このページの先頭です
ここからヘッダーメニューです
このページの本文へ移動
ここから本文です

学部・大学院

教員詳細

森田 彦七

教授

森田 彦七
MORITA Hikoshichi

性別 男

文学部 日本文学科

専門分野

書作品制作指導、書写書道科教育、中国書法史、日本書道史、篆刻学の研究、書作品制作漢字

研究領域・テーマ

漢字制作の道、文房四宝の研究、新出土文字の研究、西冷印社の研究、篆刻技法の研究、印の歴史研究

略歴

1967年3月 私立天理中学校卒業
1970年3月 私立天理高等学校卒業
1974年3月 花園大学卒業
1986年3月 奈良教育大学大学院教育学研究科美術学専攻修士課程修了
1974年4月 私立天理高等学校第2部(芸術科書道担当)
1989年1月 書法研究 雪心会事務局長
1990年3月 中国上海復旦大学国際交流学院短期留学書法研修団参加
1991年3月 中国上海復旦大学国際交流学院短期留学書法研修団参加
1992年4月 天理大学文学部非常勤講師
1993年3月 中国上海復旦大学国際交流学院短期留学書法研修団参加
1993年4月 奈良大学文学部非常勤講師
2000年4月 天理看護学院講師(~2009年3月まで)
2002年4月 天理高等学校第1部講師(~2009年3月まで)
2012年3月 天理高等学校第2部 定年退職
2015年4月 花園大学文学部教授(現在に至る)

学位

修士(教育学)奈良教育大学 1986年3月

所属学会

奈良県高等学校書道教育研究会

その他活動

公益社団法人 日展 五科書 会員(2013年5月~)
読売書法会 常任理事
公益社団法人 日本書芸院 常務理事・会報出版部長
奈良県美術人協会 会員
書法研究 雪心会 副理事長兼事務局長
奈良県展招待作家
天理書会 会長兼実行委員長
一心会主宰

受賞歴

1982年10月 日展初入選(以後6回入選)
1991年10月 日展特選「杜牧詩」(1回目)(以後13回連続入選)
2005年10月 日展特選「韓愈詩」(2回目)
2007年10月 日展委嘱会員
2012年10月 日展審査員
2013年 5月 日展会員
2017年10月 日展審査員(1回目)
1989年 8月 読売書法展 読売新聞社賞
1990年 8月 読売書法展 読売新聞社賞
1988年 3月 日本書芸院大賞
1976年11月 奈良県展知事賞
1981年11月 奈良県展文部大臣賞

主な授業科目

書道 卒業制作
書道 卒論指導
書道実習(一)ⅠA・ⅠB
書道制作ⅠA・B
書道科教育法

主な著書・論文等

1992年 1月~ 月刊書道雑誌『雪心』篆刻講座担当
2008年 7月  古代文字練習帳(筆順作成担当)[筑摩書房]
2014年12月  書道雑誌『墨』No.231 北魏の楷書担当

研究業績

研究業績一覧をみる

研究者からの
メッセージ

書は書き手の心を反映するものである。それゆえに芸術としての可能性がある。とくに芸術性豊かな書は、高い鑑賞眼と鋭い感受性、さらに十分習練された表現技法によって生まれる。また、見る目と感受性はその人の生来の才能によるところもあるが、書の才能の予見は、書の場合とくに難しい。
私の体験上、書はある時期に至って急に上達することが多々見られた。従って書を学ぶ者は、よいお手本をまずはまねるところから経験を積んでいく。そしてできるだけ眼界と知識を広める努力が肝要である。実用的な書を目指すのみであれば書法をしっかり守り習熟すれば十分である。しかし芸術として書を高めていくのであれば、それを基盤とし、さらに古典研究をしなければならない。
もちろんこれが最終の目標ではない。目標は、自分自身の書風の完成確立にある。これが書の道である。

学部・大学院

文学部
社会福祉学部
大学院
基礎教育科目
生涯学習・科目等履修生制度
ここからフッターメニューです