このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

生駒 孝臣

専任講師

生駒 孝臣
IKOMA Takaomi

性別 男

文学部 日本史学科

専門分野

日本中世史

研究領域・テーマ

中世武士論(畿内武士・武士団研究)
中世畿内政治史

略歴

1975年   三重県生まれ
2000年3月 名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程修了
2004年3月 関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学
2009年3月 関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了
2005年4月~2019年3月 大阪市史料調査会調査員
2019年4月 花園大学文学部専任講師(現在に至る)

学位

博士(歴史学) 関西学院大学 2009年3月
修士(文学)名古屋大学 2000年3月

所属学会

大阪歴史学会
日本史研究会
古代学協会
中世史研究会
織豊期研究会

その他活動

摂津市史執筆委員

受賞歴

なし

主な授業科目

中世史概説
戦国史研究Ⅰ・Ⅱ
日本政治史Ⅰ・2
日本史学講読Ⅱ-Ⅰ・Ⅱ-Ⅱ
日本史学演習AⅡ・BⅡ

主な著書・論文等

「後鳥羽院と承久京方の畿内武士」(野口実編『承久の乱の構造と展開』戎光祥出版、2019年4月)
「中世国家と畿内武士」(『日本史研究』第655号、2017年3月)
『楠木正成・正行』(単著)(戎光祥出版、2017年3月)
「楠木正成は、本当に〝異端の武士〟だったのか?」(呉座勇一編『南朝研究の最前線』洋泉社、2016年7月)
『中世畿内武士団と公武政権』(単著)(戎光祥出版、2014年9月)

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

中世(特に平安時代末期から南北朝時代にかけて)の畿内を拠点に活動した武士・武士団と、朝廷(公家)・幕府との関係について研究を進めています。現在は、鎌倉時代に東国から畿内や西国に移住した武士が、戦国大名・国衆として戦国時代まで生き残った歴史的背景を追究することに関心を持っています。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです