児童福祉学科

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、子どもの心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について総合的に教育研究を行うことを通して、利他の精神による社会への参加・貢献の精神と他者を認め理解する能力を身につけ、子ども一人ひとりの健全な成長発達に向けて、様々な問題を解決できる能力を持った人材を養成する。

教育・福祉を学ぶ「児童福祉学科」とは

核家族化、共働きの一般化、少子化、地域社会における人間関係の希薄化などが進行する中で、児童虐待、いじめ、不登校、非行などが大きな社会問題となっています。この大きな原因として、家庭や地域の子育ての機能低下があげられています。このような社会情勢にあって、家庭・地域子育て機能の充実が急務になっています。
児童福祉学科は、こうした社会要請に応えるために、人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、保育園、幼稚園、児童福祉施設などの現場で必要とされる基礎的知識、技術、技能の修得に加えて、家族や地域社会からの子育てに関する相談や福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、広い視野から子どもの健全な成長発達に向けて、様々な問題を解決できる子育て支援の専門家を養成します。

 

 

理念・目的

人間形成・人間発達の重要な段階である幼児・児童期に焦点をあて、心と身体の発達のプロセスと、それに影響を及ぼす社会的要因について「子どもの健全な成長発達のための支援のあり方」の視点から総合的に教育研究します。このような教育研究を通して、家庭や地域社会からの子育てに関する相談、福祉・教育関係機関との連携のあり方等を含めて、子どもの健全な成長発達と家族支援、地域支援のあり方等、様々な問題を解決できる能力を培っていきます。

児童福祉学科が目指す人材像

  1. 保育所、幼稚園、児童福祉施設などの子育て現場で、子ども一人ひとりの健全な成長発達に向けて、適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
  2. 保育所、幼稚園などの子育て現場では、ノーマライゼーションの考え方により健常児はもとより、様々な障害を有する子どもも受け入れるようになってきていることから、このような子どもたちに対しても適切な支援ができる能力を有する人材を養成します。
  3. 家庭内での生活環境やいじめなどから心に様々な問題を抱えている子どもに対して、あるいは子育て現場で発生する子どものケガや病気などに対して、適切に対応できる能力を有する人材を養成します。
  4. 家庭および地域社会からの子育てに関する様々な相談に対応できるソーシャルワークの能力を有する人材を養成します。
  5. 生きる力の基礎を培う保育内容領域(表現・健康・言葉・環境・人間関係)の学習を通して、子ども支援のための確かな知識と技術を身につけた人材を養成します。

 

学科の特徴

  1. 保育士・幼稚園教諭・養護教諭の資格が取得できます。
  2. 社会学・保育学・教育学・福祉学・障害児学・心理学・保健学などを幅広く学び、広い視野を持った保育者、教育者を養成するカリキュラムになっています。
  3. 保健学領域の科目を充実させたカリキュラムにより、児童の心身の健康管理に対応できる能力を育成します。
  4. ゼミ・演習科目を充実させ、実践能力・問題解決能力を育成します。