人権教育研究センター

センター報『人権教育研究センター報』 31号~40号

 

第31号(2007年12月発行) 「第21回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
幸せになりたいなら / 阿部 浩三(花園大学学長)

[第1特集]第21回花園大学人権週間
前夜祭 映画「サン・ジャックへの道」
自分をみつめる…。座禅もいいけど、巡礼もいかが? / 藤原  潤(国際禅学科1回生)
講師の先生方への事前学習
・岩城あすかさん 「自分というものをまずはきちんと持つこと」 / 篠原 貴史(臨床心理学科1回生)
・湯浅  誠さん「現代の貧困―生活困窮フリーター 問われる社会の責任」   / 富岡 優太(臨床心理学科1回生)
・徳永 瑞子さん 「アフリカのエイズ問題を考える」  / 金野 哲哉(社会福祉学科2回生)

[第2特集]「沖縄からの反撃」の現場をあるく ―有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート6)―
夏季現地考察報告
満月の光に照らされ、米軍ヘリが飛ぶ!? / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
参加者の感想レポート
・オキナワの声 / 石倉 英夫(教務課員)
・離れた島の出来事 / 勝原  駿(福祉心理学科4回生)
・禁断の沖縄 / 徐  銀桂(国際禅学研究所客員研究員)
・沖縄の米軍基地と柏崎刈羽原発 / 中尾 良信(文学部教授)
・沖縄の記憶/ヤマトの忘却 / 堀江 有里(非常勤講師)
・沖縄に学ぶ / 宮川 知子(社会福祉学科卒業生)
・チムグルシィ・ウチナー(肝苦しい沖縄)―抑圧移譲の現場に立つ― / 八木 晃介(文学部教授)
・どう未来につながっていくのか / 安江 悠可(社会福祉学科2回生)
・「戦争」と闘う島~日本が見せない「沖縄」~ / 吉田 泰輔(国文学科5回生)
[現地特別講演]
2007・教科書検定問題をめぐる沖縄世論を考える / 石原 昌家(沖縄国際大学教授)

広島・大久野島等<冬季フィールドワーク>報告
・原子力という力 / 金野 哲哉(社会福祉学科2回生) 
・被害者と加害者―忘れられない歴史 / 関   麗(福祉心理学科4回生)
・知らないことと知っていることの差 / 徐  銀桂(国際禅学研究所客員研究員) 
・広島に同居する毒ガスと原爆 / 中尾 良信(文学部教授)
・あらためて思うもの / 安江 悠可(社会福祉学科2回生)

京都・舞鶴引揚記念館<春季フィールドワーク>報告
・舞鶴~引揚記念館~ / 篠原 貴史(臨床心理学科1回生)
・「待つ」ことの意味 ―「岸壁の母」から / 堀江 有里(非常勤講師)
・舞鶴から何を学べるか~引揚記念館に残る悲喜~ / 吉田 泰輔(国文学科5回生)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(9)
当事者から学ぶ / 廣瀬 明彦(社会福祉学部准教授)

編集後記

 

第32(2008年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
「ねがい」 / 阿部 浩三(花園大学学長)

人権教育研究センターへのお誘い
わたしのおもい、あなたのおもい / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権I-1 障害児の教育権 / 藤井  渉(非常勤講師)
・人権I-2 在日外国人と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-5 障害者の機会平等と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-3 ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権I-4 女性から見た現代社会と人権 / 木村 和世(非常勤講師)
・人権I-6 「衆生権」 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7 脳死・臓器移植からみた医療倫理と人権 / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-8 差別問題の社会学 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-8 部落問題の社会学 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-1 仏教と部落問題 / 中尾 良信(文学部教授)
・人権II-2 部落問題各論 / 西田 英二(非常勤講師)
・人権II-7 部落問題総論 / 西田 英二(非常勤講師)
・人権II-3 セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4 「言論の自由」ということ / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権II-5 教科書に書いていない歴史を学ぼう / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
・人権II-6 「衆生権」 / 島崎 義孝(非常勤講師)

「主張」のためのエッセー集
・「知ること」からはじまる大学生活 / 石倉 英夫(教務課員)
・遠いハナシ、近い / 河野 秀忠(非常勤講師)
・基地と隣り合わせの生活 / 佐原 多美(人権研センター事務職員)
・釣りと人権 / 篠原 友実(事務局長)
・およそ鐘は黄色鐘なるべし・・・ / 島崎 義孝(非常勤講師)
・応益負担廃止論は一致した意見か / 愼  英弘(非常勤講師)
・社会福祉の勉強と実習 / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・― 地方から ―  / 廣瀬 明彦(社会福祉学部准教授)
・新たなる“3こう”の時代へ / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
-“考” “交” “耕”をもたらす「手学問のすゝめ」-
・障害者が旅行に参加するには / 藤井  渉(非常勤講師)
・社会運動の困難と可能性 / 堀江 有里(非常勤講師)
・やさしくされると涙が出てしまう・・・だから心を開かない  / 松竹 寛幸(非常勤講師)
・煽られない人間になるために / 丸山 顕徳(文学部教授)
・「生きる」  「知る」 / 森本 泰弘(図書館課員)
・「沖縄の靖国化」という思想 / 八木 晃介(文学部教授)
・「しゃーないやん」と「まあ、いっか」から、始まる未来  / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・過去・現在・未来の子どもたち / 吉田 智弥(人権研センター委嘱研究員)
・究極の貧困 ―「野宿者」 / 吉永  純(社会福祉学部教授)
~書評 生田武志『ルポ最底辺 ~不安定就労と野宿』(ちくま新書)
・障がい者の近くに立っているあなたへ / 脇中  洋(非常勤講師)
・外国に暮らす / 小田川華子(人権研センター委嘱研究員)

07年度卒業生から08年度新入生へ
・知ることから / 勝原  駿(福祉心理学科卒業生)
・ご縁を結んで来た皆さんへ / 関   麗(福祉心理学科卒業生)
・本当の自分を見つけ出す / 周  永芬(福祉心理学科卒業生)
・新入生のみんなへ / 西宮  妙(福祉心理学科卒業生) 
・何でこの大学に来たの? / 吉田 泰輔(国文学科卒業生)

第21回花園大学人権週間報告
いのちをつなぐ / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

姫路〈秋季フィールドワーク〉報告
・かわと自分たちの生活 / 金野 哲哉(社会福祉学科3回生)
・伝統から今を考える / 勝原  駿(福祉心理学科卒業生) 
・革なめしの現場から / 成岡あゆみ(史学科4回生)
・そこにある生活と“におい” / 堀江 有里(非常勤講師)
・乳白色の柔軟な皮 / 八木 晃介(文学部教授)  
・皮革の街 / 吉田 泰輔(国文学科卒業生)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(10)
学生の心に火をつける。学生から大学活性化案を提案!
/ 山中 昌幸(就職課カウンセラー・非常勤講師)

編集後記

 

第33号(2008年12月発行) 「第22回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
転ぶ羊 / 阿部 浩三(花園大学学長)

[第1特集]第22回花園大学人権週間
前夜祭
冬のダンス祭 / 金野 哲哉(社会福祉学科3回生)
講師の先生方への事前学習
・冨田 貴史さん 「つながるすべてのいのちのため」 / 成岡あゆみ(史学科4回生)
・谺  雄二さん「未来の語り部として~ハンセン病の歴史と今後に向けて~」   / 倉田 拓美(臨床心理学科1回生)
・小波津正光さん 「笑いのエネルギーに魅せられて」  / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

[第2特集]「沖縄からの反撃」の現場をあるく ―有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート7)―
夏季現地考察報告
愛する沖縄へ / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
参加者の感想レポート
・現地に触れること / 池田 智子(臨床心理学科1回生)
・沖縄教科書検定問題 / 石倉 英夫(教務課員)
・エゴイスティック / 井野  瞳(史学科4回生)
・自然な自然がある場所 / 金野 哲哉(社会福祉学科3回生)
・二度目の沖縄と、米軍基地 / 倉田 拓美(臨床心理学科1回生)
・沖縄――風景の裏側 / 関   麗(福祉心理学科卒業生)
・さとうきびの味 / 小鯛 美香(社会福祉学科卒業生)
・「座るしかない」 / 里中えつ子(人権研センター受講生)
・私たちの周りに今まだ戦争が起こっている / 周  永芬(福祉心理学科卒業生)
・沖縄夏季現地考察 / 高橋  愛(社会福祉学科3回生)
・私の見た沖縄 / 谷澤 嘉信(福祉心理学科3回生)
・語り部が消える日 / 中尾 良信(文学部教授)
・沖縄現地考察で考えたこと / 森本 泰弘(図書館課課員)
・日常の非日常化、非日常の日常化 / 八木 晃介(文学部教授)
[現地特別講演]
沖縄戦体験をめぐる今日的問題 / 石原 昌家(沖縄国際大学教授)

「主張」のためのエッセー集
・社会科学的視点をもて / 小田川華子(人権研センター委嘱研究員)  
・死ぬな、殺すな!と言葉にしたい。 / 河野 秀忠(非常勤講師)
・釣りと人権 その2 / 篠崎 友実(事務局長)
・ボクラも懸命に生きている / 島崎 義孝(非常勤講師)
・障害者排除の裁判員制度 / 愼  英弘(非常勤講師)
・赤ちゃんポストの功罪 / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・不幸のお知らせ  / 中尾 良信(文学部教授)
・「独りで死ぬ」ということ / 根本 治子(非常勤講師)
・優生政策は克服できたのか? / 藤井  渉(非常勤講師)
・長舌義考-パブリックとプライベート- / 丸山 顕徳(文学部教授)
・悪党からみたいま / 森本 泰弘(図書館課員)
・「誰でもよかった」言説への想像 / 八木 晃介(文学部教授)
・「凄い」主張と「すごい」主張  / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・日本国憲法の主語はピープル / 吉田 智弥(人権研センター委嘱研究員)
・オリヴァーツイスト/蟹工船/アキバ2008~いま問われるもの / 吉永  純(社会福祉学部教授)
・一人ひとりの多様性が面白い / 脇中  洋(非常勤講師)

滋賀<冬季フィールドワーク>報告
・異文化を理解するということ / 金野 哲哉(社会福祉学科3回生)
・江戸時代の国際人 / 島崎 義孝(非常勤講師)  

京都・丹波マンガン記念館<春季フィールドワーク>報告
・罪を負い、罪を受けよ / 岸本 高昌(国文学科3回生)
・黒い歴史 / 倉田 拓美(臨床心理学科1回生)  
・丹波マンガン記念館 / 島崎 義孝(非常勤講師)  
・負の歴史を忘れないために / 広瀬   梓(文化遺産学科1回生) 
・忘れ去られる歴史 / 廣畑 景子(文化遺産学科1回生)  
・丹波マンガン記念館「閉山」が問うこと / 堀江 有里(非常勤講師)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(11)
「なってみること」から始まる禅の世界~禅心理学入門~ / 松竹 寛幸(非常勤講師)

編集後記

 

第34号(2009年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
人権学をまなぶには / 芳井 敬郎(花園大学副学長)

人権教育研究センターへのお誘い
あなたと出会えてよかった! / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権I-1  障害児の教育権 / 藤井  渉(非常勤講師)
・人権I-2  在日外国人と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権II-2  障害者の機会平等と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-3  ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権I-4  消える常識と変わらぬ通念 / 中尾 良信(文学部教授)
・人権I-5  私の生命、あなたの生命、そして、みんなの生命ってな~に!? / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-6  「衆生権」 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7・II-7 ジイジの恋の話を聞いてくれますか / 西田 英二(非常勤講師) 
・人権I-8・II-8 人間の尊厳と自立 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-1  医療と障害/ 植村 要(非常勤講師)
・人権II-3  セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4  人権の授業、担当者から / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権II-5  歴史にみる障害者と人権 / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
・人権II-6  かいある人性 / 島崎 義孝(非常勤講師)

エッセー「どうしてもきみに伝えたい」
・「知ること」からはじまる大学生活 / 石倉 英夫(教務課員) 
・どうしてもきみに伝えたい / 河野 秀忠(非常勤講師)
・皆さんに伝えたい事…禅と人権 / 篠崎 友実(事務局長)
・昔憶 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・点字の選挙公報はなぜ出されないのか / 愼  英弘(非常勤講師)
・価値と選択 / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・日本人と戒名  / 中尾 良信(文学部教授)
・2008年度入学生の力量とは / 林 信明(社会福祉学部教授)
・さわる文化への招待 / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
・を語ることの難しさ / 堀江 有里(非常勤講師)
・個人主義か家族主義か-語り継ぐ未来への課題 / 丸山 顕徳(文学部教授)
・史料を読む あらためて理解したこと / 森本 泰弘(図書館課員)
・「対話」から「共鳴」へ / 八木 晃介(文学部教授)
・「ぺんぎん問題」が好き  / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・誰でも「落ち込む」ことがある。 / 吉田 智弥(人権研センター委嘱研究員)
・「草食系」男子諸君! / 脇中  洋(非常勤講師)

先輩から新入生のみなさんへ
・あなた次第の大学生活 / 勝原  駿(福祉心理学科卒業生) 
・You can!! / 小鯛 美香(社会福祉学科卒業生)  
・「水を飲む」かどうかは、キミが決める / 杉岡 雅江(社会福祉学科卒業生)
・大学生のあなたへ ~こんな漢字になりました~ / 田中 裕美(社会福祉学科卒業生)
・新入生のみんなへ / 成岡あゆみ(福祉心理学科卒業生) 
・いろんな現場に足を運んで! / 宮川 知子(社会福祉学科卒業生) 
・仏教から学ぶ反差別の生き方とは / 安井  仁(仏教学科卒業生) 
・この場所で「人」を学ぶ / 吉田 泰輔(国文学科卒業生)
・はじめてのできごと / 宮薗亜紀子(史学科卒業生)  

第22回花園大学人権週間報告
佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

浅香〈秋季フィールドワーク〉報告
・「いのち」の尊厳と差別意識 / 根本 治子(非常勤講師)
・遠くて近い問題 / 広瀬  梓(文化遺産学科2回生) 
・開かれる浅香 / 廣畑 景子(文化遺産学科2回生)  

シリーズ・花園大学の特色ある授業(12)
京北町小中学生との交流会 ~数々の魔法としかけのタネあかし~
/ 吉田 叡禮(文学部専任講師)

編集後記

 

第35号(2009年12月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
日々に新たに / 阿部 浩三(学長)

[第1特集]第23回花園大学人権週間
前夜祭・上映会

『やんばるからのメッセージ -沖縄県東村高江の記録-』
『心 ~ククル~ UAやんばるLIVE』 / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
講師の先生方への事前学習
・浅井  健さん 「これから仕事をするキミたちのために~労働法入門~」 / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
・袴田 俊英さん「つながりの創造~自殺予防から見えてきたもの~」  / 内藤 仁美(創造表現学科1回生)
・袖山 卓也さん 「日本の介護を<笑い>で変える」 / 田中 収人(社会福祉学科4回生)

[第2特集]「沖縄からの反撃」の現場をあるく―有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート8)―
夏季現地考察報告

たった2泊3日の旅でオキナワの何を伝えられるのだろう / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
参加者レポート
・「ニライカナイ」 / 池田 智子(臨床心理学科2回生)
・未来予想図 / 井野  瞳(史学科5回生)
・2009年度 沖縄現地考察に参加して / 大西美由紀(社会福祉学科卒業生)
・最後の晩餐 / 甲斐 俊光(日本文学科学科2回生)
・400×850に描かれた真実 / 小鯛 美香(社会福祉学科卒業生)
・「知ること、伝えること」 / 首藤 晶子(社会福祉学科卒業生)
・沖縄・辺野古の海で「子どもの心」を思う / 坪谷 令子(非常勤講師)
・非核三原則だけではない日米の密約 / 中尾 良信(文学部教授)
メッセージ発信国へ / 広瀬  梓(文化遺産学科2回生)
・沖縄は戦時を肌で実感させられる / 藤井  渉(非常勤講師)
・その「声」を聴くことができるのか / 堀江 有里(非常勤講師)
・今年の「沖縄現地考察」に参加して / 森本 泰弘(法人本部事務局・図書館課員)
・ニライカナイは何処に / 八木 晃介(文学部教授)
・沖縄の米軍基地の実態について / 湧田 祐樹(日本史学科2回生)
【現地特別講演】
・有事法制下の沖縄戦認識をめぐって / 石原 昌家(沖縄国際大学教授)
~1995年から現在に至る定点観測をとおして~
・辺野古・高江の現状 / 当山  栄(沖縄平和市民連絡会事務局長)
    浦島 悦子(フリーランス・ライター) / 伊佐 真次(「ヘリパッドいらない」住民の会共同代表)

「主張」のためのエッセー集
・今、伝えたいこと / 石倉 英夫(教務課員)
・視覚障害をもつ演習担当教員として / 植村  要(非常勤講師)
・「子どものため」の保育所整備を望む / 小田川華子(人権研センター委嘱研究員)
・花園大学人権研センターからの宿題「主張したいこと」について / 篠原 友実(事務局長)
・いずれも切なきこの世のいのち / 島崎 義孝(非常勤講師)
・「点字の遺言書」 / 愼  英弘(非常勤講師)
・代行の文化 -日本人の根底にあるもの- / 中尾 良信(文学部教授)
・原爆被害者に対する差別を知っていますか? / 根本 治子(非常勤講師)
・重度訪問介護難民 / 藤井  渉(非常勤講師)
・ピア・サポートの現場から / 堀江 有里(非常勤講師)
・卒論は役に立つ / 丸山 顕徳(文学部教授)
・アーミッシュの人びと / 三品 桂子(社会福祉学部教授)
・人権の視点から、いまでも臓器移植(法)に反対です / 八木 晃介(文学部教授)
・そこそこのコミュニューション能力で。。。。 / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・「便利さ」に復讐される日 / 吉田 智弥(人権研センター委嘱研究員)
・「同じ人間として」は、どこまで通用するのか / 脇中  洋(非常勤講師)

東京・埼玉<冬季フィールドワーク>
・立場の不思議 / 井野  瞳(史学科5回生)
・2008年度冬季現地考察を終えて / 徐  銀桂(国際禅学研究所研究員・非常勤講師)
・「再審請求と仏教者」 -狭山事件現地報告にかえて-  / 中尾 良信(文学部教授)
・三十数年ぶりの「狭山現調」 / 八木 晃介(文学部教授)
・被差別部落が生んだ第二の差別事件の現場を訪ねて / 安江 悠可(社会福祉学科4回生)
・無知の恐怖 / 吉田 泰輔(国文学科卒業生)

京都・東九条<春季フィールドワーク>報告
・三世の話 / 甲斐 俊光(日本文学科学科2回生)
・<原点>としての東九条 / 堀江 有里(非常勤講師)
・知るという事 / 村上 純平(国文学科3回生)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(12)
<デジタル・バウハウス>の発想からのデザイン工房教育の実践を目指して / 福原 正行(文学部教授)
~「人や社会はつくり変えることができる」~

編集後記

 

第36号(2010年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
新たに見えるもの / 阿部 浩三(花園大学学長)

人権教育研究センターへのお誘い
さて、どう生きる!? / 佐原 多美(人権教育研究センター嘱託事務職員)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権Ⅰ-1 医療と障害者 / 植村  要(非常勤講師)
・人権Ⅰ-2 人権Ⅱ-2 講義を通して自分自身で考える力を身につけよう! / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権Ⅰ-3 ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権Ⅰ-4 時代劇に学ぶ社会的差別 / 中尾 良信(文学部教授)
・人権Ⅰ-5 病におけるスティグマ / 根本 治子(非常勤講師)
・人権Ⅰ-6 人権Ⅱ-6 人権と衆生権 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権Ⅰ-7 人権Ⅱ-7 二つの生き方  /  西田 英二(非常勤講師)
・人権Ⅰ-8 人権Ⅱ-8 人間の尊厳と自立 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権Ⅱ-1 労働と貧困 / 高橋 慎一(非常勤講師)
・人権Ⅱ-3 セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権Ⅱ-4 言論の自由と弾圧と / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権Ⅱ-5 障害児の教育権 / 藤井  渉(非常勤講師)

どうしてもきみに伝えたい
・「知ること」からはじまる大学生活 / 石倉 英夫(教務課員)
・視覚障害をもつ講義担当教員として / 植村  要(非常勤講師)
・学びのスタイル / 小田川華子(人権研センター委嘱研究員)
・比べてはいけないものが、この世には確かにあります。 / 河野 秀忠(非常勤講師)
・生きようね / 佐原 多美(人権研センター嘱託事務職員)
・「AFTER YOU」で行こう! / 篠原 友実(事務局長)
・「かけがえがない」ということ / 島崎 義孝(非常勤講師)
・自分自身で考える習慣を身につけよう! / 愼  英弘(非常勤講師)
・ステップファミリー / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・コマーシャルを作る意識 / 中尾 良信(文学部教授)
・ホームレス男性の「幸福」「福祉」という基準はなに? / 根本 治子(非常勤講師)
・とある老人病棟の夜 / 林  信明(社会福祉学部教授)
・七生養護学校事件が問いかけるもの / 藤井  渉(非常勤講師)
・「おともだちごっこ」――教室のなかでのパワーゲーム / 堀江 有里(非常勤講師)
・言動心の三一致・不一致 / 丸山 顕徳(文学部教授)
・ヨシモトリュウメイって知ってる? / 森本 泰弘(法人本部職員)
・オバマのダブル・シンキングとメディア状況 / 八木 晃介(文学部教授)
・受験と私―学ぶ姿勢を学んでほしい― / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・生存の確保から社会関係の再構築へ ~脱貧困への途 / 吉永  純(社会福祉学部教授)
・とにかく続けて出て来いよ / 脇中  洋(非常勤講師)

先輩から新入生のみなさんへ
・立つ鳥跡を濁さず / 井野  瞳(史学科卒業生)
・新入生のみなさんへ / 金野 哲哉(社会福祉学科卒業生)
・学生生活の目次 / 田中 収人(社会福祉学科卒業生)
・「成長したい」という願いを抱きながら… / 中條  了(社会福祉学研究科社会福祉学専攻臨床心理学領域 修了生)
・普通」「常識」から思いっきりはみ出そう / 中島 靖晴(社会福祉学科卒業生)
・贈る言葉 / 安江 悠可(社会福祉学科卒業生)

第23回花園大学人権週間報告
佐原 多美(人権研センター嘱託事務職員)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(13)
造形活動って楽しいな / 古林  茂(社会福祉学部教授)
―造形表現の基礎的・基本的な事柄の定着を目指して―

編集後記

 

第37号(2010年12月発行) 「第24回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
忘れがちな人の尊厳 / 芳井 敬郎(花園大学副学長)

[第1特集]第24回花園大学人権週間
前夜祭・上映会
『日本の黒い夏-冤罪』 / 中尾 良信(文学部教授)
講師の先生方への事前学習
・河野 義行さん 「松本サリン事件『作られた虚像』について」 / 倉田 拓美(臨床心理学科3回生)
・ヘリパッドいらない住民の会メンバー「やんばるの森にヘリパッドはいらない-住民の会の軌跡-」   / 池田 智子(臨床心理学科3回生)
・湯浅 洋さん 「被害者も加害者もつくりたくない-秋葉原連続殺傷事件を生きる-」  / 岡崎 真志(社会福祉学科4回生)

[第2特集]「沖縄からの反撃」の現場をあるく ―有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート9)―
夏季現地考察報告
沖縄から学んだ「あきらめない気持ち」 / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
参加者の感想レポート
・学び続ける大切さ / 池田 智子(臨床心理学科3回生)
・沖縄の「真姿」 / 今井 友恵(福祉心理学科卒業生)
・2010年度 沖縄現地考察感想 / 大西 美由紀(社会福祉学科卒業生)
・花園大学人権教育研究センター・2010年度沖縄夏季現地考察報告 / 小林 良幸(大学院仏教学専攻)
・沖縄の悲しみを知って / 高橋 彩(社会福祉学科2回生)
・「抑止力」という幻想 / 中尾 良信(文学部教授)
・沖縄夏季現地考察 / 濱田 織衣(社会福祉学科3回生)
・無知の恐怖 / 藤井 渉(非常勤講師)
・心のバリアフリー / 古川 唯(臨床心理学科2回生)
・私たちにできることは? / 森島 由佳(社会福祉学科2回生)
・沖縄現地考察に参加して / 森本 泰弘(法人本部事務局)
・沖縄問題は沖縄の問題ではない / 八木 晃介(文学部教授)
・2010 沖縄現地考察を振り返って / 吉田 泰輔(国文学科卒業生)
[現地特別講演]
・伊江島から、日本を問う / 謝花 悦子(反戦平和資料館「ヌチドゥタカラの家」館長)
・辺野古の一年 / 浦島 悦子(フリーランス・ライター)
・『日本国民の安全のために沖縄に米軍基地が必要』(岡田外相)~よみがえる沖縄差別論~ / 石原 昌家(沖縄国際大学名誉教授)

「主張」のためのエッセー集
・声と出会う / 植村  要(非常勤講師)
・「悪夢のような貧しさ」を見た / 小田川華子(人権研センター委嘱研究員)
・「キラキラしてますかぁ」 / 河野 秀忠(非常勤講師)
・死刑と陽光 / 小林 敏昭(非常勤講師)
・「どうしても 君に伝えたい」 / 篠崎 友実(事務局長)
・ボランティア小考 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・障害の表記は漢字か仮名か  / 愼  英弘(非常勤講師)
・老いて生きる-独り身高齢者の入院- / 根本 治子(非常勤講師)
・移動支援の旅行への適用について / 藤井  渉(非常勤講師)
・「岩国は負けない」から教えられたこと / 堀江 有里(非常勤講師)
・世界には違った世界がある-世界は均一ではない- / 丸山 顕徳(文学部教授)
・思い精神障害のある人への支援 / 三品 桂子(社会福祉学部教授)
・狂言を見て考えたこと  / 森本 泰弘(法人本部事務局)
・青年は〈荒野〉をめざす / 八木 晃介(文学部教授)
・「手を把りて共に行く」という禅語に思うこと ~教育現場に寄せて~ / 吉田 叡禮(文学部専任講師)
・専門家たるもの、ホントはかくありたし / 脇中  洋(非常勤講師)

長野<冬季フィールドワーク>報告
・『フィールドワーク』に参加して!!戦争を知らない世代へ / 今治 祥峻(国際禅学科4回生)
・「松本大本営」という遺産 / 倉田 拓美(臨床心理学科3回生)
・戦争とは なんぞや。~長野で考える~ / 宮川 知子(社会福祉学科卒業生)
・マツシロで沖縄戦と天皇制をかんがえる / 八木 晃介(文学部教授)
・生命の色 ~松代大本営と無言館 / 吉永  純(社会福祉学部教授)

亀岡・「大本」教<春季フィールドワーク>報告
・6月19日・フィールドワークレポート / 伊吹 雄平(社会福祉学科1回生) 
・「ノン・ドナー・カード」という意思表示 / 中尾 良信(文学部教授) 
・大本(教)天恩郷探訪メモ / 林  信明(社会福祉学部教授) 
・〈日本のクエーカー〉に学ぶ-宗教法人「大本」現地考察の感想- / 八木 晃介(文学部教授)  
・大本教への弾圧とユダヤ人へのホロコースト / 吉永  純(社会福祉学部教授)  

シリーズ・花園大学の特色ある授業(15)
考古学を考える / 高橋 克壽(文学部教授)

編集後記

 

第38号(2011年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
大学で観察をしよう / 芳井 敬郎(花園大学副学長)

人権教育研究センターへのお誘い
不便さと無駄を満喫しよう / 首藤 晶子(人権教育研究センター事務職員)
知ることから / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権I-1 医療と障害者 / 植村  要(非常勤講師)
・人権I-2・人権Ⅱ-2 「人権を語る」 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-3 ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権I-4 宗教と部落差別 -他人と自分の境目- / 中尾 良信(文学部教授)
・人権I-5 精神福祉医療から考える「人権」 / 池田 克之(非常勤講師)
・人権I-6 再配分関心希薄社会 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7・人権Ⅱ-7 生きる/ 西田 英二(非常勤講師)
・人権I-8・人権Ⅱ-8 人間の尊厳と自立 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-1 労働と貧困 / 高橋 慎一(非常勤講師)
・人権II-3 セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4 二冊の本から / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権II-5 障害者の教育権 / 藤井  渉(社会福祉学部講師)
・人権II-6 人権と衆生権 / 島崎 義孝(非常勤講師)

「主張」のためのエッセー集
・「知ること」からはじまる大学生活 / 石倉 英夫(教務課員) 
・視覚に依存する被服の機能 / 植村  要(非常勤講師)
・路上で働く子どもたちを思う / 小田川華子(人権研センター委嘱研究員)
・今日の出会いが明日を変えるかも知れない / 小林 敏昭(非常勤講師)
・「ピュアなこころでシンプルに生きよう!」・・・ / 篠崎 友実(事務局長)
・ケッタイ教 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・「点字の市民権確立を!」 / 愼  英弘(非常勤講師)
・ステップファミリー  / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・大逆事件百周年 / 中尾 良信(文学部教授)
・介護者の価値観を支えるのは誰ですか?? / 根本 治子(非常勤講師)
・障害者自立支援法の改正について / 藤井  渉(社会福祉学部講師)
・非正規雇用時代の生存可能性  / 堀江 有里(非常勤講師)
・沖縄のどこを見る / 丸山 顕徳(文学部教授)
・書評 / 森本 泰弘(法人本部事務局)
・マージナルな異端の魅力 / 八木 晃介(文学部教授)
・風を育てよう  / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・「熱血いまもたぎりたり」 / 吉田 叡禮(文学部准教授)
・キミ、「持ってる」ね。 / 脇中  洋(非常勤講師)
・「無縁社会」を生きるあなたへ / 吉永  純(社会福祉学部教授)

先輩から新入生のみなさんへ
・卒業生に贈る / 今治 祥峻(国際禅学科卒業生)  
・振り返れば虹色 / 岡崎 真志(社会福祉学科卒業生) 
・卒業生から新入生へ / 福井 裕恵(臨床心理学卒業生)  

第24回花園大学人権週間報告
佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(16)
特別支援学校の先生になる / 渡邊  実(社会福祉学部教授)

編集後記

 

第39号(2011年12月発行) 「第25回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
花は愛惜に従って落ち 草は棄嫌を逐うて生ず / 細川景一(花園大学学長)

[第1特集]第25回花園大学人権週間
前夜祭・上映会
『風が吹くとき(When the Wind Blows)』 / 中尾 良信(文学部教授)
講師の先生方への事前学習
・樋口 健二さん 「人のせいに、しない。」 / 児嶋 文憲(国際禅学科2回生)
・川野 眞治さん「安全神話の崩壊」   / 澤守 豊文(大学院仏教学専攻)
・守田 敏也さん 「復興ではなく再創造を ~Atomic ageへの処方箋~」  / 宮西 優誌(国際禅学科3回生)

[第2特集]「沖縄からの反撃」の現場をあるく ―有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート10)―
夏季現地考察報告
夏季現地考察の記録 / 首藤 晶子(人権教育研究センター事務職員)
参加者の感想レポート
・今も続く厳しい現状 ~フィールドワークに行って / 一岡真梨英(社会福祉学科1回生)
・やんばるの森で起こっている本当のこと / 小鯛 美香(社会福祉学科卒業生)
・花園大学人権教育研究センター・2011年度沖縄夏季現地考察報告 / 小林 良幸(大学院仏教学専攻)
・二〇一一年、夏、沖縄 / 篠原 貴史(臨床心理学科5回生)
・「沖縄からの反撃」の現場をあるく / 新谷 文子(臨床心理学科4回生)
・フィールドワークに参加して / 寺田 陽子(社会福祉学科4回生)
・モザイクがはずされる日 / 中尾 良信(文学部教授)
・動かぬもの、動かさねばならないもの / 藤井 渉(社会福祉学部講師)
・三日間のフィールドワークを振り返って。 / 古川 唯(臨床心理学科3回生)
・「一人前の日本人」ということば / 森本泰弘(法人本部事務局員)
・旧交をあたためる -「沖縄」現地考察への私的な意味付与/ 八木 晃介(文学部教授)
[現地特別講演]
・米軍基地問題 この一年 / 浦島 悦子(フリーランス・ライター)
・金武町伊芸区の現状 / 池原 政文(前金武町伊芸区長)
・緊急に問われる沖縄戦体験継承のあり方と沖縄のいま -一九九五年十二月からの定点観測・花園大学 / 石原 昌家(沖縄国際大学名誉教授)

和歌山<冬季フィールドワーク>報告
・大逆事件と堺利彦、そして現代日本 / 赤司 敏紀(史学科卒業生)  
・熊野の歴史から学ぶ / 河合由美子(臨床心理学科2回生)
・故郷の歴史再発見 ~二〇一〇年冬季現地考察に参加して / 合田 千景(非常勤講師)
・みせしめと弾圧・大逆事件について / 新谷 文子(臨床心理学科4回生)
・「二〇一〇度冬季現地考察に参加して」 / 匠 輝雄(臨床心理学科3回生)
・大逆事件とは -二〇一〇年度冬期現地考察によせて- / 中尾 良信(文学部教授)
・大石ドクトル、毒取る先生と呼ばれていた大石誠之助 / 根本 治子(非常勤講師)
・大逆事件から学んだこと / 福井 裕恵(臨床心理学科卒業生)
・あらためて歴史を学ぶ意味-「大逆事件」をめぐって / 堀江 有里(非常勤講師)
・花園大学人権教育研究センター 二〇一〇年度冬季現地考察に参加して / 宮川 知子(社会福祉学科卒業生)
・峰尾節堂と妙心寺教団の戦前・前後 / 八木 晃介(文学部教授)
・和歌山「大逆事件」を辿って / 吉田 泰輔(国文学科卒業生)
・大逆事件の一断面 ~新宮グループと峯尾節堂 / 吉永 純(社会福祉学部教授)

奈良・水平社博物館<春季フィールドワーク>報告
春季フィールドワーク報告
春季ミニ・フィールドワークの記録 / 首藤 晶子(人権教育研究センター事務職員)
参加者の感想レポート
・水平社博物館~人権のふるさとを訪ねる~ / 合田 千景(非常勤講師) 
・改めて思う仏教と部落問題 / 中尾 良信(文学部教授) 
・医療政策とのクロスオーバー / 藤井 渉(社会福祉学部講師) 
・水平への眼差し ~passino受難と情熱~ / 宮西 優誌(国際禅学科3回生)
・「平等」について少し考えてみました。 / 室津 龍之介(法人本部事務局員)
・水平社博物館を訪ねて / 森本 泰弘(法人本部事務局員)
・全水九〇周年を前に感じたこと / 八木 晃介(文学部教授)  

シリーズ・花園大学の特色ある授業(16)
貧困を学ぶ ~現場重視のゼミ活動に取り組んで / 吉永 純(社会福祉学部教授)

編集後記

 

第40号(2012年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
天上天下唯我独尊 / 細川 景一(花園大学学長)

人権教育研究センターへのお誘い
花大の交流地点 / 首藤 晶子(人権教育研究センター事務職員)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権Ⅰ-1 医療と障害者 / 植村  要(非常勤講師)
・人権Ⅰ-2 人権Ⅱ-2 人権を身近な問題に! / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権Ⅰ-3 ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権Ⅰ-4 宗教と部落差別 -一時帰宅と位牌 / 中尾 良信(文学部教授)
・人権Ⅰ-5 精神福祉医療から考える「人権」 / 池田 克之(非常勤講師)
・人権Ⅰ-6 人権Ⅱ-6 地球がやさしい・・・衆生権のこと / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権Ⅰ-7 人権Ⅱ-7 部落問題  /  太田 恭治(非常勤講師)
・人権Ⅰ-8 人権Ⅱ-8 人間の尊厳と自立 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権Ⅱ-1 労働と貧困 / 高橋 慎一(非常勤講師)
・人権Ⅱ-3 セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権Ⅱ-5 戦争と障害者 / 藤井  渉(社会福祉学部講師)

どうしてもきみに伝えたい
・「原発事故を思いながら・・・」 / 池田 克之(非常勤講師)
・「知ること」からはじまる大学生活 / 石倉 英夫(教務課員)
・駅ホームを安全な場所に / 植村  要(非常勤講師)
・日本に来た難民の人々を取り巻く現状 / 小田川華子(人権研センター委嘱研究員)
・大震災と想像力 / 小林 敏昭(非常勤講師)
・ようこそ「心のキャンパス」へ / 篠原 友実(事務局長)
・国民の利益と国益 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・「視覚障害者と『同行援護』制度」 / 愼  英弘(非常勤講師)
・代理によるミュンヒハウゼン症候群 / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・宗教の怖さと役割 -オウムを知らない世代- / 中尾 良信(文学部教授)
・終末期医療をめぐる諸問題の中の人工的な水分・栄養補給について / 根本 治子(非常勤講師)
・イタリア・フィレンツェの捨て子養育院探訪 / 林  信明(社会福祉学部教授)
・断想・深夜のファミレスにて / 堀江 有里(非常勤講師)
・花園大学の魅力はなんでしょうか / 丸山 顕徳(文学部教授)
・私から観た人権教育研究センター / 三品 桂子(社会福祉学部教授)
・差別問題を一緒に考えよう / 森本 泰弘(法人本部職員)
・原発人災と〈ことば〉 / 八木 晃介(文学部教授)
・いっしょにいおう。「また来てね」 / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・当たり前のこと / 吉田 叡禮(文学部准教授)
・「ヒトは分け与える生物」であってほしい。 / 脇中  洋(非常勤講師)

先輩から新入生のみなさんへ
・今しか出来ないことを思いっきりやればいい / 池田 智子(臨床心理学科卒業生)
・がんばれ新入生 / 倉田 拓美(臨床心理学科卒業生)

第24回花園大学人権週間報告
首藤 晶子(人権研センター事務職員)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(17)
CDC 禅とこころ ~月曜日第二講時 / 堀尾 和良

編集後記

 

| 「センター報「人権教育センター報」」へ戻る |