このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

安田 三江子

教授

安田 三江子
YASUDA Mieko

性別 女

社会福祉学部 社会福祉学科

専門分野

社会政策
女性労働論
女性企業家論

研究領域・テーマ

社会福祉政策(サービス)のモジュール化とそこから生じる諸問題
ダイバーシティー(多様性)をいかに生きるか(現代の男性問題と女性問題)
新しい社会政策の役割
福祉現場における生活支援の重要性
社会福祉相談援助演習・実習

略歴

1996年3月 法政大学大学院社会科学研究科経済学専攻博士課程単位取得終了
1996年4月 花園大学社会福祉学部専任講師
2002年4月 花園大学社会福祉学部助教授
2007年4月 花園大学社会福祉学部准教授(現在に至る)

学位

修士(経済学)立教大学 1987年3月
学士(家政学)日本女子大学 1985年3月

所属学会

社会福祉学会
社会政策学会
地域福祉学会
組織学会
司法福祉学会
児童養護実践学会

その他活動

京都市女性協会理事
公益財団法人京都市男女共同参画推進協会理事
社会福祉法人大和育成園 第三者委員
伊ppン社団法人京都手をつなぐ育成会 小規模作業所"七"苦情解決第三者委員

主な授業科目

社会政策論Ⅰ・Ⅱ
女性労働論Ⅰ・Ⅱ

主な著書・論文等

「仕事の魅力と女性労働」(単著)(『福祉と人間科学』17号、花園大学社会福祉学会、2007年3月)
「経営学から学ぶ」(単著)(『福祉と人間科学』18号、花園大学社会福祉学会、2008年3月)
「『できる』人に仕事は集まるが、『消えゆく人』も仕事をする」(単著)(『人権教育研究』第17号、花園大学人権教育センター、2009年3月)
「障害者が少なく、働く障害者が多い、日本における人びとの働き方」(単著)(『人権教育研究』第18号、花園大学人権教育センター、2010年3月)
「社会福祉実習から考える『評価』『記録』『福祉で働きたい学生』の関係性」(単著)(『福祉と人間科学』20号、花園大学社会福祉学会、2010年3月)
「花園大学における社会福祉実習の概要と実習評価票の実情」(共著)(『花園大学社会福祉学部研究紀要』第18号、2010年3月)

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

男性にとっても、女性にとっても、ワーク(仕事)とライフ(生活)は対立するものではなく、本来、愛情で結ばれるものです。
そこからよい仕事と生活が生まれてきます。福祉現場においても、利用者と職員、そして、サービスの展開を担う行政が、愛情で結ばれたら、利用者、職員、市民、みな光輝き、強い「現場」が生まれると思います。
どうしたら、そのようなことが可能となるか。研究という方法を使い、この課題に取り組んでいきたいと考えています。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです