1. 花園大学トップページ
  2. お知らせ
  3. 学部・大学院・研究
  4. 社会福祉学部
  5. 社会福祉士実習の授業が始まりました(社会福祉学部)

お知らせ

2017.04.17

社会福祉士実習の授業が始まりました(社会福祉学部)

新年度がスタートしました。
今日(4月7日)から授業開始です。社会福祉士実習(相談援助実習)のための授業も第1回目が開講されました。
花園大学では、金曜日の3・4時間目に相談援助実習に係る科目(相談援助実習指導Ⅱ、相談援助演習Ⅱ)の授業を連続して開講し、この2つの授業と実習巡回指導を同一の教員が担当します。実習前・中・後の学習を一貫性を持ってサポートできるようになっていて、これが花園大学の実習教育のセールスポイントの一つです。
また、精神保健福祉士の資格取得を希望する学生(臨床心理学科)は、今年度で相談援助実習を終了後、来年度(4回生時)に精神保健福祉士の実習に臨みます。

3時間目は今年度実習を担当する教員、総勢13名の教員の紹介から始まりました。
実習ゼミは実習分野別(児童施設、障がい者施設、高齢者施設、社会福祉協議会等)に編成されています。5~7名程度の少人数クラスでの授業を通じて、実習の事前・事後の学習(相談援助実習指導Ⅱ)、さらにはソーシャルワーカーとして修めておくべき知識・技術・態度・価値等(相談援助演習Ⅱ)を学んでいきます。
続いて、今年度から設置した免許資格支援センターのスタッフから諸手続の説明の後、主担当の吉永純教授から、実習に臨む心構えについて話がありました。
自ら学ぼうとする姿勢の大切さ、守秘義務、利用者と関わる際の姿勢や留意点、利用者の福利(well being)を考えることの重要性、資格を取ることの意味や社会的責任等々、これから実習に臨む学生が押さえておくべき事柄について確認がなされました。
続く4時間目は、各実習ゼミ毎に分かれて、本格的に実習に向けての事前学習がスタートしました。

この3月には、相談援助実習を修了した卒業生が大勢、福祉実践の現場に巣立っていきました。今日、この教室に集った在学生は、その先輩達の後ろを追っていくソーシャルワーカーの卵です。
教職員全員がみなさんの学びをしっかりサポートしていきます!

2017_04_07①_社会福祉士実習の… OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2017_04_07③_社会福祉士実習の… 2017_04_07④_社会福祉士実習の…