社会福祉学部

社会福祉学部とは

花園大学における社会福祉学の教育・研究は、1964(昭和39)年、当時の仏教学部に仏教福祉学科が増設されたのにはじまり、その後、文学部社会福祉学科をへて今日まで、すでに半世紀以上の歴史を有しています。
1992(平成4)年には、社会福祉学部として独立し、2000(平成12)年に介護福祉士養成校としての指定を受けて「福祉介護コース」を設置しました。さらに、心理的な側面からのサポートを学ぶ「臨床心理学科」、子どもの教育と福祉について専門的に学ぶ「児童福祉学科」を設置し、京都で福祉系三大国家資格(社会福祉士/介護福祉士/精神保健福祉士)に対応できる唯一の大学です。
このように、全国の社会福祉系大学のなかでも老舗を誇り、創設期から多くの卒業生が福祉現場で活躍し、日本の福祉をリードしています。

教育理念

社会福祉学部では、基本的な教育理念として「福祉や教育・医療フィールドで働く優れた指導的人材の養成」を掲げています。
このため、対人サービスを担うに相応しい「豊かな感性・倫理観」を培い、学習と研究を通じて「実践性あふれる知識・技術」を修得して「協調しつつ自己主張もできる」人材を育成することを目的としています。
なお、福祉や教育・医療の仕事に従事するには、人間性が重要であり、自己を究明するため、学内には、いつでも誰でも自由に瞑想にふけったり、坐禅を組んだりする場が用意されており、摂心・花まつりなどの行事にも気軽に参加できます。

教学の特色

  1. 福祉や教育・医療フィールド重視の教育、研究
  2. 人間関係・友人関係の重視
  3. 個別的指導への努力
  4. 社会の要請に応える資格保有者の排出とその支援

組織

社会福祉学部は、社会福祉学科と臨床心理学科、児童福祉学科の3学科からなります。
社会福祉学科には、さらに、介護福祉士資格取得を目指す「福祉介護コース」と、その他の「社会福祉学コース」があり、遅くとも入学直後にはいずれに属するかが決まります。社会福祉学コースには、7つの履修モデルを準備し、取りたい資格、なりたい自分に近づけるようサポートしています。
臨床心理学科は、6つのコース(心理学ジェネラル、企業就職志望、公務員志望、特別支援学校教諭免許取得、臨床心理士養成大学院進学、精神保健福祉士・社会福祉士資格取得)を設置し、それぞれの興味や将来の仕事を意識した履修モデルを提供しています。学年を上がる際に変更も可能です。
児童福祉学科は、全国の大学で唯一、保育士・幼稚園教諭・養護教諭の3つの資格取得を目指すことができます。社会福祉と保育・教育の総合的な実践力を養い、幅広いフィールドで活躍できる人材を育てます。
また、学部では、実習をより実り豊かにするために、実習指導室を設置しています。国家試験対策ゼミも3回生から準備し、国家試験合格率の向上に努めています。