花園大学

高校生の明日への一言コンテスト 結果発表

言葉には人を元気にする力があります。高校生のみなさんに、明日が元気になる一言を考えてもらい、次代を担うみなさんのポジティブな生き方を応援したい。
高校生「明日への一言」コンテストは、そんな想いのもと、6月1日から始まり、9月8日までの期間に北海道から沖縄にいたるまで、全国38都道府県の高校生のみなさんから両部門合わせて1082点の作品が寄せられました。
11月19日に最終選考および授賞式を開催し、一般審査員と特別審査員による厳正な審査の結果、両部門の最優秀賞1作品、優秀賞3作品、特別賞5作品、入選8作品が決定しました。
応募していただいた高校生のみなさん、ありがとうございました。次回のご応募もお待ちしています。

結果発表

「一言」部門

■最優秀賞

賞状・副賞(奨学金5万円)・記念品

別れ際に、「またあした」の声が揃った。別れ際に、「またあした」の声が揃った。

山本 亜侑
神戸女学院高等学部2年生

■優秀賞

賞状・副賞(奨学金3万円)・記念品

「もうちょっと前へ、あとちょっと前へ。」「もうちょっと前へ、あとちょっと前へ。」 平田 桃夕
淑徳高等学校1年生
「無駄じゃないムダがあるんだ!!。」「無駄じゃないムダがあるんだ!!。」 鈴鹿 彩貴
智辯学園奈良カレッジ高等部1年生
「歩いてみよう、道は後からできる。」「歩いてみよう、道は後からできる。」 吉井 豊
初芝富田林高等学校1年生

■特別賞

賞状・副賞(図書カード1万円)・記念品

「明日があるのは、今を生きているから」「明日があるのは、今を生きているから」 川村 祐真
京都府立宮津高等学校3年生
「チャンスはいつでも。挑戦は今。」「チャンスはいつでも。挑戦は今。」 鈴木 彩香
三重県立北星高等学校3年生
「悩むことは今より成長したい証」「悩むことは今より成長したい証」 岡﨑 友紀
京都府立京都八幡高等学校3年生
「明日は、どんな自分と出会えるのだろうか」「明日は、どんな自分と出会えるのだろうか」 鳴海 光樹
京都府立園部高等学校3年生
「大丈夫、もっと凄いこと超えてきた。」「大丈夫、もっと凄いこと超えてきた。」 長田 さくら
天王寺学館高等学校1年生

■入選

賞状・記念品

「ありがとうの輪、優しさは巡り巡る。」「ありがとうの輪、優しさは巡り巡る。」 山田 龍之介
星陵高等学校2年生
「あの子の好きなバンド、テレビ出てたな。」「あの子の好きなバンド、テレビ出てたな。」 大谷 朱音
兵庫県立神戸高塚高等学校2年生
「私がいるから大丈夫。君は一人じゃないよ。」「私がいるから大丈夫。君は一人じゃないよ。」 山根 風花
兵庫県立西宮北高等学校1年生
「誰かが背中を押してくれる」「誰かが背中を押してくれる」 金居 ほの香
ノートルダム女学院高等学校2年生
「目標と挑戦は、夢を叶えるための原材料」「目標と挑戦は、夢を叶えるための原材料」 村石 一歩
クラーク記念国際高等学校
浜松キャンパス3年生
「未来予知したけど、明日の占い1位やったで」「未来予知したけど、明日の占い1位やったで」 沼田 悠吾
京都府立南丹高等学校2年生
「無理と決めつけられ私は出来ると決めつけた」「無理と決めつけられ私は出来ると決めつけた」 小幡 怜央
岡山県立玉島高等学校1年生
これは俺の物語だ!これは俺の物語だ! 中山 弘毅
天王寺学館高等学校1年生

「一言」書道部門

■最優秀賞

賞状・副賞(奨学金5万円)・記念品

  • 今を喜ぶ笑顔が次の幸せを連れてくる。

    張 馨悦
    親和女子高等学校
    2年生

■優秀賞

賞状・副賞(奨学金3万円)・記念品

  • わたしが司令塔

    鵜川 美優
    京都府立亀岡高等学校
    2年生

  • 笑ってゆこう

    堀 嶺子
    大阪府立咲洲高等学校
    3年生

  • 日々面白く。

    松尾 樹羅
    兵庫県立伊丹北高等学校
    3年生

■特別賞

賞状・副賞(図書カード1万円)・記念品

  • 前進君の勇気が明日への第一歩

    山添 彩華
    徳島県立名西高等学校
    3年生

  • あんたらしくそのままでええよ。

    吉本 真由
    徳島県立名西高等学校
    3年生

  • 前進も後退も停滞もあって今のボクがいる。

    水澤 佑香
    親和女子高等学校
    2年生

  • 言わんかったら伝わらん

    廣田 麻衣
    大阪府立枚方なぎさ
    高等学校3年生

  • 飛べ!跳べ!上を見上げて

    岡村 美月
    兵庫県立伊川谷
    高等学校3年生

■入選

賞状・企業賞(賞品)・記念品

●鳩居堂賞
  • 成長した自分に明日、会いに行こう

    山下 千波
    大阪府立東百舌鳥
    高等学校2年生

  • もう一回やってみるわ

    藤原 綾
    兵庫県立伊丹北
    高等学校2年生

●呉竹賞
  • 今日倒れたのなら明日立ち上がればいい。

    高田 楓果
    親和女子高等学校
    2年生

  • 今しかできないことを

    仲村 シルレイ
    大阪市立桜宮高等学校3年生

●香雪軒賞
  • 結果より挑戦した事が自分の誇り

    八木 遥
    京都聖母学院
    高等学校1年生

●松楳園賞
  • 部活終わり振り向きざまに砂落ちる

    佐藤 由佳
    大谷高等学校
    1年生

●津久間賞
  • 明日は夢への第一歩

    池田 詩
    東大谷高等学校
    3年生

●龍枝堂賞
  • 失敗があったから成功がある

    山﨑 結帆
    花園高等学校
    1年生

特別審査員

  • 「一言」部門
    丹治光浩(花園大学学長、審査員長)
    三田真史(京都新聞社 編集局 文化部長・論説委員)
    松田隆行(花園大学文学部長)
    橋本和明(花園大学社会福祉学部長)
  • 「一言」書道部門
    真神巍堂(花園大学客員教授・日展会員(書) )
    森田彦七(花園大学文学部教授・日展会員(書) )
    日比野実(花園大学文学部教授・日展会員(書) )
    下野健児(花園大学文学部教授 書道コース主任)

主催

花園大学、京都新聞

後援

京都府教育委員会、京都市教育委員会、株式会社PHP研究所、
鳩居堂、株式会社呉竹、香雪軒、(株)松楳園、津久間、
株式会社墨運堂、龍枝堂

お問い合わせ先
花園大学「明日への一言」コンテスト係
TEL.075(823)0588

Copyright © Hanazono University. All Rights Reserved.