文学部

文学部では、哲学・歴史・文学の方面から日本文化を繙いていきます。
そのことを通じて、日本文化の源であり現在も深い関わりをもつアジアの諸文化について追究。
さらには、世界の諸現象に対する理解力を深めることを目的としています。
また、社会での実践に役立つ様々な能力・資格を得るための講座など、カリキュラム編成に配慮しています。

基礎から応用へ

幅広い基礎学から深い専門領域まで、総合的な能力を確実に習得できるよう、多彩なプログラムを順序だてて用意しています。
学生諸君は、自らの好みや適性を確かめながら、専門の道を選択していくことが可能です。
また、専門以外の分野に対する応用力を身につける指導も行っています。

独自の講座・京都学

歴史、文学、そして仏教など、日本文化の根幹を形成しているのは京都であるといえるでしょう。
この京都にある大学として、その恵まれた環境を活かし、京都の育んだ文化を追究していくことを文学部のテーマとしています。これが“京都学”です。
京都学における研究や様々な出会いを通じて、豊かな人間性を養っていきます。

卒業後の進路

在学中に得た様々な知識や受験資格によって、多彩な選択が可能です。
さらに、本学部で養われた豊かな知性と人間性は、人生行路のどの場面においても大きな実りをもたらすことでしょう。

文学部の学科