人権教育研究センター

室報『人権教育研究室報』 11号~19号

 

第11号(1997年12月発行) 第11回花園大学人権週間特集

巻頭言
ラベルを貼ってわかったつもりになっていないか / 浜田寿美男(花園大学人権教育研究委員会委員長)

〔第1特集〕第11回花園大学人権週間
前夜祭
「映画『デッドマン・ウォーキング』 」 藤澤 知佳(国文学科2回生)
講師の先生方への事前学習
・蒔田直子さん「自虐的な心境をこえて」 ― 片山 卓司(社会福祉学科2回生)
・阿部知子さん「脳死・臓器移植を見直す」 ―  竹鼻 秀実(研究生)
・山下明子さん「否定されても私は<おんな>であり続けたい」 ― 今井 克美(社会福祉学科3回生)

〔第2特集〕岡山<渋染一揆>現地考察報告
抵抗と団結―先人の足跡をたずねて / 松本 敏之(人権教育研究室事務助手)
参加学生の感想レポート
・歴史教育の在り方と現地考察多 / 祖圭(大学院文学研究科修士課程)
・「渋染一揆」と現在の解放運動 / 小田切由里(科目等履修生)
・私自身への、よみがえり / 國 啓子(社会福祉学科1回生)
・そのとき、女たちは / 濱田 恭子(社会福祉学科1回生)
講演記録
・渋染一揆の歴史的意義について / 若林 義夫(岡山部落解放研究所事務職員)
・岡山の部落解放運動 / 楠木 裕樹(部落解放同盟岡山県連合会常任)

エッセー
マスコミと大衆 / 本多 祖圭(大学院文学研究科修士課程)

あとがき / 八木 晃介(人権教育研究室室長)

 

第12号(1998年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
信じるということ / 浜田寿美男(花園大学人権教育研究委員会委員長)

[第1特集]自由主義史観をどうとらえるか
・“侵略”と“開発”─植民地支配美化論のレトリック / 金 英達(非常勤講師)
・『教科書が教えない歴史』(自由主義史観研究会編)を読んで / 三原 芳一(文学部教授)
・歴史教育と歴史研究 / 服部 敬(文学部教授)
・マスメディア論法への処方箋 / 下小牧雅弘(史学科4回生)

[第2特集]学問に向き合う姿勢─人権問題を踏まえて─
・近世身分制社会をどうとらえるか / 森本 泰弘(入試課)
・教養の真意・キリストの苦しむ姿 / JEFF SHORE(文学部助教授)
・VIVA(万歳)!新入生 / 中村 樗(文学部教授)
・身体論に根ざした心理学を~人権論を考えるための基礎として~ / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
・こだわろう / 島崎 義孝(非常勤講師)
・〈よきひと〉と出逢えるか / 八木 晃介(文学部教授)
・人を愛することのむずかしさ / 林 信明(社会福祉学部教授)
・距離測定 / 中尾 良信(文学部教授)
・真の教養とは何か / 西村 惠信(文学部教授)
・自己実現の支援者に / 西野 孝(社会福祉学部教授)
・固定観念には縛られるな! / 愼 英弘(社会福祉学部助教授)
・学問の自由と責任 / 佐々木 閑(文学部助教授)
・昨年の収穫から 『三浦和義事件』と『アンダーグラウンド』 / 浅子 逸男(文学部教授)
・人権問題III(ジェンダー論)を担当して / 北 明美(非常勤講師)

[第3特集]人権関連授業の受講生から
・人権問題I 部落問題論 / 藤本 杏奈(社会福祉学科2回生)
・人権問題II 民族問題論 / 種田 洋平(史学科2回生)
・人権問題III ジェンダー論 / 新津 洋子(史学科3回生)
・人権問題IV 差別問題論 / 田口いづみ(史学科2回生)
・同和教育論 / 菅 美由紀(史学科2回生)

第11回花園大学人権週間を終えて
人権週間顛末記~11年目を迎えて~ / 松本 敏之(人権教育研究室97年度事務助手)

人権教育研究室事務助手交代の弁
・借りたものと返していくものと / 松本 敏之(人権教育研究室97年度事務助手)
・かかと一つ / 田中 裕美(人権教育研究室98年度事務助手)

エッセー
生きているってどういうことでしょうか / 今井 克美(社会福祉学科4回生)

あとがき

 

第13号(1998年12月発行) 第12回花園大学人権週間特集

巻頭言
「正義」という名の面子 / 浜田寿美男(人権教育研究委員会委員長)

[第1特集]第12回花園大学人権週間
前夜祭
近藤日佐子さん
『人権日本の夜明けを願って』─朝鮮歌曲をうたう ― 片山 卓司(社会福祉学科3回生)
講師の先生方への事前学習
・免田 栄さん「死刑制度を考える」 ― 竹鼻 秀実(社会福祉研究科修士課程)、田中 裕美(人権教育研究室事務助手)
・小野和子さん「キャンパス・セクハラを考える」 ― 小田切由里(科目等履修生)、種田 洋平(史学科2回生)
・福島 智さん「盲ろう者として生きて」 ― 片山 卓司(社会福祉学科3回生)

[第2特集]夏季現地考察報告(東京・群馬)
その1 浅草弾左衛門の事跡を訪ねて / 田中 裕美(人権教育研究室事務助手)
その2 世良田村焼き打ち事件に学ぶ
参加学生の感想レポート
・98年度夏季現地考察に参加して / 島 伊都(社会福祉学研究科修士課程)
・遊女の行方 / 藤本 杏奈(社会福祉学科2回生)
・「きっかけ」との出会い / 田口いづみ(史学科2回生)
講演記録
・浅草弾左衛門と関東の被差別部落 / 藤沢 靖介(東日本部落解放研究所事務局長)
・群馬・世良田村焼き打ち事件 / 松島 一心(部落解放同盟群馬県連合会専従)

あとがき

 

第14号(1999年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
ボランティア活動と人権 / 西野 孝(花園大学人権教育研究委員会委員長)

[第1特集]自由科目「差別と人権」 シラバスに書けない講義案内
・人権問題I 自分自身の意識と向き合う / 中尾 良信(文学部教授)
・人権問題II 在日コリアンのコンプレックスからの脱穀作業 / 金 英達(非常勤講師)
・人権問題III 逆恨みはやめて、ネ / 北 明美(非常勤講師)
・人権問題IV 〈地獄〉を楽しみませんか? / 八木 晃介(文学部教授)
・人権問題V 真の人権感覚を養う / 愼 英弘(社会福祉学部助教授)

[第2特集]人権教育研究室歴代助手からのメッセージ
・人権研での思い出 / 谷口いずみ(93年度人権教育研究室助手)
・出会いを大切に / 首藤 晶子(94年度人権教育研究室助手)
・アソンデ クラス ノ ススメ / 吉弘 径示(95年度人権教育研究室助手)
・自分へ還る旅 / 齋藤 恵美(96年度人権教育研究室助手)
・価値ある出会いを / 松本 敏之(97年度人権教育研究室助手)
・人権研の活用法 / 田中 裕美(98年度人権教育研究室助手)

[第3特集]人権教育研究室研究員のエッセー
・ヤクザの冤罪 / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
・「人権擁護」という名の人権侵害 / 三原 芳一(文学部教授)
・『長江は知っている』 / 服部 敬(文学部教授)
・昭和27年、民主主義 / 浅子 逸男(文学部教授)
・人間にとって動物とは / 林 信明(社会福祉学部教授)
・死にたいのか / 島崎 義孝(非常勤講師)
・子どもに「自分で考え行動する権利」を / 西野 孝(社会福祉学部教授)
・人権に関する瞑想録 / 中村 樗(文学部教授)

第12回人権週間を終えて
向日葵にはせる想い / 田中 裕美(98年度人権教育研究室助手)

人権教育研究室事務助手新旧交代の弁
・今までとこれから / 田中 裕美(98年度人権教育研究室助手)
・だまされてみませんか? / 杉岡 雅江(99年度人権教育研究室助手)

あとがき

 

第15号(1999年12月発行) 第13回花園大学人権週間特集

巻頭言
ノーマライゼーション / 西野 孝(人権教育研究委員会委員長)

[第1特集]第13回花園大学人権週間
前夜祭
新屋 英子さん 「演じ続けて、今。─芸術家としてではなくひとりの人間として伝えたい」
― 藤本 杏奈(社会福祉学科3回生)
講師の先生方への事前学習
・井桁 碧さん「性と差別─〈結婚〉について考える」 ― 田口いづみ(史学科3回生)
・笑福亭伯鶴さん「ちょっとビールでも飲みに行きましょか?」 ― 杉岡 雅江(人権教育研究室事務助手)
・近藤美津枝さん 「すべての子どもを性的虐待から守る~アジア一帯で売買されている子ども達の現実を知ることから」 ― 小田切由里(科目等履修生)

[第2特集]沖縄南部戦跡現地考察報告
沖縄戦から現在(いま)を見る / 杉岡 雅江(人権教育研究室事務助手)
参加学生の感想レポート
・日本人とペシミズム / 井上 一樹(史学科4回生)
・泡盛に酔った沖縄の夜 / 片山 卓司(社会福祉学科4回生)
・〈ジブンゴト〉と考えることから / 菊村 誠二(社会福祉学科4回生)
・今また戦争へと進み始めた日本 / 佐原 多美(社会福祉学科2回生)
・海が黒く染められたとき / 椎谷 保子(社会福祉学科2回生)
・私達の〈いま・ここ〉 / 種田 洋平(史学科3回生)
・〈日本国〉の犠牲になった島 / 南畑 奈緒(社会福祉学科3回生)
[現地講演]
沖縄から日本の姿が見える / 石原 昌家(沖縄国際大学教授)
[特別講演]
大阪・浅香の部落解放運動 / 山本 義彦(部落解放同盟大阪府連合会浅香支部副支部長)

あとがき

 

第16号(2000年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
・福祉と人権 / 西野  孝(人権教育研究委員会委員長)
・自己確立としての人権教育でありたい / 西村 惠信(文学部教授)
・学生と性 / 辻  光文(非常勤講師)

[第1特集]20世紀―私にとっての「事件」
・フェミニズムと資本論 / 北 明美(非常勤講師)
・朝鮮で創氏改名が実施される─1940年2月11日 / 金 英達(非常勤講師)
・DNAと「私」  / 佐々木 閑(文学部助教授)
・悪魔は老獪だ / 島崎 義孝(非常勤講師)
・20世紀、私にとっての「事件」 / 愼 英弘(社会福祉学部助教授)
・町田差別事件 / 中尾 良信(文学部教授)
・戦争と人権 / 中村 樗(文学部教授)
・二人の山田さん / 服部 敬(文学部教授)
・冤罪と人権 / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
・差別問題と私との関わり / 林 信明(社会福祉学部教授)
・八瀬童子をめぐって / 森本 泰弘(就職課)
・「事件」としての天皇制 / 八木 晃介(文学部教授)

[第2特集]おすすめしたい本、映画 etc
・是非とも読んでほしい本 / 浅子 逸男(文学部教授)
・ライフ・イズ・ビューティフル─La Vita E Bella  / Jeff Shore(文学部教授)
・子どもたちよありがとう / 辻 光文(非常勤講師)
・ジャッキー・ロビンソン物語 / 中村 樗(文学部教授)
・この子らを世の光に / 西野 孝(社会福祉学部教授)

第13回人権週間を終えて
蝶は舞う / 杉岡 雅江(人権教育研究室99年度事務助手)

人権教育研究室事務助手新旧交代の弁
・やわらかい空気 / 杉岡 雅江(人権教育研究室99年度事務助手)
・出会いの場所として / 菊村 誠二(人権教育研究室00年度事務助手)

あとがき

 

第17号(2000年12月発行) 第14回花園大学人権週間特集

巻頭言
少年法改正とリハビリテーション / 西野 孝(人権教育研究委員会委員長)

[第1特集]第14回花園大学人権週間
前夜祭
映画『アメリカン・ヒストリーX 』 / 種田 洋平(史学科4回生)
講師の先生方への事前学習
・石川一雄さん「狭山事件と私」 / 藤本 杏奈(社会福祉学科4回生)
・「狭山事件の弁護を担当して」 / 中山 武敏(弁護士)
・大平光代さん「非行が起きてしまう背景」 / 三石 昌子(社会福祉学科3回生)
・上野光歩さん「精神障害者の人権~こころ病む人と共に~」 / 安田 志津(社会福祉学科2回生)

[第2特集]朝鮮通信使事跡現地考察(対馬)
「境界の島」からみた日朝関係 / 菊村 誠二(人権教育研究室事務助手)
参加学生の感想レポート
・学んだこと、学べなかったこと / 小田切由里(科目等履修生)
・島国の生きる道─朝鮮半島が見える島、対馬を旅して / 里中えつ子(人権教育研究室受講生)
・別れたもの、出会ったもの / 杉岡 雅江(前人権教育研究室事務助手)
・対馬で気づいた自分の中の差別意識 / 鈴木 裕実(史学科4回生)
・「ムグンファ」のきこえる島で / 首藤 晶子(元人権教育研究室事務助手)
・立っていない碑、まだわからない一言 / 種田 洋平(史学科4回生)
・現地考察旅日記 / 中村 樗(文学部教授)
・交流と境界の島 / 服部 敬(文学部教授)
・「土を踏む」ということ / 堀江 有里(非常勤講師)
・『朝鮮日々記を読む─真宗僧が見た秀吉の朝鮮侵略』との出会い / 森本 泰弘(就職課)
・日朝交流の架け橋の地、対馬 / 安田 志津(社会福祉学科2回生)
・日本と朝鮮の中間地点・対馬 / 大和 さやか(社会福祉学科2回生)
・2000年・対馬 / 吉田 智弥(非常勤講師)
[現地特別講演]
対馬の歴史と朝鮮 / 仲尾 宏(京都造形芸術大学教授)

[第3特集]金英達先生追悼
金英達さんの想い出 / 姜 在彦(前文学部教授)
・思い出から想いへ / 種田 洋平(史学科4回生)
・金先生がいなくなった / 八木 晃介(文学部教授)
・金英達先生著作目録

あとがき / 八木 晃介(人権教育研究室室長)

 

第18号(2001年4月発行) 新入生歓迎特集号

巻頭言
花大らしい豊かな人権感覚を / 西村 惠信(花園大学・学長)

[第1特集]自由科目[差別と人権]への招待
・民主主義の差別性 / 浅子 逸男(文学部教授)
・宗教と差別 / 沖本 克己(文学部教授)
・民族と平和 / 姜  在彦(客員教授)
・ジェンダーと労働 / 北 明美(非常勤講師)
・福祉における倫理と人権 / 島崎 義孝(非常勤講師)
・仏教フェミニズム / 島崎 義孝(非常勤講師)
・障害者の機会平等と人権 / 愼 英弘(社会福祉学部助教授)
・部落問題論 / 中尾 良信(文学部教授)
・医療と人権 / 根本 治子(非常勤講師)
・冤罪と人権 / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
・歴史にみる障害者と人権 / 広瀬浩二郎(非常勤講師)
・セクシュアリティ研究 / 堀江 有里(非常勤講師)
・多文化共生への展望 /  公輝(非常勤講師)
・差別問題の社会学・差別問題論 / 八木 晃介(文学部教授)
・管理社会と人権 / 吉田 智弥(非常勤講師)

[第2特集]21世紀の人権・展望
・問題にとらわれないこと / 岡田 まり(非常勤講師)
・キャンパス・セクシャル・ハラスメントの対策の研修から / 北 明美(非常勤講師)
・スリランカの比丘尼たち / 佐々木 閑(文学部助教授)
・同時ということ / 島崎 義孝(非常勤講師)
・こだわろう / 島崎 義孝(非常勤講師)
・障害者に対するさらなる認識を! / 愼 英弘(社会福祉学部助教授)
・情報開示と説明責任 / 中尾 良信(文学部教授)
・南アフリカ~かつて人権差別政策を執った国~ / 中村 樗(文学部教授) 
・人権意識の国際性 / 西野 孝(社会福祉学部教授)
・情報化社会と人権 / 浜田寿美男(社会福祉学部教授) 
・キーワードとしての「社会連体性」を考える / 林 信明(社会福祉学部教授)
・人間の値段 / 古橋エツ子(社会福祉学部教授) 
・同性愛者の人権は「見える」存在となるか? / 堀江 有里(非常勤講師)
・部落史の見方・考え方 / 森本 泰弘(就職課)
・コミュニケーションと人権 / 八木 晃介(文学部教授)
・「性廃止論」と「性自由選択論」 / 山田 邦和(文学部助教授)
・子どもの人権 / 吉田 智弥(非常勤講師)

[第3特集]大学生にお薦めの書物と映像
・クリティカルシンキング / 岡田 まり(非常勤講師)
・脳の中の幽霊 / 佐々木 閑(文学部助教授)
・ダンサー・イン・ザ・ダーク / JEFF SHORE(文学部教授)
・招かれざる客 / 中村 樗(文学部教授)
・山河在り / 西野 孝(社会福祉学部教授)
・文学でめぐる京都 / 服部  敬(文学部教授)
・沖縄の旅・アブチラガマと轟の壕 / 林 信明(社会福祉学部教授)
・親鸞 白い道 / 森本 泰弘(就職課)
・梅棹忠夫著作集 / 山田 邦和(文学部助教授)

第14回花園大学人権週間を終えて
誰のため、何のための人権週間? / 菊村 誠二(人権教育研究室事務助手)

人権教育研究室事務助手新旧交代の弁
・人権研の使い方 / 菊村 誠二(2000年度人権教育研究室事務助手)
・新たな出会いと発見の場に / 田口いづみ(2001年度人権教育研究室事務助手)

人権教育研究室研究員による人権教育研究室紹介 / 森本 泰弘(就職課)

編集後記

 

第19号(2001年12月発行) 第15回花園大学人権週間特集

巻頭言
テロと報復攻撃 / 西野 孝(人権教育研究委員会委員長)

[第1特集]第15回花園大学人権週間
前夜祭
映画『M/OTHER』  / 種田 洋平(史学科5回生)
講師の先生方への事前学習
・若林義夫さん「インターネット犯罪について」 ― 米田 英史(史学科4回生)
・林 力さん「ハンセン病と人権について考える~林力さんと出会って」 ― 安田 志津(社会福祉学科3回生)
・戒能民江さん「DV法はできたけれど…」 ― 田口いづみ(人権教育研究室事務助手)

[第2特集]「原爆・部落・朝鮮人・切支丹」現地考察(長崎)
追憶の空―探し求めたそれぞれの想い / 田口 いづみ(人権教育研究室事務助手)
参加者の感想レポート
・真実をしらないということ / 佐原 多美(社会福祉学科4回生)
・“平和”の行く方 / 種田 洋平(史学科5回生)
・長崎は今日も暑かった / 中村  樗(文学部教授)
・「浦上四番崩れ」に想う / 服部  敬(文学部教授)
・私のイメージと異なる長崎 /      (社会福祉学科4回生)
・国際観光都市長崎の表裏 / 的場 大典(社会福祉学科4回生)
・日本人気質と差別 / 南畑 奈緒(社会福祉学科5回生)
・長崎で胸に刻んだこと / 安田 志津(社会福祉学科3回生)
・私の心に焼きついたあの一枚 / 大和さやか(社会福祉学科3回生)
・思想の殻から抜け出すために / 米田 英史(史学科4回生)
[現地特別講演]
・部落に生まれて差別とたたかう / 中尾  貫(部落解放同盟長崎県連合会委員長)
・部落とキリシタン-その歴史的諸関係をめぐって / 阿南 重幸(長崎県部落史研究所事務局長)
・長崎における朝鮮人、中国人強制連行・強制労働 / 高實 康稔(長崎大学教授)

誹謗中傷メール事件についての私的報告
被害者の主観性をも加味しつつ / 八木 晃介(文学部教授) 

編集後記 / 八木 晃介(人権教育研究室室長)

 

| 「センター報「人権教育センター報」」へ戻る |