図書館

電子ブック

図書館では、蔵書として購入した電子ブックを図書館や学内の端末で読むことができます。
「館外への貸出」(学外からのアクセス)をすることもできます。その際はあらかじめ学内の端末から氏名などの登録(アカウントの登録)が必要になります。
「館外への貸出」方法はこちら

利用可能な電子ブックの提供元は次の通りです。

  A)NetLibrary eBooks on EBSCO Host(紀伊國屋書店)
  B)Maruzen eBook Library(丸善)

電子ブック利用方法について

 1. hops(OPAC)から利用する
   

 2. 出版社のサイトに直接アクセスして利用する
   それぞれのサイトからキーワード検索して、本を探し出し読むことができます。

 ※操作方法は提供元によって異なります
   A)NetLibraryの使い方はこちら
     さらに詳しい使い方は「NetLibrary ユーザーガイド」を参照してください
   B)Maruzen eBook Libraryの使い方はこちら 

館外への貸出について

館外への貸出(学外からのアクセス)には、あらかじめ学内の端末から氏名などの登録(アカウントの登録)が必要になります。
登録後、90日間を過ぎると、再登録が必要になります。

   A)NetLibrary        アカウントの登録方法
   B)Maruzen eBook Library  アカウントの登録方法 

電子ブックの活用

電子ブックは就活のための強力なツールです。 
設定さえすれば、自宅のPCやモバイル端末で、いつでもアクセスし読むことができます。
実際に電子ブックを活用し、内定を勝ち取った在学生が体験談を教えてくれました。 

 体験談就職内定を勝ち取るための 電子ブック活用法