった保育者を養成するために、専門科目の中に必修科目区分および選択必修科目区分を設け、福祉学・保育学・心理学・保健学・看護学の諸学問を横断的に学修できるようにしました。
2. 保護者からの相談援助にも対応できるような、能力を育成するために家庭・地域支援領域の科目を充実しました。
3. 子どもの心身の健康管理に対応できるような能力を育成するために、保健学領域の科目を充実しました。
4. 1回生時に通年で本学独自の科目である「子どもの観察と記録」を、学びの基礎として、意義のある科目と位置づけ学修できるようにしています。
5. 授業の中に自然体験に関するものを取り入れて、保育者としての豊かな感性を育む教育を行います。野菜栽培などを授業に取り入れ、五感を通して自然のめぐみや命の尊さを学び、保育者としての感性を培います。
6. 4年次に「児童福祉研究」の科目を開講し、学生各々に研究テーマを設定し、子ども支援のあり方を総合的に研究します。

カリキュラムの特徴について

取得可能な資格・免許

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
  • 養護教諭一種免許状 など

※保育士と幼稚園教諭の両方を取得した場合、保育教諭として幼保連携型こども園に就職できます。

進路・就職状況

就職率100% *2020年度
卒業後の主な進路
保育園(保育士)、認定こども園(幼稚園教諭・保育士)、児童館、児童養護施設、一般企業、公務員(幼稚園・保育士・警察・消防等含む)、教員(幼稚園・養護教諭)、大学院進学 など

教員インタビュー

講師 笹谷 絵里

「4領域の学びと実習・演習で、専門力と即戦力を養成。」

どのようなテーマを研究していますか?
子どもに関する考え方や見方は変化しており、「健康」という観点においても昔と今では見解が異なります。このような変遷を、保健・保育・教育・社会・歴史といった多角的な視点から研究。すべての子どもが大切にされる社会になるにはどうすればいいのかをテーマとしています。
本学科でどのような力が身につきますか?
子育て支援、感性育成支援、健康支援、家庭・地域支援という4つの領域の学びを展開。知識の幅を広げ、子ども一人ひとりの健全な成長発達に向けて適切なサポートのできる専門力を養成します。また、実習・演習では最新の施設と設備を整え、現場での即戦力につながるスキルを育みます。

在学生からのメッセージ

小林 彩羽
児童福祉学科 1回生
大阪府 東淀川高等学校出身

「「知ろうとする力」「挑戦する姿勢」が身につきました。」

何を学んでいますか?
将来は子どもと関わる仕事に就きたいと思い、さまざまな資格取得に挑戦できる本学科を選択しました。ピアノ初心者でしたが、充実した設備やレベルに応じた個人レッスンなどで日々成長を実感。座学では多彩な講座があり、得た知識が有機的につながって、学びがより深まっていく面白さを感じています。
今後の目標は何ですか?
子どもたちに自然の大切さを伝える環境教育のプロフェッショナル「子ども環境管理士」の試験も受ける予定です。学びを通して自ら知ろうとする力、何事にも積極的に挑戦する姿勢が身につきました。この力を大学生活や社会生活に生かして、子どもの好奇心を伸ばせるような先生になりたいです。

卒業生からメッセージ

洛西花園幼稚園 教諭 池田 真菜
児童福祉学科 2018年卒業
京都府 京都精華女子高等学校[現 京都精華学園高等学校]出身

「幼稚園の先生になるという小学校からの夢が叶いました。」

現在の仕事について
昔から年下の子と遊ぶのが好きで、幼稚園の先生は長年の夢でした。子どもたちは一人ひとり性格が違い、どんどん成長するので、毎日見ていられるのは楽しいですね。今はまだ新米ですが、「この先生でよかった!」と思ってもらえるように頑張ります。
印象に残っている大学時代の経験
大学時代の実習で失敗しながらも多くのことを学べた経験が、今の仕事に役立っています。ゼミの先生には卒業直前まで面倒を見ていただき、就職活動でもたくさんのアドバイスをくださりました。私にとって先生の存在は本当に大きいですね。

洛陽総合高等学校 養護教諭 宮川 紗綾
児童福祉学科 2019年卒業
京都府 ノートルダム女学院高等学校出身

「情報共有を徹底し、一人ひとりの学校生活を守る。」

現在の仕事について
養護教諭として、体調不良やけがで保健室に訪れた生徒をケアしています。子どもたちの様子に心配な点があれば、ささいなことでもメモをとり、先生方と情報を共有。連携を強化し、生徒一人ひとりの学校生活の質を保つ保健室経営に努めています。
印象に残っている大学時代の経験
当時は幼稚園教諭の資格取得に向けた授業も受けており、多くの実習を通して子どもとの接し方を基本から学ぶことができました。さらに、臨床心理学科の授業も貪欲に履修。現代で大切な「心のケア」に必要な知識が身につき、今の仕事に役立っています。
ここからフッターメニューです
大学案内
学部・大学院
入試情報
学生生活
地域連携
キャリア・就職
付属機関
クイックリンク