花園大学

高校生の明日への一言コンテスト 結果発表

言葉には人を元気にする力があります。高校生のみなさんに、明日が元気になる一言を考えてもらい、次代を担うみなさんのポジティブな生き方を応援したい。
高校生「明日への一言」コンテストは、そんな想いのもと、6月1日から始まり、8月31日までの期間に北海道から沖縄にいたるまで、全国34都道府県の高校生のみなさんから両部門合わせて444点の作品が寄せられました。
11月20日に最終選考および授賞式が行われ、一般審査員と特別審査員による厳正な審査の結果、両部門の最優秀賞1作品、優秀賞3作品、特別賞5作品、入選10作品が決定しました。
応募していただいた高校生のみなさん、ありがとうございました。次回のご応募もお待ちしています。

結果発表

一言部門

■最優秀賞

賞状・副賞(奨学金5万円)・記念品

「コンタクトにした、ついでに前髪も切った、」「コンタクトにした、ついでに前髪も切った、」

奥田 彩水
同朋高等学校3年生

■優秀賞

賞状・副賞(奨学金3万円)・記念品

「悩むのは、本気である証拠。」「悩むのは、本気である証拠。」 石川 真衣
広尾学園高等学校2年生
「ノートをなぞるだけでなく、書きたしたい。」「ノートをなぞるだけでなく、書きたしたい。」 名村 康希
大阪府立茨田高等学校2年生
「おつかれさま。家に帰ってゆっくりし。」「おつかれさま。家に帰ってゆっくりし。」 大槻 綾花
京都翔英高等学校1年生

■特別賞

賞状・副賞(図書カード1万円)・記念品

「明日にならないと分からないことがある」「明日にならないと分からないことがある」 柏谷 優芽
福井県立三国高等学校3年生
「「またね!」次の約束、決まったね。」「「またね!」次の約束、決まったね。」 小里 そよか
横浜修悠館高等学校1年生
「明日に向かって靴紐を結び直そう」「明日に向かって靴紐を結び直そう」 横野 貴哉
明石工業高等専門学校2年生
「世界には私にしか出来ない事がある。」「世界には私にしか出来ない事がある。」 山本 えりか
香ヶ丘リベルテ高等学校3年生
「今日は楽しい、きっと明日はもっと楽しい」「今日は楽しい、きっと明日はもっと楽しい」 稲垣 志桜里
同志社女子高等学校3年生

■入選

賞状・記念品

「敗北を知るからこそ勝利を知る」「敗北を知るからこそ勝利を知る」 内海 仁志
太成学院大学高等学校3年生
「例え嫌な事があっても風が吹けば飛んで行く」「例え嫌な事があっても風が吹けば飛んで行く」 倉島 優太
京都明徳高等学校3年生
「ひとつずつ、積み重ねていこう。」「ひとつずつ、積み重ねていこう。」 水谷 涼香
神奈川総合高等学校3年生
「今日失敗してもいい、明日成功すればいい。」「今日失敗してもいい、明日成功すればいい。」 西堀 孝大
大阪府立茨田高等学校2年生
「草むしり、はっと気がつく四葉のクローバー」「草むしり、はっと気がつく四葉のクローバー」 高城 美帆
慶應義塾湘南藤沢高等部2年生
「コンプレックスは君にしかない誇れるもの」「コンプレックスは君にしかない誇れるもの」 並木 蓮
同朋高等学校3年生
「今日の笑顔が明日への太陽!」「今日の笑顔が明日への太陽!」 福井 ことみ
大阪府立茨田高等学校2年生
「明日の自分を決める瞬間はいつだって“今”」「明日の自分を決める瞬間はいつだって“今”」 前田 理沙
兵庫県立伊丹北高等学校3年生
「追い風が僕の背中をそっと押す」「追い風が僕の背中をそっと押す」 五十井 ひかり
兵庫県立芦屋高等学校2年生
「1度でも心から笑えたなら、その日は大成功」「1度でも心から笑えたなら、その日は大成功」 鈴木 壮和
大阪府立茨田高等学校2年生

「一言」書道部門

■最優秀賞

賞状・副賞(奨学金5万円)・記念品

  • 「夢は描いた人しか叶わない。」

    水澤 佑香
    親和女子高等学校
    1年生

■優秀賞

賞状・副賞(奨学金3万円)・記念品

  • 涙の数だけ日々成長 私の青春汗まみれ

    朝倉 玲那
    京都府立亀岡高等学校
    2年生

  • 迷ってるくらいなら進めばいい

    石山 栞帆
    親和女子高等学校
    1年生

  • 今日頑張ったし明日もめっちゃ気張るねん

    和久 拓矢
    大谷高等学校
    3年生

■特別賞

賞状・副賞(図書カード1万円)・記念品

  • 今向いている方が前歩いてきたところが道

    上村 真里菜
    親和女子高等学校
    1年生

  • 共に進もう

    笠松 采夏
    親和女子高等学校
    2年生

  • 夢を見るから人生は輝く

    塚本 寧々
    親和女子高等学校
    2年生

  • 何事にも左右されず自分らしく生きよう

    降矢 茉奈
    花園高等学校
    3年生

  • ごめん減量 ありがとう増量

    山本 瑞葵
    京都府立南丹高等学校
    1年生

■入選

賞状・企業賞(賞品)・記念品

●鳩居堂賞
  • 諦めないその心が虹になる。

    高田 楓果
    親和女子高等学校
    1年生

  • 今はごろごろやる気注入

    宮下 春花
    京都府立亀岡高等学校
    3年生

●呉竹賞
  • 粘って耐えたらあっという間

    鵜川 美優
    京都府立亀岡高等学校
    1年生

  • 悩んだり泣いたりするよりも一秒でも前へ

    尾崎 奏愛詩
    親和女子高等学校
    2年生

●香雪軒賞
  • 大丈夫何とかなるよ。命までは取られない。

    石川 真妃
    武庫川女子大学附属
    高等学校
    1年生

●松楳園賞
  • 楽しまへんで何が人生やねん

    平井 陽日
    親和女子高等学校
    2年生

●津久間賞
  • さあ、未来へ

    浅井 美咲
    親和女子高等学校
    2年生

●墨運堂賞
  • 夢は見るものじゃない叶えるもの

    張 馨悦
    親和女子高等学校
    1年生

  • 一日たったの二十四時間 後悔のない毎日に

    平井 香穂
    花園高等学校
    3年生

●龍枝堂賞
  • 鳥のフン頭に落ちて運がつく

    森口 奈菜
    京都文教高等学校
    3年生

特別審査員

  • 「一言」部門
    丹治光浩(花園大学学長、審査員長)
    藤田裕之(京都市副市長)
    三田真史(京都新聞社 編集局 文化部長 論説委員)
    松田隆行(花園大学文学部長)
    小谷裕実(花園大学社会福祉学部長)
  • 「一言」書道部門
    真神巍堂(花園大学客員教授・日展会員(書) )
    森田彦七(花園大学文学部教授・日展会員(書) )
    日比野実(花園大学文学部教授・日展会員(書) )
    下野健児(花園大学文学部教授 書道コース主任)

主催

花園大学、京都新聞

後援

京都府教育委員会、京都市教育委員会、株式会社PHP研究所、
ベネッセグループ(株)進研アド、株式会社呉竹、鳩居堂、株式会社墨運堂、
(株)松楳園、香雪軒、津久間、龍枝堂

お問い合わせ先
花園大学「明日への一言」コンテスト係
TEL.075(823)0588

Copyright © Hanazono University. All Rights Reserved.