花園大学

第3回高校生 明日への一言コンテスト

言葉には人を元気にする力があります。高校生のみなさんに、明日が元気になる一言を考えてもらい、次代を担うみなさんのポジティブな生き方を応援したい。
高校生「明日への一言」コンテストは、そんな想いのもとに始まり、このたび第3回を終了することができました。
6月1日から9月7日までの期間に、全国の高校生のみなさんから一言部門781点、書道部門301点両部門合わせて1,082点の作品が寄せられました。
11月18日に最終選考および授賞式が行われ、来場者と特別審査員による厳正な審査の結果、「一言」部門の最優秀賞から入選までの各賞が決定しました。「一言」書道部門では事前審査で選ばれた入賞作品を発表・表彰しました。
応募していただいた高校生のみなさん、ありがとうございました。

結果発表

「一言」部門

■最優秀賞

賞状・副賞(奨学金5万円)・記念品

「一秒の勇気か、一生の後悔か、」「一秒の勇気か、一生の後悔か、」

横山 雄飛
常翔学園高等学校2年生

■優秀賞

賞状・副賞(奨学金3万円)・記念品

「あと一回しかない。いやあと一回もある。」「あと一回しかない。いやあと一回もある。」 岡崎 瑠奈
広尾学園高等学校1年生
「失敗するのは、挑戦している証。」「失敗するのは、挑戦している証。」 坂上 夢
同志社国際高等学校3年生
「こんにちは!君のヒーローです!」「こんにちは!君のヒーローです!」 山根 風花
兵庫県立西宮北高等学校2年生

■特別賞

賞状・副賞(図書カード1万円)・記念品

「負けてたまるか、今の私に!」「負けてたまるか、今の私に!」 石田 翼
京都翔英高等学校2年生
「今日の小さな幸せは明日の誰かの大きな幸せ」「今日の小さな幸せは明日の誰かの大きな幸せ」 林 瑞希
滋賀県立草津東高等学校3年生
「「ありがとう、ごめんなさい」は魔法の言葉」「「ありがとう、ごめんなさい」は魔法の言葉」 奥平 沙希
仁川学院高等学校1年生
「人と比べなくていい。あなただけの宝物。」「人と比べなくていい。あなただけの宝物。」 瀬川 芽生
神戸市立須磨翔風高等学校2年生
「一歩ずつゆっくりと、前へ進もう!」「一歩ずつゆっくりと、前へ進もう!」 藤川 亜弥斗
大阪府立茨田高等学校2年生

■入選

賞状・記念品

「今の一歩が未来に繋がる大事な一歩」「今の一歩が未来に繋がる大事な一歩」 原田 采音
兵庫県立氷上高等学校2年生
「すべては自分のために起こること。」「すべては自分のために起こること。」 岡村 朱莉
京都府立網野高等学校3年生
「人生には逃げる勇気というのもあるものだ」「人生には逃げる勇気というのもあるものだ」 外谷 穂佳
大阪高等学校1年生
「毎日が思い出の1ページ」「毎日が思い出の1ページ」 森 莉奈
滋賀県立愛知高等学校2年生
「今日の後悔より、明日への希望を語りたい。」「今日の後悔より、明日への希望を語りたい。」 木村 真悠
滋賀県立愛知高等学校2年生
「嫌われる勇気」「嫌われる勇気」 新開 歩夏
兵庫県立湊川高等学校2年生
「明日の記録のために、今日を練習を頑張る」「明日の記録のために、今日を練習を頑張る」 白井 蒼眞
兵庫県立三木高等学校2年生

「一言」書道部門

■最優秀賞

賞状・副賞(奨学金5万円)・記念品

  • 勇気 あなたの言葉で広がる笑顔の輪

    笠井 柚季
    徳島県立名西高等学校
    2年生

■優秀賞

賞状・副賞(奨学金3万円)・記念品

  • 休むのも努力の一つだ。

    松本 美羽
    親和女子高等学校
    1年生

  • 毎日笑顔で

    松永 彩
    大阪府立美原高等学校
    3年生

  • たかが一歩 されど一歩

    弓木 大和
    京都市内私立高等学校
    1年生

■特別賞

賞状・副賞(図書カード1万円)・記念品

  • 生きてるだけで凄い

    栗山 詩歩
    大阪府立吹田高等学校
    3年生

  • ただがむしゃらに

    秦 優稀乃
    大阪府立八尾高等学校
    3年生

  • 無我夢中 駆けだせ!

    祝 えりか
    親和女子高等学校
    2年生

  • 生きている事に感謝できる人が真の強者

    新名 悠生
    滋賀県立栗東高等学校
    2年生

  • 稽古しろ 悔しかったら

    有馬 直哉
    大阪府立枚方なぎさ
    高等学校
    3年生

■入選

賞状・企業賞(賞品)・記念品

●鳩居堂賞
  • ひとこと笑顔でありがとう

    駿河 葵
    兵庫県立香寺高等学校
    2年生

  • 光がある方に向かって

    宮本 真帆
    花園高等学校
    1年生

●呉竹賞
  • 今あるもの全ては一から始まったもん

    山本 瑞葵
    京都府立南丹高等学校
    3年生

  • 辛い過去があるから今私は頑張れる

    下川 幸恵
    兵庫県立香寺高等学校
    1年生

●香雪軒賞
  • 「大丈夫?」の三文字で救われる命

    中川 真唯
    大阪府立吹田高等学校
    3年生

●松楳園賞
  • 行くとこ行けて

    横田 ひな
    大阪府立東百舌鳥
    高等学校
    3年生

●津久間賞
  • あと少しだけ頑張ってみよう

    植月 優衣
    兵庫県立香寺高等学校
    2年生

●龍枝堂賞
  • スマホは麻薬 中毒性がある

    柳川 美優
    大阪府立枚方なぎさ
    高等学校
    2年生

特別審査員

  • 「一言」部門
    丹治光浩(花園大学学長、審査員長)
    三田真史(京都新聞社 編集局 文化部長・論説委員)
    佐々木閑(花園大学文学部長)
    橋本和明(花園大学社会福祉学部長)
  • 「一言」書道部門
    真神巍堂(花園大学客員教授・日展会員(書) )
    森田彦七(花園大学文学部教授・日展会員(書) )
    日比野実(花園大学文学部教授・日展会員(書) )
    下野健児(花園大学文学部教授 書道コース主任)

主催

花園大学、京都新聞

後援

京都府教育委員会、京都市教育委員会、株式会社 PHP研究所
鳩居堂、株式会社 呉竹、香雪軒、(株)松楳園、津久間、株式会社 墨運堂、龍枝堂

お問い合わせ先
花園大学「明日への一言」コンテスト係
TEL.075(823)0588

Copyright © Hanazono University. All Rights Reserved.