人権教育研究センター

紀要「人権教育研究」創刊号~10号

 

創刊号(1993年3月発行)

  • 巻頭言 光り輝く自己 / 盛永 宗興(花園大学学長)
  • 人権の立場から見た仏教の戒律 / 中尾 良信(文学部助教授)
  • International Society&Education:
    A Zen Buddhist View of Liberation / Jeff Shore(文学部助教授)
  • Buddhism and Human Rights:
    An Outsider’s View / W.S.Yokoyama(嘱託外国人英語教師)
  • 「理解」という名の偏見とその自己実現 / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • 被差別部落民衆のアイデンティティ状況 / 八木 晃介(文学部教授)
  • 女性の人権 / 古橋エツ子(社会福祉学部助教授)
  • 受刑者権利の展開 / 島崎 義孝(非常勤講師)

人権教育研究室・1992年の動向
花園大学人権教育研究室規定
編集後記

 

第2号(1994年3月発行)

  • 在日韓国・朝鮮人の戦後補償問題 ―講演録― / 姜  在彦(文学部教授)
  • 「偽装的作為」としての差別行為 ―「否定」をめぐる差別の意味構造とその意味構成―
    / 中村 文哉(非常勤講師)
  • 差別の底にひそむもの ―アイデンティティの危機と安定をめぐって― / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • 戒名の意味と機能 ―長野県下差別戒名調査を踏まえて― / 中尾 良信(文学部助教授)
  • グローバルな歴史的観点から見たエイズ ―海外文献紹介― / 村本 詔司(社会福祉学部教授)
  • 人権感覚の言説分析 ―意識調査における自由回答の解析― / 八木 晃介(文学部教授)
  • 人工妊娠中絶 ―女性の人権と子どもの人権― / 古橋エツ子(社会福祉学部助教授)

花園大学人権教育研究室1993年の動向
編集後記

 

第3号(1995年3月発行)

  • 人権の置かれてある地平 / 西村 惠信(文学部教授)
  • 仏教僧団と一般社会の関係 / 佐々木 閑(文学部助教授)
  • 差別戒名の確認と対処 ―栃木県下差別戒名調査を踏まえて― / 中尾 良信(文学部助教授)
  • 滋賀県の部落史研究動向 / 森本 泰弘(教務課員)
  • アメリカ黒人高齢者の社会的位相 / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • 差別行為と他者理解 ―現象学的行為理論の見地から― / 中村 文哉(非常勤講師)
  • 再審請求の手前で ―野田事件の現在― / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • 了解不能性の構図 ―錯綜する部落問題意識― / 八木 晃介(文学部教授)

花園大学人権教育研究室1994年の動向
編集後記

 

第4号(1996年3月発行)

  • 臨黄各派における差別戒名の現状 ―アンケート法による量的研究― / 八木 晃介(文学部教授)
  • 臨黄各派における差別戒名の現状 ―ケースワークによる質的研究― / 中尾 良信(文学部助教授)
  • 転機を迎えた在日韓国・朝鮮人問題 / 姜  在彦(文学部教授)
  • アメリカ・フェミニズム仏教の期待と陥穽 / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • <伝聞>と被差別世界の解釈 ―シュッツの「社会的世界の構造分析」の見地から―
    / 中村 文哉(非常勤講師)
  • 帝銀事件の今(その1) / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • <寝た子を起こすな>言説の推論構造
    / 八木 晃介(文学部教授)、竹鼻 秀実(社会福祉学部学生)
  • [書評]
    Rude Awakening:
    the Kyoto School, & the Question of Nationalism / Jeff Shore(文学部助教授)

花園大学人権教育研究室1995年の動向
編集後記

 

第5号(1997年3月発行)

  • 運動の<意味と方法>の再構築(講演)
    / 吉田 智弥(奈良自治研センター事務局長・天理大学講師)
  • 女子割礼 ―健康と女性自身の存在を脅かす伝統的習慣―
    / 根本 治子(飯田女子短期大学教員)
  • アメリカ仏教のエコロジー視点 / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • 差別行為と観察者 ―現象学的差別行為論のパラダイム転換― / 中村 文哉(非常勤講師)
  • 訓練という名の体罰 ―園児体罰事件鑑定意見書― / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • 人権意識の変容とその方向性 ―学生意識調査における自由回答表現―
    / 八木 晃介(文学部教授)

花園大学人権教育研究室1996年の動向
編集後記

 

第6号(1998年3月発行)

  • 在日コリアンの出生数および二重国籍者数について
    ―『人口動態統計』(1991~95年度版)からの析出―/ 金  英達(非常勤講師)
  • アメリカ禅仏教における女性の領域 / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • 異文化接触のリアリティ ―A・シュルツの『よそ者』論を読む― / 中村 文哉(非常勤講師)
  • ビルメン労働者と女性 / 北  明美(非常勤講師)
  • ケガレの構造的心意 ―関係性の脱構築のために― / 八木 晃介(文学部教授)
  • 心理臨床と倫理 ―海外関連文献の紹介― / 村本 詔司(社会福祉学部教授)
  • 帝銀事件のいま(その2) ―自白に落ちるまで― / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • スポーツにおける差別 / 中村  樗(文学部教授)
  • 教養の心意―キリストの苦しむ姿 / Jeff Shore(文学部助教授)
  • [書評]
    ZEN AT WAR[戦時の禅] / Jeff Shore(文学部助教授)
  • 死刑制度を考える―人権教育研究室開設5周年記念シンポジウム 
    / 西村惠信、浅野泰巌、市川信行、浜田寿美男、八木晃介

人権教育研究室1997年の動向
編集後記

 

第7号(1999年3月発行)

  • 韓国法における血縁の男女差別 ―その父系血縁神話の崩壊について―
    / 金  英達(非常勤講師)
  • 排除と包摂 ―ジンメル社会学におけるstrangerと差別― / 八木 晃介(文学部教授)
  • 「死」に対する断絶をめぐって / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • 日本の児童手当制度とジェンダー / 北  明美(非常勤講師)
  • 「部落」の知り方・「差別」の感じ方 ―被差別部落における青年層の「語り」を中心に―
    / 岸   衛(非常勤講師)
  • スポーツにおける女性差別 / 中村  樗(文学部教授)
  • 帝銀事件のいま(その3) ―語りはじめた自白の物語― / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • [書評]
    Masao Abe:A Zen Life of Dialogue / Jeff Shore(文学部教授)

花園大学人権教育研究室1998年の動向
編集後記

 

第8号(2000年3月発行)

  • 在日コリアンの日本的通称名について ―その社会的、歴史的および制度史的要因の分析―
    / 金  英達(非常勤講師)
  • ピューリタンにおける「人の再生・町の再生」 ―ジョン・バニヤン「The Holy War」を中心に―
    / 岸   衛(非常勤講師)
  • アメリカ仏教フェミニズムの動向 / 島崎 義孝(社会福祉学部非常勤講師)
  • 生きることの価値と意味 ―命の不思議― / 辻  光文(社会福祉学部非常勤講師)
  • 帝銀事件のいま(その4) ―目撃供述の問題― / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • 葛藤(紛争)理論と差別 / 八木 晃介(文学部教授)
  • 児童手当制度をめぐる諸問題 ―家族賃金と児童手当― / 北  明美(非常勤講師)

花園大学人権教育研究室1999年の動向
編集後記

 

第9号(2001年3月発行)

小野信爾教授退任記念

  • 小野信爾教授インタビュー ―花園大学の思い出― / インタビュアー・八木 晃介
  • 「西光万吉論」ノート / 吉田 智弥(非常勤講師)
  • 仁保事件の自白過程 ―帝銀事件平沢自白分析のために― / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • 戦略としての<カミングアウト> ―レズビアン/ゲイのアイデンティティ・ポリティクス―
    / 堀江 有里(非常勤講師)
  • 恐怖の社会的機能と逆機能 / 八木 晃介(文学部教授)
  • 福祉サービスにおける職業倫理のこと覚書 / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • アボリジニとスポーツ / 中村  樗(文学部教授)
  • 疎外と差別 / 八木 晃介(文学部教授)

花園大学人権教育研究室2000年の動向
編集後記

 

第10号(2002年3月発行)

服部 敬教授退任記念

  • 人権教育研究室前史 / 服部  敬(文学部教授)
  • 同性愛者排除の論理 ―キリスト教における「罪」概念の引用への一考察―
    / 堀江 有里(非常勤講師)
  • 「世間」考(その1) / 吉田 智弥(非常勤講師)
  • アメリカ仏教の社会史(1) / 島崎 義孝(非常勤講師)
  • 精神障害と事件 / 浜田寿美男(社会福祉学部教授)
  • スポーツにおける差別 ―タイガー・ウッヅとその父の場合― / 中村  樗(文学部教授)
  • 日本仏教史に見える悪人観について / 森本 泰弘(就職課職員)
  • 「第2世代の部落問題」への視座 / 八木 晃介(文学部教授)

花園大学人権教育研究室2001年の動向
編集後記

| 「紀要「人権教育研究」」へ戻る |