このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

児童福祉学科

児童福祉学科 児童イメージ

人材の養成に関する目的
その他の教育研究上の目的

児童福祉学科においては、本学の課程を修め、所定の単位取得とその他の条件を満たした上で、幅広い教養と児童福祉学に関する専門的知識・技術を修得した人材を養成する。(「学則」第4条の2)


教育・福祉を学ぶ「児童福祉学科」とは

核家族化、共働きの一般化、少子化、地域社会における人間関係の希薄化などが進行する中で、児童虐待、いじめ、不登校、非行などが大きな社会問題となっています。この大きな原因として、家庭や地域の子育ての機能低下があげられています。このような社会情勢にあって、家庭・地域子育て機能の充実が急務になっています。
児童福祉学科は、こうした社会要請に応えるために、人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、保育園、幼稚園、子ども園、児童福祉施設などの現場で必要とされる基礎的知識、技術、技能の修得に加えて、家族や地域社会からの子育てに関する相談や福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、広い視野から子どもの健全な成長発達に向けて、様々な問題を解決できる子育て支援の専門家を養成します。

子供の心と体の発達支援 概念図 子供の心と体の発達支援 概念図

理念・目的

人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、家庭や地域社会からの子育てに関する相談、福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、子どもの健全な成長発達と家族支援、地域支援のあり方等、様々な問題を解決できる能力を培っていきます。


児童福祉学科が目指す人材像

  1. 保育所、幼稚園、子ども園、児童福祉施設などの子育て現場で、子ども一人ひとりの健全な成長発達に向けて、適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
  2. 保育所、幼稚園、子ども園などの子育て現場では、ノーマライゼーションの考え方により健常児はもとより、様々な障害を有する子どもも受け入れるようになってきていることから、このような子どもたちに対しても適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
  3. 家庭内での生活環境やいじめなどから心に様々な問題を抱えている子どもに対して、あるいは子育て現場で発生する子どものケガや病気などに対して、適切に対応できる能力を有する人材を養成します。
  4. 家庭および地域社会からの子育てに関する様々な相談に対応できるソーシャルワークの能力を有する人材を養成します。
  5. 生きる力の基礎を培う保育内容領域(表現・健康・言葉・環境・人間関係)の学習を通して、子ども支援のための確かな知識と技術を身につけた人材を養成します。

学びの特長

養護教諭の免許も取得可能
0歳児から就学前までの乳幼児を保育する「保育士」、通常3歳児から小学校に入学するまでの幼児の保育と教育をおこなう「幼稚園教諭」、学校などの保健室で児童・生徒の健康を見守る「養護教諭」、3つの資格取得をめざせます。これらの資格取得に向けた学びが知識の幅を広げ、将来の選択肢も広がります。
視野を広げる多様な学び
社会学、保育学、教育学、福祉学などの各領域のほか、家族支援や地域支援、福祉・教育機関との連携のあり方など、子育て支援の専門家に必要な学びが数多くあります。さらに、保健学や医学、看護学領域の科目も充実。子どもたちの健やかな発達・発育を専門的な視点で見守ることのできる能力が養えます。
実習・演習を充実させる最新設備
児童福祉学科がある拈花館(ねんげかん)は、実習や演習を重視する観点から、デジタルピアノ50台を設置した「音楽演習室」をはじめ、「ピアノ室」「リトミック室」「図画工作室」「保健学実習室」などの設備が充実しています。これら最新施設・設備を活用し、現場で役立つ実践的スキルを身につけます。

4年間の流れ

  • 1

    児童福祉の基礎を学び実践の土台を固める
    1回生は、保育や教育の基礎・基本となる仕組みや理論を学びます。あわせて幼稚園での観察実習の取り組み、現場の雰囲気や幼児のリアルな行動を感じとりながら、保育者の役割やあり方、子育て支援の専門家としての社会的な使命などを学修していきます。
  • 2

    専門的な知識・技能を養い実践力を身につける
    保育・教育の専門的な知識と技術を学びながら、現場が求める実践力を身につけていくのが2回生の目標です。また、実習では保育園に赴き、実際に子どもたちと触れ合いながら、保護者や地域との関係性をはじめ、社会福祉としての保育のあり方を学びます。
  • 3

    学びをゼミで深めつつ課題解決能力を培っていく
    子育て支援の専門家としての強みとなる専門性を培う4回生での研究に向けて、その第1段階となる「総合ゼミ」が始まります。学びを深めながら高度な知識と技術を養うとともに、課題を自ら発見して解決する能力、資料を収集・分析する手法などを身につけます。
  • 4

    子育て支援の実践に向けて学びの集大成に取り組む
    幅広い視野を備え、実際の現場で子育て支援がおこなえる確かな実践力や知識の応用力を高めていきます。4回生でのゼミとなる「児童福祉研究」では各自が定めたテーマを深く掘り下げ、4年間の学びの集大成となる研究をまとめ、研究発表会に臨みます。

主な開講科目

カリキュラムの特徴

  1. 広い視野をもった保育者を養成するために、専門科目の中に必修科目区分および選択必修科目区分を設け、福祉学・保育学・心理学・保健学・看護学の諸学問を横断的に学修できるようにしました。
  2. 保護者からの相談援助にも対応できるような、能力を育成するために家庭・地域支援領域の科目を充実しました。
  3. 子どもの心身の健康管理に対応できるような能力を育成するために、保健学領域の科目を充実しました。
  4. 保育内容5領域の総合的な関係理解のために保育内容総論を設定し、子どもがさまざまな活動を通して発達していく姿を総合的に捉え、保育現場で実践できる保育者の育成に努めるようにしました。
  5. 授業の中に自然体験に関するものを取り入れて、保育者としての豊かな感性を育む教育を行います。野菜栽培などを授業に取り入れ、五感を通して自然のめぐみや命の尊さを学び、保育者としての感性を培います。
  6. 4年次に「児童福祉研究」の科目を開講し、学生各々に研究テーマを設定し、子ども支援のあり方を総合的に研究します。

ピックアップ科目

  • 幼児と表現(造形)
    教材・用具の取り扱いや基本的な技法について学び、造形活動の基礎を身につけます。その過程で自由な発想や表現の面白さを探究する喜びを経験し、また、自他の作品を鑑賞することで豊かな感性を培います。
  • 保育内容(音楽)
    乳幼児の音楽表現活動の意義を理解し、子どもの感性や創造性を培うことをめざした音楽表現方法を学びます。また、音楽創作劇という「表現」の総合的な活動に個人・グループで取り組みます。
  • 乳児保育
    人間形成の基礎を培う重要な時期である乳幼児期において、適切な環境で健全に育成するための方法を学びます。


児童福祉学科の卒業認定・学位授与の方針
〔ディプロマ・ポリシー:DP〕

児童福祉学科の目的を達成するために、卒業時に身に付けておくべき5つの資質・能力を定め、所定の期間在籍し、所定の単位を修得したことをもって、教育目標を達成したものとみなし、学士の学位を授与する。

(1)自立性・自律性・主体性〔DP1〕

自分自身のものの見方・考え方は、まだ不十分で発展途上にあることを自覚し、自分がもともと具えている力を見出す「己事究明」を通じて、より優れた見方・考え方の獲得を目指して学び続け、いかなる状況にあっても自立性と自律性を持って、主体的に行動することができる。

(2)知識・理解〔DP2〕

子どもの健全な成長や学習を支援するための児童福祉に関する専門的知識・技術を体系的に理解して修得し、具体的に活用することができる。また、そのことを通じて、自己とは異質な他者を含めて、あらゆる多様性を理解して受け容れることができる。社会的に弱い立場にある人々の多様な存在を理解して受け容れることができる。

(3)思考・判断〔DP3〕

児童福祉学に関する学びを通じて、情報や知識を論理的に分析して表現したり、問題・課題を発見して、その解決に必要な情報を収集・分析したりできる思考力や判断力を身に付け、問題・課題を解決することができる。現代社会における児童福祉学的問題・課題を発見して、解決策を提示することができる。

(4)技能・表現〔DP4〕

他者の思いや考えを正確に理解するとともに、自らの思いや考えを的確に表現して意見を交わすことができる。また、情報を収集・分析し、その内容を正確に判断して、活用することができる。子ども支援の実践者として必要なコミュニケーション能力を身に付け、それを活用することができる。

(5)態度・志向〔DP5〕

他者の立場や利益を慮る「利他の精神」を養成し、社会の一員としての意識を持って、修得した知識、思考力、判断力、技能等を活用して、社会のために積極的に関与し、社会に貢献することができる。子ども支援の実践者として必要な価値観・倫理観を身に付け、専門的知識・技術に基づいた子ども支援の実践を通じて、社会に貢献することができる。


児童福祉学科の教育課程編成・実施の方針
〔カリキュラム・ポリシー:CP〕

児童福祉学科は、卒業認定・学位授与に関する方針を到達目標とする教育課程を編成する。基礎教育科目、専門教育科目など必要とされる科目を体系的に編成し、講義・演習・実習などを適切に組み合わせた授業を開講する。教育課程の体系性を示すために、各科目間の関連性や各科目の内容の難易度を表現した番号を付与したナンバリングを行い、カリキュラム・マップを作成するなどして、教育課程の構造を明示する。
 1 教育内容、2 教育方法・学修過程、3 評価については、以下のように定める。

1 教育内容

(1)基礎教育科目(必修区分)

基礎教育科目(必修区分)に、「基礎禅学」、「人権」、「基礎英語」、「アカデミック・スキル」(初年次教育科目)、「コミュニケーション・スキル」(初年次教育科目)、「キャリア・デザイン」(キャリア教育科目)を配置する。

(2)基礎教育科目(選択区分)

基礎教育科目(選択区分)に、教養科目群、外国語科目群、体育科目群、情報処理科目群、キャリア科目群、総合科目群を配置する。

(3)児童福祉学科の専門教育科目

児童福祉学科の各専門分野の学問研究の体系性を考慮しつつ、学修の系統性や順次性に配慮しながら体系的な教育課程を編成する。必修科目の履修年次の指定を始め、各学部・各学科において、各学年次・各学期(前期・後期)ごとに、適切な科目配置を行う。

専門教育科目を中心とする教育内容を統合するために、4回生次に「卒業論文」あるいは「卒業研究」などを必修とし、「卒業論文」あるいは「卒業研究」などを作成するための演習科目を、3回生次と4回生次に配置する。

2 教育方法・学修過程

(1)「自立・自律・主体性」〔DP1〕と教育方法・学修過程

児童福祉学科の授業において、学生一人一人の理解度等を考慮して、きめ細かい個別の教育的指導を各教員が行う。授業の内容と試験問題・レポ-ト課題の内容・実施時期との整合性・連携性を適切に保つとともに、それらの採点結果の学生へのフィードバックに努める。採点の際には、ルーブリックを使用することを含めて、評価基準を明確化するとともに、必要に応じて、評価者間において評価基準を標準化・共有化して、適切な成績評価に努める。

学生が学び続け、いかなる状況にあっても自立性と自律性を持って、主体的に行動することができることにつなげることを目指す。

(2)「知識・理解」〔DP2〕、「技能・表現」〔DP4〕と教育方法・学修過程

学生が児童福祉学に関する専門的知識を体系的に理解して修得したり、他者の思いや考えを正確に理解するとともに、自らの思いや考えを的確に表現して意見を交わしたりすることができるようになるため、授業において、発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習、グループワーク等といった広義のアクティブ・ラーニングを採用し、学生の能動的な学修への参加を取り入れることに努める。

このことを通じて、学生が自分とは異質な他者を含めて、あらゆる多様性を理解して受け容れることにつなげることを目指す。

(3)「思考・判断」〔DP3〕、「態度・志向」〔DP5〕と教育方法・学修過程

児童福祉学に関する学びを通じて、学生が情報や知識を論理的に分析して表現したり、問題・課題を発見して、その解決に必要な情報を収集・分析したりできる思考力や判断力を身に付け、問題・課題を解決することができるようになるために、PBLやチーム・ラーニングのように、課題を解決する形式の教育方法を授業において採用することに努める。

このことを通じて、他者の立場や利益を慮る「利他の精神」を養成し、学生が社会の一員としての意識を持って、修得した知識、思考力、判断力、技能等を活用して、社会のために積極的に関与し、社会に貢献することにつなげることを目指す。

3 評価

本学では、卒業認定・学位授与に関する方針において、卒業時に身に付けておくべき5つの資質・能力〔DP1~DP5〕を定めた。それらの資質・能力の修得状況を(1)大学レベル、(2)学部・学科レベル、(3)学生個人レベルの3つのレベルで把握・評価する。

(1)大学レベル

大学レベルの評価については、①1回生次と3回生次に実施する「ジェネリックスキル測定テスト」の結果、②「卒業論文」あるいは「卒業研究」などの成果、③学生の志望進路に対する進路決定率によって、それら資質・能力の修得状況を評価する。

(2)学部・学科レベル

社会福祉学部と児童福祉学科レベルの評価については、①1回生次と3回生次に実施する「ジェネリックスキル測定テスト」の結果、②「卒業論文」あるいは「卒業研究」などの成果、③学生の志望進路に対する進路決定率、④児童福祉学科で取得が可能な免許・資格の取得状況によって、それら資質・能力の修得状況を評価する。

(3)学生個人レベル

学生個人レベルの評価については、①1回生次と3回生次に実施する「ジェネリックスキル測定テスト」の結果、②各科目のシラバスにおいて提示された成績評価基準に基づいてなされた成績評価、③「卒業論文」あるいは「卒業研究」などの成果によって、それら資質・能力の修得状況を評価する。


児童福祉学科の入学者受入れの方針
〔アドミッション・ポリシー:AP〕

児童福祉学科が卒業認定・学位授与に関する方針に定めた卒業時に身に付けておくべき5つの資質・能力〔DP1~DP5〕を身に付けた人材になるためには、児童福祉学科で学ぶ目的意識や意欲を持った上で、高等学校までの学修で学んだ知識や、自ら考えて判断する力、さらに、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容等を身に付けて入学してくることが求められる。そのため、児童福祉学科の志願者には、以下の(1)~(5)のことを求める。

(1)自立性・自律性・主体性〔AP1〕

自分自身の資質・能力は、まだ不十分で発展途上にあることを自覚し、大学で学ぶ目的意識と意欲を持っている。高等学校までの学修やその他の活動において、他者に過度に依存したり、従属したりせずに、自らを律して、主体的に行動した経験を有する。

(2)知識・理解〔AP2〕

高等学校の教育課程を幅広く履修して、学修成果を修得している。高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を理解して修得し、基礎的な問題を解くことができることを始めとして、具体的に活用することができる。

(3)思考・判断〔AP3〕

高等学校までの学修を通じて、日常生活を始め社会における様々な問題について、情報や知識をもとにして、筋道を立てて論理的に考えて、問題が発生した背景や、問題の諸要因を説明したり、解決策を提案したりすることができる。

(4)技能・表現〔AP4〕

高等学校までの学修を通じて、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身に付けている。他者の思いや考えを正確に理解するとともに、自らの思いや考えを的確に表現して、意見を交わすことができる。

(5)態度・志向〔AP5〕

児童福祉学科の学修において獲得する知識や技能を活かして、社会に貢献するという目的意識と意欲を持っている。高等学校までの学修活動、課外活動やボランティア活動等において、多様な人々と協働して、目標の達成を目指した経験を有する。



取得できる資格と卒業後の進路

保育士資格

職業

保育士

就職先

公立保育園 私立保育園 保育所型認定こども園 幼保連携型を除くこども園 乳児院  児童養護施設 知的障害児施設 盲ろうあ児施設 肢体不自由児施設 重症心身障害児施設 児童自立支援施設 情緒障害児短期治療施設 児童館など

幼稚園教諭1種免許状

職業

幼稚園教諭

就職先

公立幼稚園 私立幼稚園 幼稚園型認定こども園

養護教諭1種免許状

職業

幼稚園養護教諭 小学校養護教諭 中学校養護教諭 高等学校養護教諭

就職先

幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の養護教諭

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事は、各地方自治体の福祉事務所に勤務して福祉行政(公務員)にあたる人ですが、福祉施設での採用時の資格要件となることもあります。

※特別支援学校教諭1種免許状は、必要単位を履修することによって取得可能です。
※保育士と幼稚園教諭の両方を取得した場合、保育教諭として幼保連携型こども園に就職できます。


卒業生インタビュー

幼稚園の先生になりたいという
小学校からの夢が叶いました。

小学校のころから年下の子と遊ぶのが好きで、そのころから幼稚園の先生になると言っていたので、今は長年の夢が叶ったという感じですね。洛西花園幼稚園を選んだきっかけは、大学の先輩から、この園は先生同士の仲がすごくいいと聞いていたから。やっぱり勤め先の人間関係が一番気になりますから。実際入ってみると、本当に先輩方がやさしくて、何でも熱心に教えてくれますし、助けてくれるので、のびのびお仕事をさせていただいてます。
子どもたちは一人ひとり性格も違うし、どんどん成長していくので、毎日見ていられるのは本当に楽しいですね。そんな成長も含め、普段から保護者の方には何でも伝えるようにしています。家での性格と幼稚園での様子がまったく違う子もいますので。些細な変化もきちんと伝えるのは大切なことだと思いますね。
ゼミの先生とは今でも連絡を取っていて大学へもたまに顔を出しています。
大学時代の経験で役に立っているのは、やっぱり実習ですね。実習で経験して、大変なこともありましたが、失敗しながら多くのことを学んだので今ここでやれているのかなと思います。また、大学ではゼミの先生に卒業直前まで面倒を見ていただいて、就活でもたくさんアドバイスをいただき、いろんな園の情報も教えてもらいました。今の私にとって先生の存在は大きいですね。友だち感覚で話せる先生なので、今でも連絡を取ってたまに大学に顔を出したりしています。卒業してからもこういう関係が続けられるのは本当にありがたいですね。
今はまだ新米ということで、保護者の方も大目に見てくださっている部分もあると思うのですが、いつか、「この先生でよかった!」と思ってもらえる先生になりたいです。
まだまだ新米ですが、いつか保護者の方に、この先生でよかったと思ってもらえるようになりたい。

洛西花園幼稚園 教諭
池田 真菜
児童福祉学科2018年卒業/京都府私立京都精華女子高等学校(現京都精華学園高等学校)出身


特徴

  1. 保育士・幼稚園教諭・養護教諭の資格が取得できます。
  2. 社会学・保育学・教育学・福祉学・心理学・保健学などを幅広く学び、広い視野を持った保育者、教育者を養成するカリキュラムになっています。
  3. 保健学領域の科目を充実させたカリキュラムにより、児童の心身の健康管理に対応できる能力を育成します。
  4. ゼミ・演習科目を充実させ、実践能力・問題解決能力を育成します。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです