図書館

データベース

CiNii Articles(NII 国立情報学研究所)

大学や学協会などの刊行物に掲載された論文に関するデータベースや、国立国会図書館の「雑誌記事索引データベース」などの論文情報を、総合的に検索できます。公開されている論文のうち、機関定額での利用が許可されているものについては、本文まで自由に閲覧することができます。
読みたい論文を収録した雑誌がHUMICに所蔵されているかどうかは次のようにして確かめることができます。

MAGAZINE PLUS(日外アソシエーツ)

日本最大規模の雑誌・論文見出しデータベースです。一般誌、総合誌、ビジネス誌、専門誌、大学紀要などの雑誌だけでなく、論文集(記念論文集、一般論文集、シンポジウム・講演集)も対象としています。国立国会図書館の「雑誌記事索引データベース」も検索対象に含まれています。
読みたい論文を収録した雑誌がHUMICに所蔵されているかどうかは、次のようにして確かめることができます。

雑誌記事索引集成データベース(皓星社)

明治以降に刊行された雑誌記事索引類を集大成して一つにまとめ上げようとするデータベースです。地方で刊行された雑誌類も採録し、時代範囲は明治から現在に及びます。国立国会図書館の「雑誌記事索引データベース」も検索対象に含まれています。「図版検索機能」もあり。
記事を検索するのと並行して、CiNii(NII)とNDL-OPAC(国立国会図書館)も検索し、記事が掲載された雑誌自体の所蔵先も同時に確認できます。

大宅壮一文庫雑誌記事索引検索(財団法人大宅壮一文庫)

雑誌専門図書館「大宅壮一文庫」が所蔵する週刊誌、総合誌、女性誌など370誌の雑誌記事索引です。1988年以降を収録しています。毎月更新。

医中誌Web(医学中央雑誌刊行会)

国内医学文献のデータベース「医学中央雑誌」のWeb版。医学、薬学、歯学、看護学、獣医学に関する雑誌、会議録、講演集などから収録。
「医中誌Web」検索からの記事全文の入手方法についてはこちらをご覧下さい。

メディカルオンライン(株式会社メテオ)

メディカルオンラインは、医師、看護婦、医療技術者、および大学、病院、関連企業・団体などの医療関係者のための医療情報の総合WEBサイトです。
日本国内の学会・出版社発行の雑誌に掲載されたあらゆる医学関連分野の「医学文献」から検索し、必要な文献はその場で全文閲覧・ダウンロードが可能です。
「医中誌Web」検索結果からもリンクが貼られています。
利用にあたってはID・PWの申請が必要です。図書館カウンタでご相談下さい。

ProQuest Central(ProQuest 社)

ProQuest Centralは、人文科学・社会科学・自然科学の多岐にわたる学術論文や雑誌記事・新聞記事を検索し、全文を読むことができるデータベースです。検索できるデータベースには ERIC・MEDLINE・PILOTS・ProQuest Dissertations & Theses A&I が含まれます。
検索マニュアルや休止に関する情報は「ProQuest ユーザーページ」をご覧ください。

PsycARTICLES(ProQuest 社)

PsycARTICLESは、APA (アメリカ心理学会:American Psychological Association) 製作による心理学分野の全文データベースです。
検索マニュアルや休止に関する情報は「ProQuest ユーザーページ」をご覧ください。

PsycINFO(American Psychological Association)

OvidSPから利用します。PsycINFOは心理学関連文献の書誌情報と抄録を収録しています(1806年から)。情報源は、世界45ヶ国、30以上の言語で書かれた雑誌論文、学位論文、単行本、レポートなど。
関連する医学、精神医学、教育、ソーシャルワーク、法律、犯罪学、社会科学、組織行動学などの分野の文献も含みます。
検索マニュアルは、「OvidSPマニュアル」のページに掲載されています。

Social Work Abstracts Plus(National Association of Social Workers)

OvidSPから利用します。社会福祉に関する専門雑誌450誌以上の情報(1977年以降)を検索できます
検索マニュアルは、「OvidSPマニュアル」のページに掲載されています。

ERIC(Educational Resources Information Center)

OvidSPから利用します。教育学関係では世界最大規模の文献情報データベース。
検索マニュアルは、「OvidSPマニュアル」のページに掲載されています。

聞蔵(きくぞう)II ビジュアル(朝日新聞社)

「朝日新聞」の記事データベース。「朝日新聞」の創刊号(1879125日)から当日までの記事に加え、『週刊朝日』、『AERA』、『知恵蔵』などの記事を検索して本文を読むことができます。また、古い時期の新聞については紙面イメージで表示させることができます。
さらに、「人物データベース(最新人物事典)」、「朝日新聞歴史写真アーカイブ(昭和戦時期の写真データベース)」も利用できます。
 検索マニュアルは、「聞蔵Ⅱビジュアルの使い方」に掲載されています。

毎日Newsパック(毎日新聞社)

「毎日新聞」の記事データベース。「毎日新聞」の創刊号(1872221日)から当日までの記事に加え、『週刊エコノミスト』、「Mainichi Daily News」の記事を検索し本文を読むことができます。また、過去の重大事件を報じた紙面イメージも一部収録しています。
他に「今日の新聞」「ニュース速報」などが利用できます。

読売新聞 ヨミダス歴史館(読売新聞社)

「読売新聞」の記事データベース。「読売新聞」の創刊号(1874年11月2日)から前日までの記事と、「THE DAILY YOMIURI」(英字新聞 1989年9月~)の記事を検索して本文を読むことができます。また、明治・大正・昭和については、紙面イメージで表示させることができます。他に、「現代人名録」(随時更新)が利用できます。

日経テレコン21

日本経済社発行の新聞をはじめ全国紙、地方紙の新聞を見出し・本文から検索、閲覧できるサイトです。さらに主要企業の基本情報、財務情報、人事情報などを調べることもできます。

JapanKnowledge Lib ジャパンナレッジ・リブ(ネットアドバンス社)

「日本大百科全書(ニッポニカ)」(小学館)、「世界大百科事典」(平凡社)、「日本国語大辞典」(小学館)、「字通」(平凡社)、「デジタル大辞泉」(小学館)、「国史大辞典」(吉川弘文館)、「ランダムハウス英和大辞典 第2版」(小学館)、「COBUILD英英辞典」(ハーパー・コリンズ社)、「Encyclopedia of Japan」(講談社)、「現代用語の基礎知識」(自由国民社)、「情報・知識 imidas」(集英社)、「日本人名大辞典」(講談社)などの辞書・事典類、「誰でも読める日本史年表」、「会社四季報」(東洋経済新報社)、「週刊エコノミスト」の記事、Web版日本近代文学館、群書類従(正・続・続々)なども一度に検索できます。
また、「東洋文庫」(平凡社)の本文を対象にキーワード検索ができます。本文を読むことも可能です。

 ■ジャパンナレッジの使い方(動画)/日本語版
   http://japanknowledge.com/library/howto/0100.html
  
 ■ジャパンナレッジの使い方(動画)/英語版
   http://japanknowledge.com/library/en/howto/0100.html
  

web whoplus(日外アソシエーツ人物・文献情報)

あらゆる分野の著名人のプロフィールを収録する「who(人物情報)」と日外アソシエーツの“人物情報コンテンツ”を横断検索できる人物データベースです。

D1-Law.com第一法規法情報総合データベース(第一法規)

『現行法規』『判例体系』『法律判例文献情報』を利用できます。
『現行法規』は、わが国の現行法令を集大成した『現行法規総覧』をもとに構築したデータベース。日本国憲法/条約/法律/政令/勅令/府令・省令/規則の約10,000法令を収録、閲覧したい法令情報を簡単に検索し、本文にアクセスできます。
『判例体系』には、「最高裁判所民事(刑事)判例集」、「高等裁判所民事(刑事)判例集」、「行政事件裁判例集」、「労働関係民事裁判例集」、「家庭裁判月報」、「知的財産権関係民事・行政裁判例集」、「判例時報」、「判例タイムズ」などから、約18万件の判例と、それに関する要旨・解説情報を収録。
『法律判例文献情報』には、1982年1月以降に刊行された法律関連文献(定期刊行物または図書)および判例集の書誌情報約50万件を収録。
なお、コンテンツ間のリンクにより、「法令」・「判例」・「文献」の間を自在に行き来することができます。

官報情報検索サービス

官報(本紙・号外など)をインターネット検索できるサービスです。
収録範囲は昭和22年5月3日・日本国憲法施行日以降~当日発行分です。

NetLibrary(EBSCOhost)

電子ブック(電子書籍)を閲覧できます。キーワードによる全文検索が可能。また、複数の電子ブックを横断検索することも可能です。
学外からでも閲覧可能です。
使い方や学外からの閲覧方法についてはこちらを参照してください。

Maruzen eBook Library(丸善)

電子ブック(電子書籍)を閲覧できます。キーワードによる全文検索が可能。また、複数の電子ブックを横断検索することも可能です。
学外からでも閲覧可能です。
使い方や学外からの閲覧方法についてはこちらを参照してください。