このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

新間 水緒

教授

新間 水緒
SHIMMA Mio

性別 女

文学部 日本文学科

専門分野

日本文学

研究領域・テーマ

平安時代末~室町時代の文学作品の研究
特に、平安時代末~室町時代の説話文学の研究

略歴

1980年3月 京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
1987年4月~1989年3月 大谷大学特別研修員
1990年4月 花園大学文学部助教授
1997年4月 花園大学文学部教授(現在に至る)

学位

博士(文学)京都大学 2009年3月
修士(文学)京都大学 1977年3月
学士(文学)京都大学 1975年3月

所属学会

仏教文学会
説話文学会
中世文学会

主な授業科目

日本文学講読Ⅲ-Ⅰ・Ⅲ-Ⅱ
日本文学演習AⅢ-Ⅰ・AⅢ-Ⅱ
中世文学研究Ⅰ・Ⅱ

主な著書・論文等

『神仏説話と説話集の研究』(単著)(清文堂出版、2008年3月)
「空也説話の展開―空也と松尾明神―」(『説話論集』第11集所収、清文堂出版、2002年8月
「物語と社寺―中宮物語絵巻の理解のために―」(『中宮物語の研究』所収、臨川書店、2006年4月)
「八幡宮縁起類と八幡愚童訓甲本について」(「花園大学文学部紀要」第40号、2009年3月)
「『宇治拾遺物語』の「京」と「田舎」」(「花園大学日本文学論究」第4号、2010年12月)

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

学生の皆さんに、中世文学や説話文学のおもしろさを伝えたいと思っています。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです