このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

仏教学科

仏教学科 坐禅堂

禅仏教 … 創造的人間学の道


人材の養成に関する目的
その他の教育研究上の目的

 仏教学科の教育は、本学の学是である禅を学問的研究と宗教的実践の鍛錬を通じて、深く体得することにあります。
 それとともに、これを基盤として相互に関連しあう諸学問や文化に対する考察を深め、仏教をめぐる総合的な理解の獲得をめざします。
 さらに禅および仏教に対する豊かな知見から現代社会の諸問題に対しても正しい判断力を持って、新たな文化の創造に寄与できる有為な人材の輩出をめざしています。


仏教学科とは

仏教学科は、国際的関心の高い臨済禅を柱とする伝統ある学科です。これまでも多くの有徳の僧侶、そして研究者を輩出してきました。

約2500年の歴史を有する仏教は、世界の諸地域に展開し、その精神文化の形成に深く関与してきました。人類の思想的蓄積としてのその営みは、思想・哲学・文学・芸術・福祉・教育など、多くの分野に影響を与え続けています。

そもそも花園大学は、明治5年に宗門を担う寺院後継者育成のために設立された妙心寺の学寮・般若林に始まる臨済禅の最高学府。仏教学科はその基幹学科として、建学の精神である禅のこころを最も具現している学科であり、確固たる主体性を有した何ものにも執われない自由なこころと国際的な広い視野、そして不屈の行動力をもって、すべてにわたり臨機応変に対処し、自発的に社会に貢献し、人々に率先して模範となる、行と学の釣り合いのとれた「禅的人材」の育成を目指しています。

曾祖父の代から代々本学科で学んでいるという学生も多いのは、長い歴史を有する当学科がもつ特徴の一つです。寺院後継者として次世代を担うに必要な専門知識と素養を修得できることから、特に将来において臨済宗寺院後継者となる方には、必ず当学科で学んでいただきたいと考えています。そのため、宗門や社会に貢献する人材を育成するプログラムが用意されており、所定のカリキュラムを履修すれば、卒業時には「臨済宗妙心寺派教師資格」を取得できます。

また、宗派によらず、広く仏教を学ぶ者にその門戸を開いており、これから僧侶となることを志す方に限らず、一般学生社会経験者、海外からの留学生などが多く在籍しており、さまざまな角度から共に学び高めあえる環境を用意しています。


特徴

当学科の科目には、文献研究から実習に至るまで多彩で特徴的な講座が数多く設けられており、国や思想の領域を超えて学びの世界を大きく拡げ、充実した教授陣のもと、仏教・禅を基礎から学び、歴史・思想・文化芸術など仏教・禅に関わる幅広い研究領域を、様々な角度から発展的に学んでいくことができます。

さらに、選択科目の中から定められた心理学科の主要授業20科目40単位の中から10単位までを仏教学科の単位として履修できる工夫がされています。

気脈の合う教授と徹底的なマンツーマンの接触が可能です。個性的、かつ国際的な教師が多士済々。専門にとらわれない主体的な展開も可能です。

1. 次代を担う宗門人の育成
宗門人に必要な知識・技術を身につける

臨済・黄檗二宗15派の宗門徒弟を育成し、現代社会に役立つ有能な人材を輩出することは、当学科の最も重要な使命です。次代を担う立派な僧侶としての素養を築くため、提唱と坐禅の実修から成る「実践禅学」、禅語の素読や禅の日常生活面を学べる「接心」、漢文や偈頌、禅の典籍を基礎から習得できる授業や、寺史の研究、法式や布教の実習など、他には全く無い特色有る講座が数多くそろっています。

禅を極めた「老師」と呼ばれる高僧から親しく学べる機会は得がたいものです。「本物」に触れ、人や寺院と貴重な縁を結べるのも当学科ならではの利点。これから専門道場で修行をする予定の方、既に一定の修行をされてきた方や住職や副住職になっている方、禅宗以外の宗派に属している方も学んでいます。もちろん、一般家庭から僧侶の道を志す方にも道が開かれています。

2. 国際交流の充実
海外研修を通じて国際的視点で学ぶ

禅は、欧米をはじめとする世界各国の人々から注目され、国や民族、宗教を超えて多くの人々に知られ、実践されています。いまや「禅(ZEN)」は世界共通語。禅を知ることは、国際人としての条件の一つでもあるのです。

本学科は世界の国々に展開する禅の実践・教育・研究といた各方面の機関と密接な関係をもっており、留学はもとより、海外における活動に参加、体験する機会も豊富に提供しています。学外研修を行い、実地に仏教や禅を学ぶ中で得た知識と体験により、広い視野と洞察力が身につきます。

語学研修先として、カナダ、オーストラリア、中国、韓国など、また、仏教研修先として、タイ国瞑想セミナー、国際ボランティア活動、インド仏跡セミナー、アメリカ禅センター研修などが用意されています。

3. 現代社会への対応
現代社会の諸問題に応える智慧を養う

現代の仏教者は、現代社会における多様な問題に如何に対応し、貢献するかが問われています。当学科の講座や活動を通じて、仏教文献を正しく読解し、禅の精神や生活、文化を学び、習得して、そこから得た智慧に基づき、実社会で活動し貢献するための知識と技術と行動力を養うことができます。

4.禅の文化芸術を学ぶ
幅広い研究領域から仏教を多角的に捉える

茶道、華道、書道、庭園、武芸など、禅に関わる伝統文化・芸術を、その道の家元や師範から直接学べます。中高年の方々も学生として学びに来られています。

京都には、多くの宗派の本山が集まっており、様々な伝統行事が今に承け継がれ、生きた仏教に触れることが出来ます。この地の利を生かして、幅広い歴史や文化、社会の動向を見据える眼を養いながら、アットホームな環境で、充実した学生生活を送ってください。


仏教学科 妙心寺派僧侶育成課程 大本山妙心寺

妙心寺派僧侶育成課程※妙心寺派の僧籍を持つ方限定の教育課程

先人達が残した多くの歴史遺産や、いまに息づく伝統文化に触れることができる京都。そして多くの雲水が今まさに修行を実践する京都は、僧侶をめざす学生にとって最高の学びの場です。その京都で、“ほんもの”の禅に触れながら、僧侶の営みに必要な実践力を磨く「妙心寺派僧侶育成課程」が誕生。かつて妙心寺般若林(僧侶たちの学舎)であった世界唯一の臨済禅の四年制大学・花園大学と、大本山妙心寺での学びを通して、これからの僧侶に求められる知識・経験・学問・スキルを修得する新課程がいよいよ始動します。


主な開講科目

必修科目 選択科目
【必修科目】
仏教とは何かⅠ・Ⅱ
禅とは何かⅠ・Ⅱ
仏教学の基礎知識Ⅰ・Ⅱ
実践禅学Ⅰ-Ⅰ・Ⅰ-Ⅱ
実践禅学Ⅱ-Ⅰ・Ⅱ-Ⅱ
接心Ⅰ・Ⅱ

【演習】
仏教学演習AⅠ〜V
仏教学演習BⅠ〜V

【卒業論文】
卒業論文

【講読】
漢文の基礎Ⅰ-Ⅰ・Ⅰ-Ⅱ
漢文の基礎Ⅱ-Ⅰ・Ⅱ-Ⅱ
日本の禅籍Ⅰ・Ⅱ
中国の禅籍Ⅰ・Ⅱ
漢詩入門Ⅰ・Ⅱ
[ 選択必修科目 ]
インド仏教の歴史Ⅰ・Ⅱ
仏教の美術Ⅰ・Ⅱ
仏教の教理(華厳と天台)Ⅰ・Ⅱ
仏教の論理(中観と唯識)Ⅰ・Ⅱ
中国の歴史と仏教Ⅰ・Ⅱ
中国禅宗の歴史Ⅰ・Ⅱ
日本禅宗の展開Ⅰ・Ⅱ
日本仏教の歴史Ⅰ・Ⅱ
栄西と道元Ⅰ・Ⅱ
東西の死生観Ⅰ・Ⅱ
近代の禅思想Ⅰ・Ⅱ
仏教哲学の世界観Ⅰ・Ⅱ
臨床死生学論Ⅰ・Ⅱ
禅宗日課経典の解説Ⅰ・Ⅱ
禅のことばⅠ・Ⅱ
欧米の禅事情Ⅰ・Ⅱ
法式実習Ⅰ・Ⅱ
教化実習
書式実習

[ 選択科目 ]
宗教学(専)
宗教史
哲学概論
仏教の戒律
倫理学(専)
サンスクリット語(初) 等

取得可能な資格・免許

中学校教諭一種免許状(宗教)・高等学校教諭一種免許状(宗教)・学校図書館司書教諭資格・社会教育主事任用資格・健康運動実践指導者受験資格・図書館司書資格・臨済宗妙心寺派教師資格など。


学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです