このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

曽根 誠一

教授

曽根 誠一
SONE Seiichi

性別 男

文学部 日本文学科

専門分野

中古(平安時代)文学

研究領域・テーマ

『竹取物語』を主とした物語構造の解明
「初期百首」の和歌表現
小澤蘆庵「写本家集」等にみる「平安期家集」の江戸時代受容

略歴

1976年3月 中央大学大学院文学研究科修士課程修了
1981年3月 中央大学大学院文学研究科博士後期課程退学
1981年4月 九州女子大学文学部専任講師
1985年4月 九州女子大学文学部助教授
1987年4月 花園大学文学部専任講師
1989年4月 花園大学文学部助教授
1998年4月 花園大学文学部教授(現在に至る)
1999年4月~2001年3月 花園大学学生部長
2006年4月~2008年3月 花園大学文学部長
2010年4月~2017年3月 花園大学図書館長

学位

修士(文学)中央大学 1976年3月

所属学会

中古文学会
全国大学国語国文学会
解釈学会(委員)
日本文学協会

主な授業科目

日本文学概論Ⅰ・Ⅱ
中古文学研究Ⅰ・Ⅱ
日本文学講読Ⅱ―Ⅰ・Ⅱ-Ⅱ
日本文学演習AⅡ―Ⅰ・AⅡ―Ⅱ
日本文学演習BⅡ―Ⅰ・BⅡ―Ⅱ

主な著書・論文等

『知の遺産 竹取物語の新世界』(共編著)(武蔵野書院、2015年10月)
「入江昌喜と「旧本」「古本」家集・再説―関西大学図書館蔵『歌仙家集』による再検討―」(単著)(解釈 第54巻9・10号、2008年9月)
「『異名分類抄』の基礎的考察」(単著)(古代中世文学論考 第23集、2009年10月)
「『とりかへばや』権大納言の左大臣昇任の論理―兄右大臣越階の政治性―」(単著)(古代文学研究 第二次第18号、2009年10月)
「『竹取物語』絵の配列と多義性―逸翁美術館本と諏訪市博物館本の比較を通して」(花園大学日本文学論究第4号、2011年12月
「「石上麻呂足の転落」の条・再読」(花園大学日本文学論究第5号、2012年12月)

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

古くさいという先入観のある「古典文学」も、原文で読んでみると、思いがけない気づき、発見があります。その体験を是非していただきたいと思っています。
よくご存知のかぐや姫は、なぜ竹取の翁のところにやって来たのでしょうか。実は、かぐや姫は月の都で「罪」を犯したために、月の都を追放されたのです。では、翁の家で、どのようにして「罪」を償ったのでしょうか。この続きは、講義でお話します!

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです