このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

日比野 実

教授

日比野 実
HIBINO Minoru

性別 男

文学部 日本文学科

専門分野

書作品制作指導
書写書道教育
中国書法史
日本書道史
書作品制作(かな)

研究領域・テーマ

古典に基づくかな作品の系譜と制作
京都における文字の変遷の研究
日比野五鳳研究

略歴

1978年3月 京都府立洛北高等学校卒業
1983年3月 同志社大学文学部文化学科哲学及び倫理学専攻卒業
1987年3月 佛教大学通信教育学部履修終了
1988年3月 京都教育大学附属高等学校非常勤講師(~1996年3月まで)
1992年4月 同志社大学文学部非常勤講師
1994年4月 龍谷大学文学部非常勤講師(~2000年3月まで)
2002年5月 花園大学文学部非常勤講師(~2014年3月まで)
2005年4月 京都府立大学文学部非常勤講師
2007年4月 京都大学文学部非常勤講師
2014年4月 花園大学文学部教授(現在に至る)

学位

同志社大学 学士(文学)1983年3月

所属学会

同志社哲学会(SPD)

その他活動

公益社団法人 日展会員(2011年5月~)
公益社団法人 日本書芸院常務理事・教養部長
公益社団法人 全日本書道連盟理事
読売書法会常任理事(審査進行・企画委員)
京都書作家協会副会長
書道水穂会副会長
京展(京都市主催)審査員
洛信会主宰  ほか

受賞歴

1988年10月 日展初入選(以後連続12回)
2000年10月 日展特選
2002年10月 日展再特選
その他、日本書芸院史邑賞、読売書法展読売新聞社賞、京展市長賞など多数

主な授業科目

書道実習(六)ⅠA・ⅠB
書道制作ⅡA・ⅡB
卒業制作

主な著書・論文等

『ニュークラシックシリーズ・日比野五鳳』(単著)・芸術新聞社
『神戸町五鳳記念美術館収蔵作品集』(単著)・岐阜県神戸町
『墨206号・かな古筆の臨書法』(単著)
『墨225号・筆の選び方・使い方』(共著) ほか

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

わたくしは、書道の指導者のかたわら現役の書作家でもあるため、指導も実作者として、とかくわかりにくいといわれる書芸術を平易に解説し、今の書の姿をダイレクトに伝えることを大切にしています。もちろん、歴史的な背景や過去の作家の人物像には深く迫る必要があり、文献の解読も当然必要となってきますが、研究者として書の世界を俯瞰するにも「書く能力」は無視できません。書道研究のはじめの一歩は、書作の技術を高めることと考えています。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです