1. 花園大学トップページ
  2. 学部・大学院・研究
  3. 社会福祉学部
  4. 臨床心理学科
  5. 臨床心理学科 カリキュラム・進路・取得可能資格

臨床心理学科

カリキュラム・進路・取得可能資格

カリキュラムの特徴

授業科目としては、広義の臨床現場を念頭に、臨床心理学を段階的に学習し、その成果を社会に還元していくことを目指しています。具体的には、乳児から高齢者までの全生涯を見通す発達心理学、その過程で出会うさまざまな心理学問題を扱う臨床心理学、これに実践的な援助法としての心理療法学を加えた3つの科目を必修としています。そのうえで、パーソナリティ心理学、家族心理学、学校心理学、非行と心理臨床、心理測定法、心理研究法などの心理関係科目、精神医学、精神保健福祉論などの健康福祉関係科目を豊富に配置しています。
各々の学生はこれらの科目を体系的に学ぶことを通して、社会の中で生きる人びとの心の育ち、その健康と障害の問題を、より実践的に学びます。また、将来、精神保健福祉の分野で働こうとする人のために、精神保健福祉士の受験資格が取得できるように関連諸科目を設置し、卒業所要科目との有機的な連携を考えています。そして、3回生からは一人ひとりの学生のニーズに合わせ、論理的な思考とプレゼンテーション能力を高めることを目的に少人数によるゼミを運営していきます。

卒業後の進路

卒業後は、各種福祉施設、医療機関、教育機関で働くことになります。特に、公務員試験を経て児童相談所や家庭裁判所などで心理職として働いたり、本学の大学院(臨床心理課程)に進んで臨床心理士を目指すことも可能です。
その他、一般企業の人事部門で働いたり、産業カウンセラーとして働くことも可能ですし、心理学的知識は社会のあらゆる分野で生かすことが可能です。

取得できる資格

臨床心理学科でも、社会福祉士国家試験の受験資格を取得することができます。
そのほかにも、学生の希望に応じて、多くの資格取得科目を用意しています。
この学科で取得できる主な資格は次のとおりです。

社会福祉士受験資格

所定の科目と実習を履修すれば、社会福祉士国家試験の受験資格が得られます。

精神保健福祉士受験資格

所定の科目と実習を履修すれば、精神保健福祉士国家試験の受験資格が得られます。
社会福祉士受験資格と重複する科目も多く、併せて取得することも可能です。

認定心理士

所定の科目を履修すれば、認定心理士の資格を取得することが可能です。

社会福祉主事任用資格

所定の科目を履修すれば、都道府県や市町村の社会福祉主事に任用される資格が与えられます。

社会教育主事補任用資格

所定の科目を履修すれば、都道府県・市町村教育委員会の社会教育主事補に任用される資格が得られます。
その職に1年以上就けば社会教育主事になれます。

教員免許

中学校教諭1種免許状(社会)、高等学校教諭1種免許状(福祉)を取ることが可能です。

特別支援学校教諭の免許

臨床心理学科には特別支援学校教諭免許の取得課程が設置されています。中学校や高等学校教諭の基礎免許を取得したうえで、特別支援学校教諭の免許が取得可能です。

その他

他の学科と同様に、学校図書館司書教諭、図書館司書などの資格を得る道もあります。