このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

吉永 純

教授

吉永 純
YOSHINAGA Atsushi

性別 男

社会福祉学部 社会福祉学科

専門分野

公的扶助論

研究領域・テーマ

貧困の現状と最低生活保障のあり方
生活保護の自立支援
生活保護争訟の現状と課題

略歴

〔学歴〕
1979年3月 京都大学法学部卒業
2005年3月 京都府立大学大学院博士前期課程修了
2010年3月 京都府立大学大学院博士後期課程修了
〔職歴〕
1982年4月 京都市役所就職
福祉事務所を中心に、生活保護ケースワーカー(12年6月従事)をはじめ、生活保護事務、生活保護監査、ホームレス支援、介護保険事務などに携わる。
2006年3月 京都市役所退職
2006年4月 花園大学社会福祉学部助教授
2007年4月 花園大学社会福祉学部准教授
2008年4月 花園大学社会福祉学部教授(現在に至る)
2017年4月 花園大学人権教育研究センター所長(現在に至る)

学位

博士(福祉社会学) 京都府立大学 2010年3月

所属学会

日本社会保障法学会
日本社会福祉学会
社会政策学会
貧困研究会

その他活動

全国公的扶助研究会会長
日本社会保障法学会 理事

主な授業科目

公的扶助論Ⅰ・Ⅱ
社会福祉学演習A
社会福祉学演習B
アカデミック・スキル
相談援助実習指導Ⅱ
相談援助演習Ⅱ

主な著書・論文等

『Q&A生活保護手帳の読み方・使い方』(編著)(明石書店、2017年11月)
『Q&A生活保護ケースワーク支援の基本』(共編著)(明石書店、2017年11月)
『生活保護「改革」と生存権の保障』(単著)(明石書店、2015年8月)
『いのちをつなぐ無料低額診療事業』(共編著)(クリエイツかもがわ、2015年10月)
『現代の貧困と公的扶助~低所得者に対する援助生活保護制度』(共編著)(高菅出版、2016年4月)
「稼働能力活用規定をめぐる法的課題」日本社会保障法学会編『社会保障法』第33号(法律文化社、2018年)
「生活保護裁決データベース」(http://sihodb.jp)(2017年4月開設、2019年1月更新)

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

貧困の拡大が明らかになる中で、その人らしい人生を保障するために社会保障や公的扶助(生活保護)の役割が問われています。
私は、福祉事務所での現場経験を生かし、健康で文化的な生活水準や、効果的な自立支援の方策、また生活保護審査請求や裁判の分析、検討を通じて、利用者本位の生活保護制度をいかにして構築するかを研究しています。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです