人権教育研究センター

センター報『人権教育研究センター報』 20号~40号

 

第20号(2002年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
花園大学にとって人権教育とは何か / 西村 惠信(花園大学・学長)

人権研センター発足の意味 / 八木 晃介(文学部教授)

人権教育研究室から人権教育研究センターにいたる道
歴代助手の回想でつづる「展望のための総括」 / 構成・八木 晃介

[第1特集]「私の人権教育」についての所信表明
人権I-1多民族社会・日本への射程 / 文  公輝(非常勤講師)
・人権I-2在日コリアンをめぐる歴史と現状 / 文  公輝(非常勤講師)
・人権I-3ジェンダーと労働 / 北  明美(非常勤講師)
・人権I-4管理社会と人権 / 吉田 智弥(非常勤講師)
・人権I-5障害者の機会平等と人権 / 愼  英弘(社会福祉学部教授)
・人権I-6社会福祉サーヴィスにおける倫理 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7医療と人権 / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-8差別問題の社会学・概論 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-8差別問題の社会学・各論 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-1部落問題論 / 中尾 良信(文学部教授)
・人権II-2宗教と差別 / 沖本 克己(文学部教授)
・人権II-3セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4民主主義の差別性 / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権II-5歴史にみる障害者と人権 / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
・人権II-6アメリカの仏教フェミニズム / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権II-7冤罪と人権 / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)

[第2特集]人権感覚とは何か
「いのち」としての人権感覚 / 辻  光文(学生カウンセラー) 
・発言は慎重に / 中村  樗(文学部教授) 
・ある種の思い込み / 林  信明(社会福祉学部教授)
・精神障害者とかかわって / 三品 桂子(社会福祉学部講師)
・「私は差別しない」から差別問題は考えられるか? / 森本 泰弘(就職課職員)
・父のこと / 安田三江子(社会福祉学部助教授)
・老人虐待と人権 / 山崎イチ子(社会福祉学部助教授)
・歴史における人権感覚、または「武士嫌い」の私 / 山田 邦和(文学部助教授)

[第3特集]人権研センターに期待するもの
「知ることから」 / 桐田 清秀(文学部教授)
・国際禅学科と人人具足の真実 / 小林 圓照(文学部教授)
・もっと広くPRを / 西野  孝(社会福祉学部教授)
・「何が人権侵害なのか?」を知ることの大切さ / 福富 昌城(社会福祉学部講師)
・民俗学的な方法 / 丸山 顯徳(文学部教授)
・現実の世界から「人の尊厳」を / 芳井 敬郎(文学部教授)
・人権教育について / 吉田  清(文学部教授)

[第4特集]01年度卒業生から02年度新入生へ
良きかな、花園大学 / 斎藤 沙織(社会福祉学科卒業生)
・思いっきり、学んで、触れ合って / 椎谷 保子(社会福祉学科卒業生)
・まだ一度もお会いしていませんが、こんにちは、そして、さようなら / 種田 洋平(史学科卒業生)
・先の自分を想像しよう / 徳田 紘平(社会福祉学科卒業生)
・花園大学の歩き方 / 豊島 良行(史学科卒業生)
・人権問題との出会い / 平尾安樹子(社会福祉学科卒業生)
・おいでませ、人権研センター /      (社会福祉学科卒業生)
・人間関係のリセットを / 的場 大典(社会福祉学科卒業生)
・人との出会いを大切に / 南畑 奈緒(社会福祉学科卒業生)
・私が学んだ人権教育 / 横生  円(国文学科卒業生)
・花大、ここが違う! / 米田 英史(史学科卒業生)

人権教育研究室事務助手新旧交代の弁
いい湯だな~ぁ / 田口いづみ(2001年度人権教育研究室事務助手)
・スポンジ / 佐原 多美(2002年度人権教育研究センター事務助手)

鏡に映った世界-第15回花園大学人権週間を終えて
田口 いづみ(人権教育研究室事務助手)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(1)
社会教育主事資格課程「社会教育計画論」 / 立脇 一美(社会福祉学科卒業生)
・指導教員からのコメント / 笹山 忠則(非常勤講師)

編集後記 / 八木 晃介(人権教育研究センター所長)

 

第21号(2002年12月発行) 第16回花園大学人権週間特集

巻頭言
人権問題を主体化しよう / 西村 惠信(花園大学・学長)

[第1特集]第16回花園大学人権週間
前夜祭
映画『GO』 / 今井 友恵(福祉心理学科1回生)
講師の先生方への事前学習
・宮 淑子さん「被害者に自己規制が強いられる社会」 / 岡崎  梢(福祉心理学科1回生)
・角岡伸彦さん「吹き抜ける新たな部落の風」 / 石倉 英夫(福祉心理学科1回生)、松下 真矢(社会福祉学科1回生)
・津崎哲郎さん「児童虐待・あなたにも関係ある」 / 岡  仁実(福祉心理学科1回生)、田中 隼斗(福祉心理学科1回生)

[2特集]沖縄現地考察・報告
・沖縄を感じ、沖縄に触れた夏 / 佐原 多美(人権教育研究センター事務助手)
参加者の感想レポート
・知らないことの怖さと学ぶことの大切さ / 石倉 英夫(福祉心理学科1回生)
・「さとうきび畑」が頭の中でエンドレス / 稲垣 周介(図書館情報課職員)
・現地にいくとはどのようなことなのか / 井上 一樹(立命館大学大学院・史学科卒業生)
・ニライカナイ / 植村  要(福祉心理学科1回生)
・私が見た「沖縄の海」 / 岡崎  梢(福祉心理学科1回生)
・平和な国の軍事基地 / 小田切由里(仏教学科卒業生)
・沖縄の空の下で / 首藤 晶子(人権研センター元助手)
・<ことば>を失うとき / 堀江 有里(非常勤講師)
・沖縄を覆い隠そうとするもの / 宮本修一郎(人権研センター受講生)
・宗教とハンセン病 / 森本 泰弘(就職課職員)
・沖縄から見える日本人の正体 / 八木 晃介(文学部教授)
・真っ青な沖縄からグレーに染まった沖縄 / 大和さやか(社会福祉学科4回生)
[現地特別講演]
ちゅら海に基地はいらない / 浦島 悦子さん(フリーライター)

花園大学の人権状況・2002年
―半ば公的、半ば私的な報告と総括― / 八木 晃介(文学部教授)

編集後記 / 八木 晃介(人権教育研究センター所長)

 

第22号(2003年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
「立派な人生」を送るために / 西村 惠信(花園大学・学長)

人権研センターへのご招待
佐原 多美(人権教育研究センター事務助手)

CDC基礎科目「人権」への誘い
【新入生へ―担当教員・受講生からのアピール】
・人権I-1 朝鮮植民地支配で何がおこなわれたか / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-2 在日コリアンの戦後~見えないマイノリティの実態 / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-3 ジャンダーと労働 / 北  明美(非常勤講師)
・人権I-4 管理社会と人権 / 吉田 智弥(非常勤講師)
・人権I-5 障害者の機会平等と人権(愼英弘講師担当) / 藤田 雅一(福祉心理学科2回生)
・人権I-6 社会福祉サーヴィスにおける倫理(島崎義孝講師担当) / 岡崎 梢(福祉心理学科2回生)
・人権II-6 アメリカの仏教フェミニズム(島崎義孝講師担当) / 岡崎 梢(福祉心理学科2回生)
・人権I-7 医療と人権 / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-8 差別問題の社会学(八木晃介教授担当) / 金  英玉(社旗福祉学科2回生)
・人権II-8 差別問題の社会学(八木晃介教授担当) / 金  英玉(社会福祉学科2回生)
・人権II-1 部落問題論(中尾良信教授担当) / 白藤 雅一(仏教学科4回生)
・人権II-2 宗教と人権 / 沖本 克己(文学部教授)
・人権II-3 セクシュアリティ研究(堀江有里講師担当) / 宮薗亜紀子(史学科2回生)、茨木比斗美(福祉心理学科2回生)
・人権II-4 民主主義の差別性(浅子逸男教授担当) / 北川 重明(国文学科3回生)
・人権II-5 歴史に観る障害者と人権 / 廣瀬浩二郎(非常勤講師)
・人権II-7 在日外国人と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)

第16回花園大学人権週間報告
佐原 多美(人権教育研究センター事務助手)

特別講義「安心ひとり暮らし」の紹介
堀江 有里(非常勤講師)

学生相談室の紹介
辻  光文(学生カウンセラー)

講演録「人間は差別する、だから―」
八木 晃介(文学部教授)

シリーズ 花園大学の特色ある授業(2)
パート1:フレッシュパーソン・ゼミ
フレパ1 大学生としての必要な学習・研究の能力訓練(桐田清秀教授担当)
/ 野中亜祐美(福祉心理学科2回生)、鈴木皓由里(社会福祉学科2回生)
フレパ2 <ものの見方・考え方>入門講座(八木晃介教授担当) / 今井 友恵(福祉心理学科2回生)
フレパ3 学修への道・京都を識る / 小谷 浩之(文学部教授)
フレパ4 (休講)
フレパ5 新聞を読む / 三原 芳一(文学部教授)
フレパ6 (休講)
フレパ7 花園大学周辺の史跡をあるく・さがす(中村武生講師担当) / 山本 雄亮(社会福祉学科2回生)

パート2:社会福祉史 / 林 信明(社会福祉学部教授)

編集後記 / 八木 晃介

 

第23号(2003年12月発行) 「第17回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
ネガティヴ・アメリカン首長の手紙―人権週間に寄せて― / 西村 惠信(学長)

[第1特集]第17回花園大学人権週間
前夜祭 映画「アイ・アム・サム」
『考える』を教えてくれる映画 / 茨木比斗美(福祉心理学科2回生)
講師の先生方への事前学習
・本田哲郎さん「釜ヶ崎の本田神父を訪ねて / 楠本 匡輝(社会福祉学科3回生)
・石原昌家さん「有事法制を形骸化させる状況を作るために」 / 徐 康輔(社会福祉学科4回生)
・牟田和恵さん「理想の女性像」 / 糸数 愛莉(国文学科2回生)、岡崎 梢(福祉心理学科2回生)

[第2特集]<有事法制>下の沖縄
夏季現地考察報告
チムグリサン(他人の痛みを思いやる) / 佐原 多美(人権教育研究センター事務助手)
参加者の感想レポート
・私たちも加害者だ / 石川 智子(国文学科2回生)
・ワタシノシマ / 糸数 愛莉(国文学科2回生)
・『うちなーんちゅ』と『やまとんちゅ』が進む道 / 岡崎 梢(福祉心理学科2回生)
・沖縄で学んだこと / 小田切由里(仏教学科卒業生)
・惚れた相手をありのまま愛し続ける / 里中 悦子(人権研センター受講生)
・ある一シーン / 島崎 義孝(非常勤講師)
・「根っこ」ヘの旅 / 杉岡 雅江(人権研センター元助手)
・沖縄で初体験 / 徐  康輔(社会福祉学科4回生)
・平和の礎(いしじ)が語るもの / 中尾 良信(文学部教授)
・沖縄に「独立」は可能なのか / 中嶋 優美(社会福祉学科4回生)
・沖縄戦における医療事情 / 根本 治子(非常勤講師)
・「人殺しの島」と呼ばせる私たち / 堀江 有里(非常勤講師)
・初めてづくしの3日間 / 宮薗亜紀子(史学科2回生)
・歴史を学ぶ姿勢の再確認 / 森本 泰弘 (就職課職員)
・肝苦しやウチナー / 八木 晃介 (文学部教授)
・沖縄の旅から / 山田 邦和 (文学部教授)
・さとうきび畑の夏 / 林  信明(社会福祉学部教授)
[現地特別講演]
憂ぶべき沖縄の状況 / 石原 昌家(沖縄国際大学教授)
自分史としての「有事」 / 知花 昌一 (沖縄県読谷村議会議員・反戦地主)

企業内における人権啓発の諸問題(その1)
企画・構成 / 森本 泰弘(就職課職員)

人権研センター<ミニ・フィールドワーク>報告
・引き廻された人たち / 中才 博重(史学科1回生)
・あの世とこの世 / 中嶋 優美(社会福祉学科4回生)

留学ビザ延長を求めた署名活動の取り組み
・また韓さんとベンキョウできる!! / 伊藤  力 (国文学科1回生)
・花大生のみなさんへの感謝文 / 韓  七菊 (福祉心理学科1回生)
・担当教員の感想 / 八木 晃介(文学部教授)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(3)
オムニバス形式で展開する 『現代のメディア文化 I・II』
  ─メディア文化の中で、<自分らしく>生きるために― / 坪谷 令子(非常勤講師) 

編集後記

 

第24号(2004年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
大学人であることの基本 / 西村 惠信(花園大学学長)

人権研センターへのご招待
佐原 多美(人権教育研究センター事務助手)

CDC基礎科目「人権」への誘い
※ 新入生へ―担当教員からのアピール
・人権I-1朝鮮植民地支配で何がおこなわれたか / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-2在日コリアンの戦後~見えないマイノリティの実態 / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-3ジェンダ論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権I-4管理社会と人権 / 吉田 智弥(非常勤講師)
・人権I-5障害者の機会平等と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-6アメリカの仏教フェミニズム / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7医療と人権 / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-8差別問題の社会学 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-8差別問題の社会学 / 八木 晃介(文学部教授)
・人権II-1部落問題論 / 中尾 良信(文学部教授)
・人権II-2宗教と人権 / 沖本 克己(文学部教授)
・人権II-3セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4民主主義の差別性・なぜ勉強しなければならないのか? / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権I-5歴史にみる障害者と人権 / 広瀬 浩二郎(非常勤講師)
・人権I-6アメリカの仏教フェミニズム / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7在日外国人と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)

特別講義「安心ひとり暮らし」の紹介
堀江 有里(非常勤講師)

研究員の「人権」エッセー
・自分流のかたち / 河野 秀忠(非常勤講師)
・生きているだけではいけませんか / 辻  光文(学生カウンセラー)
・石碑建立に関する危惧 / 中村 武生(非常勤講師)
・今を共に生きるフランス社会 / 林  信明(社会福祉学部教授)
・同性間パートナーシップの承認とその問題性 / 堀江 有里(非常勤講師)
・大和には群山あれど / 丸山 顯徳(文学部教授)
・またしても作られる「英霊」 / 八木 晃介(文学部教授)
・素晴らしい方々とこだわりのない心 / 安田三江子(社会福祉学部助教授)
・姓名あべこべ主義批判 / 山田 邦和(史学科教授)
・憲法9条を守る「国家」は可能か? / 吉田 智弥(非常勤講師)

卒業生から新入生へ
・例えばブルーハーツはクソッタレの世界のために終わらない歌をうたった / 徐 康輔(社会福祉学科卒業生)
・出会いを大切にしましょう / 谷井 敏和(社会福祉学科卒業生)
・「セブイレ」って何? / 中嶋 優美(社会福祉学科卒業生)
・かけがえのないかわいい後輩へ / 野呂さやか(社会福祉学科卒業生)

第17回花園大学人権週間報告
佐原 多美(人権教育研究センター事務助手)

パネル展示「籠るのではなく放つということ」―京都の花園大学から反戦を叫ぶ
岡崎 梢・石川智子・糸数愛莉・宮薗亜紀子・中嶋優美・徐 康輔

学生相談室の案内
築地 典絵(社会福祉学部講師)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(4)
精神保健福祉実習・演習  / 三品 桂子(社会福祉学部助教授)

編集後記

 

第25号(2004年12月発行) 「第18回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
「良心」ということについて / 西村 惠信(学長)

[第1特集]第18回花園大学人権週間
前夜祭 映画「風の舞」
ハンセン病元患者の心の叫び / 水田 淳一(社会福祉学科3回生)
講師の先生方への事前学習
・趙  博さん「魂の叫びを、今日もあなたに」 / 黒田真祐美(国文学科2回生)、森本 麻文(国文学科2回生)
・仲里 効さん「エッジとしての沖縄から~9.4と8.13のコンディションデルタ~」 / 糸数 愛莉(国文学科3回生) 
・水谷洋一さん「尊厳をかけた内部告発~食の安全の観点から~」
/ 韓 七菊(福祉心理学科2回生)、楠本 匡輝(社会福祉学科4回生)

[第2特集]有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート3)
夏季現地考察報告
守りたいモノがある / 佐原 多美(人権教育研究センター事務助手)
参加者の感想レポート
・今、伝えたい沖縄 / 石川 智子(国文学科3回生)
・想い(ウムイ)~故郷への、そして自分自身への~ / 糸数 愛莉(国文学科3回生)
・やまとんちゅになろうとしてなれない / 上間沙耶香(福祉心理学科1回生)
・日米両政府は沖縄で何を企んでいるのか / 韓  七菊(福祉心理学科2回生)
・現場に身を置いて体感する「有事法制下の沖縄」 / 里中 悦子(人権研センター受講生)
・どこにも基地は必要ない / 中才 博重(史学科2回生)
・拡大する温度差を感じながら / 堀江 有里(非常勤講師)
・「想像力」をとりもどそう / 森本 泰弘 (就職課職員)
・遠くて近い現実 / 水嶋 美之 (福祉心理学科2回生)
・私から発信、あなたから…沖縄に学ぶ「複眼思考」のススメ / 宮川 知子(研究生・社会福祉学科卒業生)
・声と発信 / 宮薗亜紀子(史学科3回生)
・戦時占領下?の沖縄 / 八木 晃介(文学部教授)
・米軍ヘリ墜落事件の現場にて / 山田 邦和(文学部教授)
・乱気流に揺さぶられた心と身体 / 脇中  洋(文学部助教授)
・百間は一見に如かず / 汪 蓉(社会福祉学科3回生)
[現地特別講演]
・本土と沖縄 / 福島 輝一(沖縄タイムス社通信部長・南部総局長)
・沖縄・この2年の激変 / 浦島 悦子 (フリーランス・ライター)
・イラク爆撃訓練中の米軍ヘリが大学に墜落したとき / 石原 昌家(沖縄国際大学教授)

ミニ・フィールドワーク『清水・鳥辺野をあるく』報告
・近代国家の差別性を逆照射 / 鎌田久美子(史学科5回生)
・京の<周縁>をあるく / 中村  智(史学科3回生)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(5)
特別講義「安心ひとりぐらし」 / 堀江 有里(非常勤講師)

編集後記

 

第26号(2005年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
桐田 清秀(図書館長・文学部教授)

人権研センターへのご招待
佐原 多美(人権教育研究センター)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権I-1 朝鮮植民地支配はいつ終わったのか / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-2 定住外国人の人権と日本社会の処遇 / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-3 ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権I-4 女性から見た現代社会と人権 / 木村 和世(非常勤講師)
・人権I-5 障害者の機会平等と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権II-7 在日外国人と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-6 再考「衆生権」 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権II-6 再考「衆生権」 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7 医療技術の発展は、私たちに福音をもたらしただろうか / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-8 差別問題の社会学(担当:八木晃介教授) / 大西美由紀(社会福祉学科2回生)
・人権II-8 差別問題の社会学(担当:八木晃介教授) / 大西美由紀(社会福祉学科2回生)
・人権II-1 消える常識と変わらぬ通念―意外に身近な部落差別― / 中尾 良信(文学部教授)
・人権II-2 マイノリティの人権 生活の向上とNPO / 石井布希子(非常勤講師)
・人権II-3 セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4 キミがもし、権力を持つことになったら、自らの肉体を破砕してでも権力を否定せよ―戦争・戦況・戦場― / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権I-5 歴史に観る障害者と人権 / 広瀬 浩二郎(非常勤講師)

特別講義「安心ひとり暮らし」の紹介
堀江 有里(非常勤講師)

学生対応窓口からの応援メッセージ
・それはなぞのオモシロキャンパス―学生課から― / 藤井  智(学生課長)
・まずは自己確認、そして質問を―教務課から― / 佐々木雅一(教務課員)
・レッツ・スタート・トゥギャザー ―就職課― / 西澤 直美(就職課員)
・大学と社会への入り口として―庶務管理課― / 今  麻美(庶務管理課員)
・花園大学学術情報ネットワーク「hunet(ヒューネット)」について / 稲垣 周介(図書館情報課係長・情報系)
・花園大学情報センター(図書館)・HUMIC(ヒューミック)について / 藤岡 裕子(図書館情報課員・図書系)

人権教育研究センター研究員の「人権エッセー」
・ひとびとの見る色、チィちゃんの見る色、あなたの見る色 / 河野 秀忠(非常勤講師)
・外国籍管理職拒否は「合憲」か-東京都の措置にたいする最高裁の判決に思う- / 姜 在彦(客員教授)
・言葉の囚人 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・年金問題で在日外国人をまたまた排除 / 愼  英弘(非常勤講師)
・子どもの雑感 / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・日本人の戒名 / 中尾 良信(文学部教授)
・被差別民と京都の惣構―なぜ悲田院年寄は出張するのか / 中村 武生(非常勤講師)
・『犯罪被害者基本法』を知っていますか / 西村 惠信(名誉教授)
・高齢者虐待―介護者のストレスによる危機状況 / 根本 治子(非常勤講師)
・「ジプシー」と呼ばれてきた人びと / 林  信明(社会福祉学部教授)
・死刑囚の遺骸は / 丸山 顯徳(文学部教授)
・人間ドックの体験から / 三品 桂子(社会福祉学部助教授)
・部落史の見直し作業とヒント―「耳袋」を読む / 森本 泰弘(就職課員)
・悪夢が正夢になる? / 八木 晃介(文学部教授)
・「福祉に興味がないんです」 / 安田三江子(社会福祉学部助教授)
・歴史ドラマの中での貴族と武士 / 山田 邦和(文学部教授)
・「憲法に関するアンケート」の結果報告 / 吉田 智弥(前非常勤講師)
・人よりも状況を問題にしてください / 脇中  洋(文学部助教授)
・性的少数者の分断―国家の管理体制のなかで / 堀江 有里(非常勤講師)

卒業生から新入生へ ―花大での学び方・暮し方・遊び方―
・社会学的なものの見方?? / 片山 卓司(00年社会福祉学科卒業)
・とりあえずやってみるの気持ちで / 椎谷 保子(02年社会福祉学科卒業)
・「授業」と「授業以外」で得たもの / 西尾 一美(92年社会福祉学科卒業)
・治療台の上で / 本多 祖圭(00年大学院修士課程修了)
・私が私になるための出発 / 前野 玲子(93年社会福祉学科卒業)
・花園大学の利用法 / 的場 大典(02年社会福祉学科卒業)
・私の「価値観」を変えた実習 / 宮川 知子(93年社会福祉学科卒業)

こんな本、読んだらどう? ―上回生から新入生へ―
・『創竜伝』・『イラクの中心で、バカを叫ぶ』 / 糸数 愛莉(国文学科4回生)
・『うつくしい子ども』 / 石川 智子(国文学科4回生)
・『社会的引きこもり―終わらない思春期』 / 石倉 英夫(福祉心理学科4回生)
・『小説 上杉鷹山』 / 江畑奈帆子(国文学科4回生)
・『自己暗示トレーニング』 / 川端 俊郎(国文学科4回生)
・『頭のいい大学4年間の生き方』・『わたしと小鳥とすずめと』  / 小西 絢子(国文学科4回生)
・『「書」を書く愉しみ』・『くまのプーさん 英国文学の創造力』 / 佐竹 由美(国文学科4回生)
・『人生の地図』・『西蔵放浪』 / 宮薗亜紀子(史学科4回生)

第18回花園大学人権週間報告
佐原 多美(人権教育研究センター)

差別と表現について考える(差別的問題発言事件報告)
八木 晃介(文学部教授)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(6)
京都学概論 / 山田 邦和(文学部教授)

編集後記

 

第27号(2005年12月発行) 「第19回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
戦争こそ人権侵害の最たるもの / 八木 晃介(文学部教授)

[第1特集]第19回花園大学人権週間
前夜祭 映画「パッチギ!」
背景から見える朝鮮人の事情 / 吉田 泰輔(国文学科3回生)
講師の先生方への事前学習
・上杉 聡さん「アジア歴史認識の対立をめぐって」 / 八木 晃介(文学部教授)
・牧口一二さん『日本では高齢から「借りもの人生」―障害者の「自立支援法」とやらに想う」
/ 韓  七菊(福祉心理学科3回生)
・石原昌家さん「沖縄から日本へ~ヘリ墜落、1年後からのメッセージ~」  / 上間紗耶香(福祉心理学科2回生)

[第2特集]「沖縄からの反撃」の現場をあるく ―有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート4)―
夏季現地考察報告
未来への架け橋 / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
参加者の感想レポート
・ウチナーンチュの心の声をあなたに。 / 上間沙耶香(福祉心理学科2回生)
・砂浜のキャンプ / 植村  要(福祉心理学科4回生)
・暴力化した権力 / 小田切由里(本学卒業生)
・遠い沖縄の地を訪ねて… / 川瀬 映里(社会福祉学科3回生)
・命どう宝(ぬちどうたから)の大切さ ~青い海の地で脅かす者~
/ 小鯛 美香(社会福祉学科3回生)
・抵抗のスタイルを考える / 里中えつ子(人権研センター受講生)
・影武者と名づけたい沖縄 / 徐  銀柱(大学院博士後期課程)
・沖縄県民は恐怖なんか恐れない / 韓  七菊(福祉心理学科3回生)
・沖縄の苦悩を追体験できるだろうか / 八木 晃介(文学部教授)
・暗澹たる沖縄―二〇〇五年の旅から― / 山田 邦和(文学部教授)
・置き去りにされる反戦の怒り / 横道みさを(社会福祉学科1回生)
・傷ついていく沖縄 / 吉田 泰輔(国文学科3回生)
・安穏たる生活を求めて / 渡邊 美香(国文学科3回生)
・八木先生、フィールドワーク参加者の皆さま / 阪本 菜緒(京都女子大学学生)
[現地特別講演]
・海の平和のための辺野古闘争・この一年 / 浦島 悦子(フリーランス・ライター)
・沖縄から日本が見える / 石原 昌家(沖縄国際大学教授)

人権研センター〈春のミニ・フィールドワーク〉
「NPO丹波マンガン記念館」報告
・Mの悲劇 / 青山 公胤(国際禅学科3回生)
・『丹波マンガン記念館』を通して得た感情 / 今井 友恵(福祉心理学科4回生)
・強制連行に見る朝鮮人の苦労 / 川崎あつ子(史学科3回生)
・丹波マンガン記念館見学6時間後 / 竹下かりん(史学科4回生)
・冷ややかな負の遺産 / 宮薗亜紀子(史学科4回生)

編集後記

 

第28号(2006年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
「人」として / 阿部 浩三(花園大学学長)

人権教育研究センターへのお誘い
「なんかいいこと」あるかも…☆ / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権I-1 解決していない「浮島丸」事件 / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-2 国籍を理由に家を貸さない差別 / 井上 正一(非常勤講師)
・人権I-3 ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権I-4 女性から見た現在社会と人権 / 木村 和世(非常勤講師)
・人権I-5 障害者の機会平等と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権II-7 在日外国人と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-6 再考「衆生権」 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権II-6 再考「衆生権」 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7 現代医療技術から派生した人権問題 / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-8 部落問題論 / 西田 英二(非常勤講師)
・人権II-8 部落問題論 / 西田 英二(非常勤講師)
・人権II-1 知らなければ差別しないか-部落差別を学ぶこと- / 中尾 良信(文学部教授)
・人権II-2 マイノリティと人権を支えるNPOの試み / 石井布紀子(非常勤講師)
・人権II-3 セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4 〈言論の自由〉ということ / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権II-5 歴史にみる障害者と人権 / 広瀬浩二郎(非常勤講師)

人権教育研究センター研究員の「人権エッセー」
・考えよう! 勉強はおもしろいぞ。 / 浅子 逸男(文学部教授)
・路上に生きる逞しいいのちに接して / 小田川華子(社会福祉学部専任講師)
・あなたは、どのような時代、世界と向きあうのか / 河野 秀忠(非常勤講師)
・障害者福祉が本格的な資本主義体制へ / 愼  英弘(非常勤講師)
・親権について考える / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・無駄な社会通念は高くつく-お墓の話- / 中尾 良信(文学部教授)
・医療刑務所の中の人権 / 根本 治子(非常勤講師)
・フランス社会のジレンマ / 林  信明(社会福祉学部教授)
・「レズビアン」として生きる / 堀江 有里(非常勤講師)
・笑いのエネルギー / 丸山 顕徳(文学部教授)
・人間の原点 / 森本 泰弘(京都私立大学人権問題懇話会事務局)
・国内「ワールド・シリーズ」って何や? / 八木 晃介(文学部教授)
・原爆を投下されかけた京都 / 山田 邦和(文学部教授)
・マサコさんの「人権」 / 吉田 智弥(人権教育研究センター委嘱研究員)
・学力による入試選抜が、なぜ差別とされないか / 脇中  洋(文学部教授)

人権教育研究センター研究員による〈読書のススメ〉
・目のウロコを落とす体験 / 八木 晃介(文学部教授)
・「格差社会論」に寄せて~三浦展「下流社会」(光文社新書)を読む / 吉永  純(社会福祉学部助教授)

05年度卒業生から06年度新入生へ
・新しいスタートにむけて / 石川 智子(国文学科卒業生)
・入学おめでとう!そしてこれからもよろしく? / 石倉 英夫(福祉心理学科卒業生)
・人権研におこしやす!! / 茨木比斗美(福祉心理学科卒業生)
・こんにちは、と、またいつか / 今井 友恵(福祉心理学科卒業生)
・主に社会人学生と障害のある学生さんへ / 植村  要(福祉心理学科卒業生)
・大学生活 / 江畑奈帆子(国文学科卒業生)
・4年後の自分に会うために / 岡崎  梢(福祉心理学科卒業生)
・鳴呼花の応援団長…それは誰? / 松下 真矢(社会福祉学科卒業生)
・ご縁は大切に / 宮薗亜紀子(史学科卒業生)
・学生生活4年間を振り返って / 汪   蓉(社会福祉学科卒業生)

第19回花園大学人権週間報告
〈タニンゴト〉ではなく〈ジブンゴト〉へ、転換する想像力を!
/ 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

奈良・水平社博物館〈秋季フィールドワーク〉報告
・墨の意外な裏側 / 糸数 愛莉(05年度国文学科卒業生)
・水平社博物館での1日 / 黒田真祐美(国文学科4回生)
・あったがままの水平社運動にふれて-水平社博物館見学- / 横道みさを(社会福祉学科2回生)

東京・靖国神社等〈冬季フィールドワーク〉報告
・東京の地で人権を考えて / 勝原  駿(福祉心理学科3回生)
・靖国神社見学を終えて / 徐  銀柱(大学院博士後期課程)
・葬られた事実 / 韓  七菊(福祉心理学科4回生)
・思いを馳せる / 水嶋 美之(福祉心理学科4回生)
・考え続けた2日間~靖国神社、南千住訪問記~ / 吉田 泰輔(国文学科4回生)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(7)
社会福祉実習 / 津崎 哲郎(社会福祉実習指導室長)

編集後記

 

第29号(2006年12月発行) 「第20回花園大学人権週間」特集号

巻頭言
戦争こそ人権侵害の最たるもの / 阿部 浩三(花園大学学長)

[第1特集]第20回花園大学人権週間
前夜祭 映画「ホテル・ルワンダ」 / 小鯛 美香(社会福祉学科4回生)
講師の先生方への事前学習
・浦本誉至史さん「連続・大量差別はがき事件について」 / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
・山口研一郎さん「脳死・臓器移植と人権」 / 勝原  駿(福祉心理学科3回生) 
・竹下 義樹さん「野宿者の自立支援について」 / 韓  七菊(福祉心理学科4回生)

[第2特集]「沖縄からの反撃」の現場をあるく ―有事法制・戦時下の沖縄を考える(パート5)―
夏季現地考察報告
平和をつくるということ / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)
参加者の感想レポート
・「苦しみながら生きる」ことの意味 / 大口 桃子(福祉心理学科1回生)
・沖縄の裏の顔 / 勝原  駿(福祉心理学科3回生)
・激しい沖縄戦 / 片山 裕子(福祉心理学科4回生)
・「基地の中」にある沖縄を見て / 金森 絵美(福祉心理学科4回生)
・願いと想い / 金野 哲哉(社会福祉学科1回生)
・無関心である怖さ / 國賀  聡(福祉心理学科2回生)
・沖縄が語る命の大切さ / 小鯛 美香(社会福祉学科4回生)
・いま・ここ / 堺  若菜(社会福祉学部1回生)
・〈魂の視線〉を忘れない / 里中えつ子(人権研センター受講生)
・正しいことって何? / 徐  銀柱(大学院博士後期課程)
・戦争が残すモノ / 田中沙矢子(史学科4学科)
・学習をせず、平和はくるのか / 韓  七菊(福祉心理学科4回生)
・オキナワ―そこにある“日常”を想像すること / 堀江 有里(人権研センター委嘱研究員・非常勤講師)
・「再び」 / 水嶋 美之(福祉心理学科4回生)
・部落問題をハンセン病問題から考える
/ 森本 泰弘(人権研センター研究員、京都私立大学人権問題懇話会事務局)
・アメとムチの〈沖縄処分〉 / 八木 晃介(文学部教授)
・まず知ることから / 安江 悠可(社会福祉学科1回生)
・伊江島―龍の火焔 / 山田 邦和(文学部教授)
[現地特別講演]
・平和の武器は学習である / 謝花 悦子(反戦平和資料館「ヌチドゥタカラの家」館長)
・いつまで続く、ぬかるみぞか~基地反対運動の現状と名護市議選~
/ 浦島 悦子(フリーランス・ライター)
・米軍出撃基地の殺人的爆音地獄の現場から ~「傾眠状態」に陥っている日本国~
/ 石原 昌家(沖縄国際大学教授)

人権研センター〈春のミニ・フィールドワーク〉  「大阪人権博物館リバティおおさか」報告
・同系と同一の差 / 井野  瞳(史学科2回生)
・人権は、いつも、そこにある / 片山 裕子(福祉心理学科4回生)
・無視することのできない社会問題 / 中才 博重(史学科4回生)
・読み応えのある博物館 / 林田 大輔(史学科3回生) 

セクシュアル・ハラスメント防止学習会
セクシュアル・ハラスメント防止のために / 小田切由里(兵庫県女性問題相談員)

編集後記

 

第30(2007年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
よく来ましたね / 阿部 浩三(花園大学学長)

人権教育研究センターへのお誘い
“こころ”をうごかす / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

CDC基礎科目「人権」の講義案内
・人権I-1 障害児の教育問題から人権を考える / 藤井  渉(非常勤講師)
・人権I-2 在日外国人と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-5 障害者の機会平等と人権 / 愼  英弘(非常勤講師)
・人権I-3 ジェンダー論 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権I-4 女性から見た現在社会と人権 / 木村 和世(非常勤講師)
・人権I-6 排除の論理をこえるもの「衆生権」の確立 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権II-6 排除の論理をこえるもの「衆生権」の確立 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・人権I-7 この生命、誰のもの / 根本 治子(非常勤講師)
・人権I-8 部落問題って、ゲーム「大富豪」のあれ? / 西田 英二(非常勤講師)
・人権II-8 部落問題って、ゲーム「大富豪」のあれ? / 西田 英二(非常勤講師)
・人権II-1 公平な理解と望ましい対処 -いまだからの「部落問題」- / 中尾 良信(文学部教授)
・人権II-2 マイノリティと人権とNPO・NGO / 石井布紀子(非常勤講師)
・人権II-3 セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・人権II-4 朕はたらふく喰ってゐる-戦後言論状況 / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権II-5 歴史にみる障害者と人権 / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
・人権II-7 在日コリアンと人権 -まず知ってみよう!そしてフィールドに出よう!
/ 文  鐘聲(非常勤講師)

人権教育研究センター研究員の「人権エッセー」
・納豆が食べたい! / 浅子 逸男(文学部教授)
・「知ること」からはじまる大学生活 / 石倉 英夫(教務課員)
・2007年、花園大学に入学されたみなさん!おめでとう! / 河野 秀忠(非常勤講師)
・三障害統合は歴史の逆戻りでは! / 愼  英弘(非常勤講師)
・七五調と7・5・3  / 島崎 義孝(非常勤講師)
・立入調査論争 / 津崎 哲郎(社会福祉学部教授)
・視覚障害者の目線 / 中尾 良信(文学部教授)
・孤独死と地域力 / 根本 治子(非常勤講師)
・虐待の撲滅をめざして / 橋本 和明(社会福祉学部教授)
・こうのとりの悩み-ベビーポストを考える- / 林  信明(社会福祉学部教授)
・花を見ない花見って!? / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
・「産む機械」発言からみえてくるもの / 堀江 有里(非常勤講師)
・危機管理・自己管理と近代主義 / 丸山 顕徳(文学部教授)
・病を通して考えたこと / 三品 桂子(社会福祉学部教授)
・「問われて名乗るもおこがましいが、生まれは遠州浜松在」 / 森本 泰弘(入試課員)
・ボヤキ漫才的「美しい国」論 / 八木 晃介(文学部教授)
・評価をしきってはならない / 安田三江子(社会福祉学部准教授)
・地名を殺すな! / 山田 邦和(非常勤講師)
・良心を捨てるか否か / 吉田 智弥(人権教育研究センター委嘱研究員)
・格差から貧困へ ~人間らしい生活とは? / 吉永  純(社会福祉学部准教授)
橘木俊詔「格差社会」(岩波新書)を手がかりに
・「非暴力的危険介入法」トレーニングの研修を行って / 脇中  洋(文学部教授)

06年度卒業生から07年度新入生へ
・自己成長過程論 / 青山 公胤(国際禅学科卒業生)
・ともに学び合うことの大切さ / 片山 裕子(福祉心理学科卒業生)
・4年を2年で取り戻した私 / 金森 絵美(福祉心理学科卒業生)
・やりたいことはやる / 黒田真祐美(国文学科卒業生)
・苦しみを味わって我慢することも / 小鯛 美香(社会福祉学科卒業生)
・やる気を見せてくれ / 韓  七菊(福祉心理学科卒業生)
・カンボジアとの出会い / 古川 沙樹(福祉心理学科卒業生)

第20回花園大学人権週間報告
「いま・ここ」にあるもの / 佐原 多美(人権教育研究センター事務職員)

大阪・猪飼野〈秋季フィールドワーク〉報告
まとまらない文章 / 金野 哲哉(社会福祉学科2回生)
・猪飼野フィールドワークから自分を振り返る / 森本 泰弘(入試課員)

シリーズ・花園大学の特色ある授業(8)
京都の冬を生き抜く ~野宿者の生活のその支援について学ぼう~
/ 小田川華子(社会福祉学部専任講師)

編集後記

| 「センター報「人権教育センター報」」へ戻る |