このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

卒業生の方

お知らせ

2018.04.25
卒業生の方 【卒業生・修了生・在学生の方へ】公認心理師受験資格について(2017年11月22日(水)更新)
2017.12.20
卒業生の方 【卒業生の方へ】年末年始の証明書発行業務について
2017.05.25
卒業生の方 同窓会理事会 開催

花園大学同窓会組織

会 長 嶺 興嶽
副会長 箕輪 良孝
副会長 河野 義方
監 事 植木 民雄
    永安 宣明

同窓会員総数 2017年5月現在  約22,328人
花園大学同窓会は、現在全国に43の支部と中国・韓国に支部があります

同窓会理事会

2017年5月25日に同窓会理事会が開催されました。

長年にわたりお勤めいただきました、
同窓会長 則竹秀南様、
副会長 足立禅英様が、ご退任のご挨拶をされ、
新たに、
同窓会長 嶺興嶽様
副会長 箕輪良良様、河野義方様がご就任されました。

例年通り、2016年度の事業報告と決算報告、
2017年度の事業案と予算案についても審議のうえ、承認されました。
下記の通り、ご報告いたします。

花園大学同窓会活動について

花園大学同窓会は全国の各支部主催での活動を行っています。
つきましては、各支部総会等の行事にふるってご参加いただきますよう
お願いいたします。

同窓会通信

通信内コーナー「お元気ですか」への投稿をご希望の方は、こちらから用紙をダウンロードいただき、内容をご入力のうえ下記アドレスまでメール又はFAXにてお送りください。

また、同窓会通信がお手元に届かない等、何かございましたらお気軽に下記までご連絡ください。

●転居された方は、住所変更届をご提出お願いいたします。
⇒ 「住所変更届」(PDF)[ 82KB ]

花園大学総務課 学外・地域連携
TEL:075-279-3630
FAX:075-823-2412(直通)
renkei@hanazono.ac.jp (@を半角にしてください)にお送りください。

同窓会支部総会及び関係行事

2017年度

  • 2017年4月22日  福岡支部総会
  • 2017年4月25日  大分支部総会
  • 2017年5月28日  南大阪支部総会
  • 2017年6月26日  佐賀支部総会
  • 2017年7月20日  兵庫東支部
  • 2017年9月  9日  信越支部
  • 2017年11月17日  三重県支部
  • 2017年11月25日  兵庫東支部

******************************************
■花園大学プレゼンツ■
「君の膵臓をたべたい」映画試写会 ⇒終了いたしました

主催:神戸新聞社 協力:東宝株式会社・OSシネマズ神戸ハーバーランド
協賛:花園大学・花園大学同窓会・花園大学同窓会兵庫東支部
2017年7月20日、高校生ペアまたは高校生と保護者のペア150組300名様をご招待し、OSシネマズ神戸ハーバーランドにて映画試写会を開催しました。

上映した映画は、7月28日全国ロードショーをひかえた「君の膵臓をたべたい」。
書籍が累計200万部突破、2016年度年間ベストセラー1位、2016年度本屋大賞第2位になった話題作。
来場者には、花園大学ガイドブックやオープンキャンパスの案内を配布、さらに上映前の時間を使い、ほぼ満席となった会場にて大スクリーンで花園大学のインフォメーションビデオを上映、続いて丹治学長が挨拶を行いました。
約2時間の上映後、感動のラストシーンに涙しながら、会場を後にする高校生たちの姿が印象的でした。
神戸近辺の高校生に、花園大学をアピールできたと思います。

「君の膵臓をたべたい」告知イメージ

2016年度

  • 2016年4月26日  大分支部総会
  • 2016年5月29日  信越支部総会
  • 2016年7月11日  佐賀支部総会 
  • 2016年9月13日  兵庫西支部総会 ※総長就任祝賀会
  • 2016年11月3日  兵庫東支部総会
    ※講演:元阪神監督 岡田彰布氏 (詳細はこちら(PDF)[ 2,285KB ]
    終了いたしました
  • 2016年11月12日  三重支部総会
  • 2016年11月22日  南大阪支部総会
    ※講演:池上彰氏 (詳細・申込みはこちら(PDF)[ 551KB ]
    終了いたしました

各種証明書等の発行について

窓口で申請する場合

  • 受付前・就職課前にある自動発行機にて「証明書交付願」を購入のうえ、学務課にて申請手続きを行ってください。
    自動発行機の取扱説明書は学務課にてお渡しします。  
  • 証明書の郵送をご希望の場合は、送料を可能な限り切手でご用意ください。
    料金は下欄「返信用封筒」記載の通りです。
    現金の場合は釣銭のいらないようご用意ください(財務課窓口でのお支払となります)
    なお、祝日や夏期・冬期休暇中は現金でのお取扱いができない場合があります。
  • 発行にはお申込日より2日要します(土日祝日、夏期・冬期休業中を除く)。
    即日発行はできません。
    学力に関する証明書、指定科目履修証明書、英文証明書は、発行に1週間程度要します。
  • 本人の申請を原則とします。
    代理人が申請する場合は、委任状と代理の方の身分証明書をご持参ください。
窓口業務時間 月~金9:00~11:30 12:30~17:00 土9:00~11:30 12:30~15:00

郵送で申請する場合

申請書到着の2日後に投函いたします(土日祝日、夏期・冬期休業中を除く)。
学力に関する証明書、指定科目履修証明書、英文証明書は、発行に1週間程度要します。

PDF形式の文書をご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない場合はこちらをクリックし、ダウンロードした後にご覧ください。

以下の項目を「証明書発行申請書」(印刷できない場合は任意の用紙)に記入し、発行手数料、返信用封筒と一緒に学務課証明書係まで郵送してください。

  1. 在籍時の氏名
    ※証明書は在籍時の氏名で発行します
    ※英文証明書を申請する場合はローマ字表記(パスポート記載の表記)も記入
  2. 生年月日
  3. 学生証番号(科目等履修生の方は履修生番号を記入のこと)
    ※わからない場合は入学年月を記入のこと
  4. 学部・学科/研究科・専攻
    ( 科目等履修生の方は「科目等履修」と記入、通信欄に在籍年度を記入のこと)
    ※記入された所属の証明書を作成します。
  5. 卒業/修了年月
  6. 連絡先(現住所・郵便番号・電話番号・在籍時より氏名の変更がある場合、現在の氏名)
    ※確実に連絡が取れる電話番号をご記入ください
  7. 送付先(連絡先と同じ場合は記入不要) ※原則、本人宛に限る
  8. 必要な証明書の種類と枚数
  9. 厳封の要(1部ずつ or 複数部まとめて)・不要
    ※記載がない場合は不要とみなします
  10. 証明書の使用目的・提出先

※学力に関する証明書を申請する場合は、以下の項目についても明記してください。
(1)学校種・教科(例:中学校一種・社会)
(2)本籍地(都道府県)
(3)科目等履修により必要単位を修得した場合は、その履修年度

申請書に同封するもの

  1. 発行手数料〔郵便定額小為替または現金書留〕(「証明書の種類と発行手数料」参照)
    ※定額小為替の場合、受取人欄等は未記入のままお送り下さい。
  2. 返信用封筒〔長形3号又は角形2号封筒・宛先記入済・切手貼付済〕(「返信用封筒」参照)

海外から申込まれる場合

発行手数料及び返送料については、国際返信切手券(International Reply Coupon)をご利用ください。
本券は日本で1枚130円になりますので、発行手数料、返送料の余剰分は日本切手で返却します。

証明書の種類と発行手数料

証明書の種類と発行手数料の表

※1 学部、大学院、科目等履修の成績証明書は、それぞれの発行となります。1枚にまとめて発行することはいたしません。

※2 社会福祉士・精神保健福祉士国家資格を受験される場合、1998(平成10)年以降に受験したことがある方については証明書を提出する必要がありません。
また、1998(平成10)年以降に大学一括申請(見込)で受験された方は、卒業後証明書を大学からセンターに送付していますので、改めて証明書を提出する必要はありません。詳細は社会福祉振興・試験センター発行の各「受験の手引き」をご参照ください。

※3 教員免許、学校図書館司書教諭、健康運動実践指導者受験資格、介護福祉士、認定心理士 、京都学

上表にない証明書は学務課までお問い合わせください。

返信用封筒

下表サイズの封筒に宛先記入済・切手貼付済のものをご用意ください。

返信用封筒サイズ表

※ 11部以上申請される場合は、返送料をお電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ・申込み先

花園大学 学務課 証明書係

〒604-8456   京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1
075-811-5181(代表)
075-823-0583(直通)


日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方へ

在学中に日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けていた方は、現在奨学金を返還されていることと思います。
奨学金は口座振替により返還することとなっていますが、日本学生支援機構によりますと、残高不足等により一部引き落としができない方がいるそうです。引き落としができないと、延滞となって、督促の連絡や個人信用情報機関へ報告される恐れがあります。

そのようなことがないように、口座の残高チェックをこまめに行うようにしてください。

万一、返還が困難となった場合は、返還期限猶予制度や減額返還制度などの仕組みがありますので、日本学生支援機構の相談窓口にお問い合わせください。ご相談の際には、奨学生番号が必要です。

すでに返還していたり、在学届の提出や返還期限猶予などの手続きを済まされている方は、特に手続き等は必要ありません。
平成28年度から各学校の貸与及び返還に関する情報が、日本学生支援機構のホームページ上で公開されることとなりました。
 奨学生であった皆様の奨学金の返還金は、次の奨学金の原資となります。本学としても、後輩学生のため、改めて皆様にお願いする次第です。

≪日本学生支援機構相談窓口≫

電話 0570-666-301
(海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話 専用ダイヤル 03-6743-6100)

詳しいことを知りたいときは、
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/index.html

ここからフッターメニューです