日本史学科

  人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

日本史(古代史、中世史、近世史、近現代史)の教育・研究を通じて、日本史についての高度な専門的知識と、史料を読解・分析して歴史像を構成する文献史学の方法を身につけ、それを次の時代へと継承することができる人材を養成する。

肌で感じる歴史の舞台、文化遺産の宝庫、京都で学ぶ
―「史料」から古代史・中世史・近世史・近現代史に迫る―

「日本史」の全時代と「文化遺産」の幅広い分野が学べる  

日本史学科では、古代史・中世史・近世史・近現代史という日本史の全ての時代と考古学・民俗学・美術史学・博物館学という文化遺産に関する幅広い分野について研究することができます。それぞれの時代と分野を担当する専任教員が揃っており、各専門分野の講義や卒業論文作成のためのゼミナール(ゼミ)が開講されています。日本史学科は、日本史の研究に関する豊富なメニューを揃えています。

「史料」から歴史を解明 ―大学の歴史研究―

高校の日本史は「暗記物」のイメージが強いかもしれませんが、大学における歴史の研究は、そうではありません。
日本史学科で学ぶ歴史学とは、古文書などのように文字で書かれた記録(これを「史料(文献史料)」といいます)を読むことから出発して、自分の手で歴史を明らかにしていく学問なのです。史料は一見しただけでは無味乾燥に見えるかもしれません。しかし、じっくりと分析を進めていくと、生き生きと過去の歴史を語り始めるのです。
日本史学科では、自分の手で史料から歴史を明らかにする力を身につけることができます。

古代史 ―飛鳥時代・奈良時代・平安時代の歴史―

古代史は、新たな発掘調査の成果や新しい史資料の発見によって、大きく書きかえられます。たとえば、長屋王邸宅跡が、平城宮の隣接地から前例のない数万点の「木簡」とともに発見されたことは、奈良時代の歴史を書きかえる画期的なことでした。また、聖徳太子は本当に存在したのか?「大化の改新」は本当に実施されたのか?など、古代史はとりわけ論争の多い時代でもあります。
こうした古代史について、日本書紀などの史料をはじめ、木簡などの出土文字資料、発掘された遺跡・遺物などから、その実像に迫ります。

中世史 ―鎌倉時代・南北朝時代・室町時代・戦国時代の歴史―

中世史は、鎌倉時代から戦国時代までが、その範囲です。
京都の公家政権と鎌倉の武家政権が並び立った鎌倉時代。半世紀にわたる権力の分裂と内乱の時代であった南北朝時代。京都に室町幕府が成立し、今日につづく日本の伝統文化が開花した室町時代。京都で展開した応仁の乱に始まり、内乱の中から登場した戦国大名が各地で激しく争った戦国時代。
民衆の歴史である社会史をはじめとして、中世史研究は大きく進展し、歴史像が変わりつつあります。こうした中世史について、その実像に迫ります。

近世史 ―安土桃山時代・江戸時代の歴史―

近世史は、安土桃山時代から江戸時代までが、その範囲です。
江戸時代についても、多様な研究テーマがあります。たとえば、幕府や大名に関する研究をはじめ、京都の朝廷と幕府との関係史、オランダ・朝鮮などとの対外交渉史、また、京都・大坂・江戸の三都などの都市史、農村などの村落史、さらには文化史や女性史などについて、研究が積み重ねられてきました。
江戸時代を様々な角度から見てみると、現代につながる事物・事象が実は少なくありません。こうした近世史について、その実像に迫ります。

近現代史 ―幕末維新期・明治時代・大正時代・昭和時代の歴史―

近現代史は、幕末維新史から戦後史までが、その範囲です。
ペリー来航後から東京遷都にいたるまで、幕末維新期の政治の中心は京都でした。幕末維新期の史跡が多く残る「歴史の舞台」である京都に身を置いて、幕末維新史の実像に迫っていきます。
日清戦争、日露戦争、満州事変、日中戦争、アジア・太平洋戦争などについては、戦争はなぜ起きたのか、戦争をどう評価すべきなのか、といった論争がくり広げられています。このように歴史に対する見方や評価が対立するテーマについても、その実像に迫っていきます。

考古学・民俗学・美術史学・博物館学から「文化遺産」に迫る

文化遺産」とは?

「文化遺産」とは、以前の時代につくられた文化財のうち、現在に伝わるものを指す言葉です。具体的には、幅広い事物・事象が含まれます。たとえば、絵画、彫刻、工芸品などの美術作品は代表的な文化遺産の例です。それを研究するのが美術史学です。また、貝塚、古墳、竪穴住居跡などの遺跡や、遺跡から出土する石器、土器、埴輪などの遺物も文化遺産です。それを研究するのが考古学です。

 さらに、人々が日常生活の中で生み出して今日まで継承してきた、「伝統的な生活文化」と呼ばれるものがあります。衣服・食物・住居、農業などの生業、様々な信仰、七五三などの人生儀礼、祭礼などの年中行事といったものです。それらに関する風俗や習慣、使われてきた家具・農具などの民具も含まれます。

これらはすべて文化遺産です。それを研究するのが民俗学です。

 

さて、京都は伝統的な町並みといわれます。京都の町並みは、そこに暮らす人々の生活・生業、風土などによって形成され、周囲の環境と一体となった風情のある景観を形成して今日に至っています。また、京都には、祇園祭に代表される祭礼などの伝統的な生活文化が数多く残っています。これらも文化遺産です。京都という地域そのものが文化遺産なのです。ですから、京都という地域は、民俗学など様々な角度から研究の対象となるのです。

 

文化遺産は、博物館や美術館において展示されます。博物館の役割は、文化遺産などの幅広い資料を収集・保管し、展示したり、資料について調査・研究をしたりすることにあります。博物館で働く博物館学芸員の実務をはじめとして、博物館活動全般にわたって研究するのが博物館学です。

 

「文化遺産」が幅広く学べる

これらの考古学・民俗学・美術史学・博物館学という文化遺産を研究する専門分野についても、専任教員が揃っており、卒業論文作成のためのゼミナールが開講されています。つまり、文化遺産に関する非常に幅広い分野について研究することができるのです。このように、文化遺産の研究に関する豊富なメニューも揃えています。また、花園大学の館の 1階には、民俗学実習室、博物館実習室、美術史実習室などが設置されています。

 

京都で「フィールド・ワーク」 ―文化遺産研究の方法―

文化遺産を研究する際に重視されるのが、「フィールド・ワーク(野外調査)」という方法です。つまり、史跡、発掘現場、祭礼、寺院や神社、博物館や美術館などに、実際に足を運んで調査・研究を行うのです。

京都は「文化遺産の宝庫」であり、フィールド・ワークを実施するには、これほど恵まれた環境はないといっても過言ではありません。

京都には、祇園祭に代表される祭礼などの伝統的な生活文化が数多く残っており、「民俗学」の格好のフィールドとなります。また、「考古学」の発掘現場にも恵まれています。さらに、寺院や神社、博物館や美術館が数多く存在することは、「美術史学」や「博物館学」の研究をする上で、非常に有利な条件といえます。

この「地の利」を生かして、多彩な専門分野の方法論に基づき、広い範囲にわたる文化遺産を研究することができます。

 

考古学 ―発掘をして歴史の真実に迫る―

貝塚、古墳、竪穴住居跡などの遺跡や、遺跡から出土する石器、土器、埴輪などの遺物を自らの手で発掘し、そこから「歴史の真実」に迫ります。

 

民俗学 ―伝統的な生活文化を明らかにする―

いわゆる「伝統的な生活文化」、すなわち、衣服・食物・住居、農業などの生業、様々な信仰、七五三などの人生儀礼、祭礼などの年中行事、これらに関する風俗や習慣、使われてきた家具・農具などの民具といったものを研究して、「日本人の心」に迫ります。

 

美術史学 ―数々の美術作品に触れて美の本質に迫る―

日本美術の歴史について、美術作品のおもしろさや、その歴史的な意義を追求して、「美の本質」に迫ります。西洋や東洋の美術の歴史を研究することもできます。

 

博物館学 ―博物館で実務を経験した教員が実践的な授業を行う―

文化遺産を展示する博物館について、博物館学芸員の実務など博物館活動全般にわたって、「博物館の実態」に迫ります。学芸員の実務を経験した教員が実践的な授業を行います。

日本史学科のカリキュラム

日本史学科では、3回生次からゼミに所属し、4回生次(卒業年次)に卒業論文を作成・提出することになります。
そのため、日本史学科のカリキュラムは、卒業論文を作成することを前提に、学生の研究が系統立って深化できるように配慮して、1回生次から構成されています。

 主な必修科目

1.古代史概説・中世史概説・近世史概説・近現代史概説

古代史・中世史・近世史・近現代史について、それらの全体像(通史)を理解するための科目です。最新の研究成果をふまえて、それぞれの時代を概観する講義が行われます。

2.基礎演習(1回生次必修)

史料を解読して分析する基礎的な力をつけるための科目です。
基本的な史料を講読しつつ、史料解読のための基礎的な知識や辞書類など研究に欠かせない「道具」の利用方法などについて学びます。

3.研究入門演習(2回生次必修)

歴史学を研究する基礎的な力をつけるための科目です。

古代史・中世史・近世史・近現代史については、研究文献を丁寧に読んで検討することによって、史料をどのように分析するのか、そこから歴史的事実をどのように明らかにするのかなど、歴史研究の方法論について具体的に学びます。

考古学・民俗学・美術史学については、研究文献を検討したり、実際に文化遺産を扱ったりすることによって、文化遺産研究の基礎的な方法論について具体的に学びます。

4.日本史学演習A(3回生次必修)

5.日本史学演習B(4回生次必修)

3・4回生次に開講される卒業論文作成のためのゼミナール(ゼミ)です。
学生は、各自の研究テーマについて、過去の研究成果(先行研究)や史料について調べて研究発表を行い、それに対して、教員の指導と他のゼミ生による討論が行われます。
このようにして、2年間かけて卒業論文を作成していきます。

 主な選択必修科目

1.考古学概論・民俗学概論・美術史学概論

考古学・民俗学・美術史学の基本的知識を理解するための科目です。最新の研究成果をふまえて、それぞれの専門分野を概観する講義が行われます。

2.古代史研究・中世史研究・近世史研究・近現代史研究

古代史・中世史・近世史・近現代史について、それらの専門的な研究成果を理解するための科目です。それぞれの時代について、最新の研究成果をふまえて、特定の研究テーマを取り上げて講義が行われます。

3.考古学研究・民俗学研究・美術史研究

考古学・民俗学・美術史学について、それらの分野の専門的な研究成果を理解するための科目です。最新の研究成果をふまえて、特定の研究テーマを取り上げて講義が行われます。

4.古文書学

古文書の様式を理解し、紙に筆で書かれた「くずし字」を解読する力をつけるための科目です。古代・中世・近世の古文書を中心に、それぞれの時代の古文書の様式と解読について、講義が行われます。

5.日本史学講読

古代史・中世史・近世史・近現代史の史料を精読して、歴史を研究する上で不可欠な史料の読解力をつけるための科目です。漢文の読み下しや「くずし字」の解読などを行って史料の意味を解釈し、その史料の歴史的な意味を考え、史料が作成された時代についての理解を深めていきます。

6.考古学実習・民俗学実習・美術史実習

考古学・民俗学・美術史学について、それらの調査・研究に必要な知識や技術を身につけるための科目です。フィールド・ワークを行うことや、文化遺産や機材・道具類に実際に触れて実習を行うことが重視されます。

7.日本政治史・日本経済史・日本社会文化史・対外交渉史

政治史・経済史・社会史・文化史・外交史について、それぞれの分野の歴史を理解するための科目です。最新の研究成果をふまえて、それぞれの分野についての講義が行われます。

 

主な選択科目

1.明治維新史研究

明治維新を歴史学的に理解するための科目です。最新の研究成果をふまえて、史料の分析を含めて、明治維新史についての講義が行われます。

2.戦国史研究

戦国時代を歴史学的に理解するための科目です。最新の研究成果をふまえて、史料の分析を含めて、戦国史についての講義が行われます。

3.古文書学実習

古文書に書かれた「くずし字」を解読する力をつけるための科目です。近世の古文書を取り上げて、古文書解読のための基礎知識や古文書が作成された当時の時代状況について解説を加えつつ、くずし字の読み方を中心に、古文書解読の実習をします。

 

取得できる諸資格

日本史学科では、中学校教諭一種免許(社会)、高等学校教諭一種免許(地理歴史)、高等学校教諭一種免許(公民)、博物館学芸員資格、図書館司書資格などを取得することができます。

花園大学歴史博物館 ―展示への学生参加と実践的な博物館学―

学内には「花園大学歴史博物館」があり、春と秋には企画展・特別展が開催されます。
展示を作り上げていく際には、教員・学芸員だけでなく、大学院生・学部生らの「博物館ボランティア」も展示作業に参加します。
ボランティアに参加した学生は、資料調査・整理や展示作業、受付業務など博物館業務を実際に体験することができるのです。
また、博物館実習などの博物館学芸員課程の授業は、ここで実施されます。
実際に博物館で実務を経験した教員から学内で実践的な授業を受けることができます。

京都学 ―花園大学オリジナルの課程―

専門分野の科目以外にも、「京都学」などの関係科目を自由に選択・履修して、幅広い教養を身につけることができます。
特に「京都学」課程は、歴史・文学・思想・文化などの様々な角度から「京都」を総合的に学ぶという花園大学のオリジナルな課程です。
教室での講義の他に、史跡、発掘現場、祭礼、寺院や神社、博物館や美術館などに実際に足を運ぶという「フィールド・ワーク」を重視します。
また、一般市民にも公開する夏期講座を毎年開催し、さまざまな分野の講演や芸能の実演などを実施しています。

京都で歴史を学ぶ ―他にないアドバンテージ―

花園大学は「歴史の舞台」であり「文化遺産の宝庫」である京都の「真ん中」にある大学です。
実は、花園大学の場所は、平安京右京の跡地にあたるのです。
京都で歴史を学ぶということは、「歴史の舞台」を実際に歩き、「本物」の文化遺産に数多く触れることができるという、他の地域には無い非常に有利な条件のもとで、歴史を研究できるということなのです。
実際に「歴史の舞台」を歩くことによって、歴史の研究書や古文書など歴史の史料に対する理解がより深まるのです。
また、「本物」の文化遺産に数多く触れることによって、「文化遺産を観る眼」が養われていくのです。
花園大学文学部文化遺産学科は、この「地の利」を生かして研究と教育を行っていきます。