大学案内

その他の主な施設

真人館
真人館 (しんにんかん)
(体育館・学生厚生施設)
1986(昭和61)年完成 地下1階・地上2階
銅版茸きのドーム型流線というユニークな外観を持つ総合体育館と講堂。館内2階は、公式試合や体育の授業やクラブ活動、式典、講演活動にと多目的に利用されているメインアリーナ、1階は会議室、体育教官室、主に武道の道場として活用されているサブアリーナがあります。地下西側には、カフェテリア ふる~るがあり毎日学生たちで大盛況。なお地下東側は駐輪場になっています。
フロアマップ

栽松館
栽松館 (さいしょうかん)
(本部棟)
1988(昭和63)年完成 地下1階・地上6階
キャンパスのメインストリートに面した栽松館は、1988(昭和63)年に完成した地下1階・地上6階の建物。内部には60の研究室をはじめ各学科課程の共同研究室、資料室、事務室セクションが並び、いわば大学の中枢。
1階には、キャッシュサービスの端末機も設置されています。栽松館という名も、黄檗禅師が、すでに木の茂る裏山に新たに松を植えている臨済禅師をみて、その理由を尋ねたことにちなんでいます。臨済禅師の答えは、「ひとつには美観、ふたつには後輩の手本」教育の基本精神がここにあります。
フロアマップ

蔭凉館
蔭凉館 (いんりょうかん)
(講師控室・茶室・学務課・入試課)
1983(昭和58)年完成 地上2階
花園大学には、全国の大学にも例をみない茶室があります。建物の2階に上り鉄扉を開くとそこは清閑とした別世界。八畳席2つと四畳半席1つから成り、待ち合いとしての控室、水屋、そして路地としての庭をえています。席名は「畢鉢羅窟(ひっぱらくつ)」。四畳半の本席は「傳心庵(でんしんあん)」。茶の道をじっくりと体験し、「わび」の境地に触れてください。
フロアマップ

返照館
返照館 (へんしょうかん)
(大学院文学研究科・国際禅学研究所)
1977(昭和52)年完成
1986(昭和61)年増改築、地上3階、キャンパスのメインストリート左側にあるのは、返照館。ここには研究者を育成する大学院と、禅学のさらなる究明、国際化をめざす国際禅学研究所があります。返照館という名は、建学精神の本質ともいえる臨済録の「回光返照」からとられたもの。「外に向かってキョロキョロと探すな。自分の光で自分を照らせ」という臨済の言葉が息づいています。
フロアマップ

惺々館
惺々館 (せいせいかん)
(教室棟)
1977(昭和52)年完成 地上4階
教室棟は、ひとりひとりの学生が、伸び伸びと思う存分学術研究に励めるよう、細部にまで快適性に心を配っています。教室にはVTRシステムを備えるとともに、スロープ、誘導チャイム、エレベーターなどを完備し、身体に障がいを有する学生もスムーズに授業を受けることができます。「惺々」とは師彦禅師が毎日、「惺々著」(しっかり目が覚めているか)と自問し、自ら「はい!」と答えていたことにちなんだ名前です。自己究明の道は、日々の積み重ねなのです。
フロアマップ

無聖館
無聖館 (むしょうかん)
(情報センター〈図書館〉・歴史博物館・心理カウンセリングセンター・ホール・特別教室)
1992(平成4)年完成 地下2階・地上5階
HUMIC(ヒューミック)の愛称で親しまれ、知的好奇心旺盛な学生たちの人気の的が情報センター〈図書館〉です。充実した書籍数を誇るとともに、コンピューターコーナー、AVコーナーを備え、手軽に楽しく多様なメディアに触れることができ、学生たちの情報収集に活発に利用されています。大規模図書館に引けをとらない豊富な映像ソフト(映画、学習ソフト)をAVコーナーで視聴できます。
2000年には4階に歴史博物館が開館、2006年には地階に心理カウンセリングセンター(HCC)を設置しました。
フロアマップ

自適館
自適館 (じてきかん)
(学生厚生施設・教室)
1998(平成10)年完成 地下1階・地上3階
学生厚生施設です。地下に駐輪場、1階には売店「Yショップ」、書店「丸善」、「学生ホール」を設置。2階は中教室2室と学生支援・相談室。3階には、多目的大教室があります。塔屋には4面時計が設置され、キャンパスを行き交う人々に時を知らせます。自適館の「自適」とは、臨済録の序文に述べられた晩年の禅師の心境を表わす言葉。「ひきずりまわされ真の自己を見失いながらの生活を『自由』とはき違えてはならない。」「『内外ともに障碍(しょうがい)となるものがなく、のびやかに心を任せる生活』を送ってほしい」との願いが込められています。
フロアマップ

対雲館
対雲館 (たいうんかん)
(大学院社会福祉学研究科・教室・演習室・留学生別科)
1996(平成8)年完成 地上3階
社会の変化にともない大学施設に対するニーズも多様化しています。花園大学では開学130周年記念事業の一環として環境整備に取り組んできました。その建築第1号が、この対雲館です。学究と交流を育む場所として、数多くの充実した講義が繰り広げられています。生き生きとした学生生活を実現する新たな舞台の誕生であり、その名前には、学生を雲に例えて人生の山々を乗り越えてほしいという願いが込められています。
フロアマップ

直心館
直心館 (じきしんかん)
(介護実習室・書道実習室・考古学実習室・教室)
1997(平成9)年完成 地上3階
南隣に位置する対雲館に続いて建築に着手。維摩経の一節、光厳童子の「道場はどこにあるのか」という問いに、維摩居士が「直心は是道場」(正直な心、素直な心があれば、その場が道場である)と答えた逸話に由来します。この学舎で出会う知識や友人たちと、卒業後も人生を語り合える豊かな「直心の心の交わり」を重ねてください。
フロアマップ

拈花館
拈花館 (ねんげかん)
(マルチメディア 実習・研究室棟)
2009(平成21)年完成 地上4階
キャンパスの東北側に建設。マルチメディア研究室、情報処理室、民俗学・博物館実習室、リトミック室、映像教材編集・制作室、保健学実習室、図画工作室、ピアノ室などを設置。
霊鷲山(りょうじゅせん)で説法した釈尊が、華を拈(つま)んで大衆に示した時、摩訶迦葉(まかかしょう)のみは理解して微笑した。そこで釈迦は、言語で説明できない仏教の真理が摩訶迦葉に伝わったと告げた、という以心伝心による禅宗の伝法の始めを語る説話にちなんだ名前になっています。
フロアマップ

浩然館
浩然館 (こうぜんかん)
(留学生別科他)
臨済禅の教えを日々、確認し「ひろびろとしたわだかまりのない、おおらかな心に任せて、悠々と生きること」という意味をもつ建物です。
フロアマップ

無文館
無文館 (むもんかん)
(大坐禅堂)
1977(昭和52)年完成 地上2階
足を踏み込んだだけで気持ちの引き締まる異空間。ここは、200人が一同に坐禅できる大坐禅堂です。大学開講中は、毎週月曜は月曜市民坐禅会を実施。学生はもちろん一般市民を含むだれもが自由に参加することができます。
フロアマップ

弓道場
弓道場
1988(昭和63)年完成
無文館に隣接するのは、全国でも珍しい本格的な弓道場。精神を集中して的へ矢を放つ瞬間は、禅につながる心の修養でもあります。

教堂
教堂 (きょうどう)
1999(平成11)年完成 地上2階
花園大学のシンボルとして、仏教の教えを伝える場所です。音響設備の整えられたホールでは、行事活動は勿論、コンサートなどの多彩な催しも行われます。
フロアマップ

壺ノ内グラウンド
壺ノ内グラウンド
授業と部活で使用しています。
利用時間 9:00~19:30
多目的グラウンド 一辺約60m 約3600㎡

直心館テニスコート
直心館テニスコート
授業と部活で使用しています。
利用時間 9:00~19:30
砂入り人工芝 1190㎡公式テニスコート2面

学生会館
学生会館

フロアマップ

自適館学生ホール
自適館学生ホール
1F約400㎡ガラス張りの開放感に溢れた場所に、
売店「Yショップ」・書店「丸善」・自動販売機を設置。
利用時間 8:30~19:30 

Yショップ
自適館売店
Yショップ
営業時間 月~金 8:30~18:00 土 8:30~14:00
取扱い商品 パン・サンドイッチ・お弁当・おにぎり・デザート・飲料・お菓子・食品・雑貨・文具・花園大学グッズ・月ごとに飲料・パンなどイベント価格にて販売。