社会福祉学科

社会福祉学コース / 福祉介護コース

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

社会福祉の理論と技術を修得する教育研究を通じて、利他の精神による社会への参加・貢献の精神と、他者を認め理解する能力を身につけ、社会福祉フィールドにおいて現代の諸問題を解決することができる優れた指導的人材を養成する。また、介護福祉の理論と技術の修得を通じて、利他の精神による社会への参加・貢献の精神と、他者を認め理解する能力を養成し、介護福祉分野において現代の諸問題を解決することができる高度な知識と技術を身に付けた人材を養成する。

社会福祉学科 (社会福祉学コース)とは

社会福祉学の最も原理的、理論的な部分とともに実践的な部分を学ぶコースです。
社会福祉原論・社会福祉史・社会福祉援助技術論を軸にし、高齢者福祉論(老人福祉論)・障害者福祉論・児童福祉論・地域福祉論など、福祉的な処遇を行う人々の問題を、福祉施策や処遇方法の視点から研究します。
本学の社会福祉学の眼目は実践性にあります。生きていく上で何らかのハンディをもつ人びとを対象にして、その人びとと生身で関わる福祉フィールドでの直接 処遇の側面、その生身で関わる現場を整え、組織的に支える間接処遇の側面の二つの側面から、子ども、高齢者、種々の障害をもつ人々の問題にアプローチします。
同時に、この実践性を十分に生かすためにも、理論的側面をおろそかにしていません。
また、基礎となる心理学、社会学をも大事にしています。
このため、カリキュラムは、狭義の社会福祉だけでなく、福祉を学ぶに必要な関連科目も豊富に用意しています。
さらに、希望すれば、他学科の科目も受講できます。
なお、本学では、教養科目も、自分の興味や関心などに応じて、例えば、英語や情報技術などを集中的に受けて、キャリアアップ(能力開発)することができます。

福祉実習

本学の社会福祉学は、とりわけ福祉のフィールドに直接ふれて学ぶことを重視しています。
まず、インテーク指導としておこなわれる新入生学外オリエンテーションで、福祉施設を訪れ、実際に福祉に携わっている人の話を聴きます。また、早い時期に小グループで、幾種類かの福祉施設の見学なども実施しています。
本格的な相談援助実習は、原則として3年次におこないますが、その指導教育の拠点として「社会福祉実習指導室」を設置し、在学生の大半が受講する実習に対応しています。
この実習は、事前の学習、事後の研究によってはじめて実りを得るものです。このため、実習指導をゼミ形式でおこない、学生ひとりひとりに焦点をあてたきめの細かい指導をしています。約1カ月の間、社会福祉のフィールドに直接触れる機会を経験することで、将来の仕事を見定める大事な場にもなっています。この場を踏むことではじめて、社会福祉学を学ぶことの意味を実感できたという学生も多いようです。

個別指導と卒業論文

実習を中心としたフィールド実践とともに、学科として重視しているのが卒業論文です。フィールドで得た問題意識に研究という形を与え、その後の実践への礎とするのがその趣旨ですが、文章による意見発表や自己主張する力を養成する意味もこめられています。
この卒論指導は最大限個別指導に努めており、教員とのつながりを深めるよい機会にもなっています。

友達づくりへの配慮

さらに、社会福祉学科では、人間関係が苦手な最近の若者に対応して「友達づくりを援助する」ため、入学早々から学生相互の友人づくりに配慮し、すべての学生が真の社会性(協調しながらも自己主張できる力)を身につける工夫を教員・学生ともども考えていく方針をとっています。
新入生学外オリエンテーションは「友人づくりの場」としても好評です。

卒業後の進路

こうした取り組みによって、卒業生の大半が広い意味での福祉フィールド(福祉行政機関、社会福祉協議会・社会福祉事業団などの福祉団体、特別養護老人ホーム・児童養護施設・障害者施設などの福祉施設、病院・老人保健施設、盲・聾・養護学校、その他)で働く結果を招き、その活動ぶりは、この業界で高く評価されています。
もちろん、一般企業や教職につくことも可能ですし、より高度の研究をめざす人のためには大学院も用意されています。

取得できる資格

詳細はこちらです。

社会福祉学科(福祉介護コース) とは

福祉介護コースは、本学の特徴の一つです。
このコースは、他の学科やコースとはかなりおもむきを異にするもので、学科のなかに、もう一つの学校をダブらせたような側面があります。
超高齢化社会を迎え、高齢者や障害者の介護に携わる人材が数多く求められています。なかでも、介護福祉士は、その中心的な役割を担う専門職です。介護福祉 士とは、専門的知識・技術をもって、日常生活を営むのに支障がある人について、入浴・排泄・食事その他の介護を行うとともに、高齢者・障害者やその介護す る家族などに対して、介護に関する指導を行うことを職業とする人を指し、一定の資格をもつ者に与えられる国家資格です。
本学の福祉介護コースを修了した人には、卒業と同時に、受験資格が与えられます。
4年間で、社会福祉士受験資格と併せ取得できるので、介護実習費のみ余分にかかりますが、卒業後あらためて専門学校等(2年ないし3年)で資格をとることを考えれば、経費的に遥かに安く、時間的にも非常に効率的です。

理念

このコースでは、次のような専門職となりうる人材を(3と4は卒業後の実務経験をへて)、社会に供給することを目指しています。

  1. リーダーとなりうる介護福祉士
  2. 介護もできる社会福祉士
  3. 介護福祉士養成施設(専門学校・短期大学等)の教員
  4. 介護保険をになう中枢的な人材(介護支援専門員=ケアマネージャー)

メリット

  1. 豊富な社会福祉に関する知識・技術をもつ上に、自らも介護ができるので、介護福祉士のスーパーバイザー(指導者)役を果たせる。
  2. 身辺介護(食事介護、入浴介護、排泄介護、その他の身の回りの世話)によって対象者の心(頑なに閉ざしたり、自分でも問題点が理解できない人が多い)をほぐし胸襟を開かせやすいので、問題点を的確に 把握し、親身で効果的な社会福祉活動(家庭環境の調整、適切な福祉サービス利用のための助言指導や問題解決などをはかる仕事)をおこなうことができる。

このため、このコース生には、全員、介護福祉士と社会福祉士の現役合格を目指して指導しています。

定員と入学方法

福祉介護コースの定員は1学年30人です。
このコースの学生は、次の人たちで、4年間固定されます。

  1. 「自己推薦入試B方式」で社会福祉学科<福祉介護コース>に合格した人
  2. 社会福祉学科へ入学し、直後に志望者の中から選抜(筆記試験と面接)された人

取得できる資格

詳細はこちらです。