このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

西谷 功

准教授

西谷 功
NISHITANI Isao

文学部 仏教学科

専門分野

仏教文化史
仏教美術史
寺院史

研究領域・テーマ

・中国宋元代と日本中世の仏教に関連する人的・文化史的交流の研究(東アジアからみた中世日本仏教の再検討)
・宗教的機能に着目した仏教美術(史)研究、仏教聖遺物・尊格の文化史的研究
・仏教儀礼史、寺院生活文化史、葬送文化史

略歴

2003年3月 龍谷大学大学院文学研究科仏教学専攻修士課程修了
2016年3月 大阪大学大学院文学研究科文化表現論・美術史学博士後期課程修了

2003年3月~11月 宗教法人泉涌寺 宝物資料室 宝物調査員
2003年11月 宗教法人泉涌寺 宝物館「心照殿」学芸員
2015年4月 龍谷大学文学部非常勤講師
2020年4月~2022年3月 花園大学文学部非常勤講師
2022年4月 花園大学文学部准教授

学位

大阪大学 博士(文学) 2016年3月
龍谷大学 修士(文学) 2003年3月
龍谷大学 学士(文学) 2001年3月

所属学会

戒律文化研究会
禅学研究会
日本佛教学会
仏教芸術学会
佛教史学会
密教図像学会
龍谷仏教学会

その他活動

受賞歴

2013年12月 佐和隆研学術奨励賞

主な授業科目

仏教学演習A IV・B IV
東アジアの仏教と歴史 I・II
禅思想史特殊研究(日本)
禅宗学特論
禅宗史研究演習1-I・1-II

主な著書・論文等

『南宋・鎌倉仏教文化史論』(単著)(勉誠出版、2018年2月)
「泉涌寺の諸儀礼から読み解く中世仏教の姿」(単著)(日本史研究725、2023年1月)
「唐宋代における仏牙舎利の〈発見〉―道宣伝持の仏牙を中心に―」(単著)(アジア仏教美術論集 東アジアIII、2021年3月)
「祖師像と宋代仏教儀礼―礼讃文儀礼を視座として―」(単著)(アジア仏教美術論集 東アジアIV、2020年12月)
「南宋仏教からみた鎌倉期戒律復興運動の諸相―「如法」の僧院生活と儀礼実践の視点から―」(単著)(唐招提寺の伝統と戒律、2019年5月)
など

研究業績

研究業績一覧を見る

学生諸君への
メッセージ
 東アジアの仏教文化史や仏教美術史などを研究しています。 とくに最近では、仏像や仏画・典籍などの仏教文物が、どのような理由で制作され、そして寺院内外の仏道実践や信仰においてどのような役割を果たし、また機能していたのか、に関心を持っています。 「京都に所在する大学」という地の利を活かした研究を心がけたいと思っています。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです
大学案内
学部・大学院
入試情報
学生生活
地域連携
進路サポート
付属機関
クイックリンク